貝印でも京セラでもない! 新潟発の包丁研ぎがダントツNo.1の理由
2020年03月02日(月)
小島 健良
小島 健良/Test by MONOQLO編集部
貝印でも京セラでもない! 新潟発の包丁研ぎがダントツNo.1の理由
昔ながらの大きな砥石よりも使いやすくて、安全に研げるシャープナーを見つけるべく、11製品を比較。便利な独自機能の有無が評価のポイントとなりました。

商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • 10年モノが復活する!?
    確実カンタンに研げるのはこれだ!
毎日使う包丁は、スパッと切れ味の良いものがいいに決まってる! しかし、何年も使っていると切れ味はどんどん悪くなるばかり。かといって、包丁を研ぐのはメンドウくさそう……。

そんな時オススメしたいのが包丁研ぎ器(シャープナーともいいます)。最近ではコンパクトタイプ、ハンドルタイプ、電動タイプ、砥石タイプなど、種類も豊富で好みや用途によって選びやすくなっているんです。

今回は編集部で各社の製品を、切れ味の蘇り度を含めたいくつかのポイントで評価しました!
【検証方法】
鶏肉、野菜などいろいろな食材を対象に、包丁を研ぐ前と後の刃の切れ味・グラついたりしないかという安定性、独自機能を含めた使い勝手の良さという3つのポイントで各製品を評価しました。

それでは1位の製品をご紹介します! ぜひチェックしてみてください。
  • これ1つで家中の包丁が
    新品レベルの切れ味に!
スエヒロ
キッチンシャープナー
購入価格:4054円
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)

[ハンドルタイプ]
※この商品は執筆時点では、yahooショッピングで数量限定で購入可能です。
後継製品としてトリプルシャープナー[プロ]KC-303が発売されています。研ぎ圧を一定に保つサスペンション機能が付加され、さらに品質アップしています。

切れ味	A
安定性	A
使い勝手	A
切れ味、安定性、使い勝手全てで最高評価を獲得! ローラーに軽く押し付けるようにしながら、前後に10回ほど動かすだけで包丁の切れ味が復活しました。 

今回テストしたハンドルタイプの製品の中では、唯一水研ぎ可能で多種類の包丁に対応できるという、独自の機能も評価されました。
大きなハンドルでしっかり握れ、あまり力まなくても研ぎ器がしっかりと固定するので安定性が高く、女性でもラクラクです。
出刃・柳刃用、はがね用、ステンレス用の3つのタイプに対応しているので、これ一つで家中の包丁が研げちゃいます!
水研ぎができるので摩擦熱が抑えられます。パカっとフタを開けてタンクに水を入れるだけ。研いだ後の粉は水中に沈むので周囲に散らばりません。
  • 小型でありながら
    安定性も切れ味も○
京セラ
ロールシャープナー
ファインプレミアシリーズ
購入価格:1851円
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)

[ハンドルタイプ]

使い勝手	A
安定性	A
切れ味	A
軽いのにしっかり握れて固定でき、小型なので場所を取らず収納もしやすい! 重要なポイントである切れ味もバッチリのA評価になりました!

今回おすすめしたいのは、以上の2製品となります。B評価以降の商品については一長一短でした。
  • 粗目で削りカスが
    散らばるのが難点
包丁:セラミック:CJプライムショッピング:プロフェッショナルナイフシャープナー クレバーシャープ
CJプライムショッピング
プロフェッショナルナイフシャープナー
クレバーシャープ
購入価格 :1280円
[コンパクトタイプ]

使い勝手	B
安定性	B
切れ味	B
真空吸着させるパワーグリップで固定します。冷蔵庫、キッチンの壁などに付けて収納することも可能です。切れ味は実用レベルですが、粗目で削りカスがたくさん出るのに、受け皿がなく散らばる点はマイナスポイントでした。
  • ハンドル部分が
    握りにくく不安定
貝印
ダイヤモンドシャープナー
購入価格:895円
[ハンドルタイプ]

使い勝手	B
安定性	B
切れ味	B
ハンドル部分がステンレスの棒製なので握るときに頼りなさがあります。コンパクトなので、収納には困らないのは良いところです。
  • 本体が大きく
    音もうるさい
包丁:セラミック:京セラ:電動ダイヤモンドシャープナー DS-38
京セラ
電動ダイヤモンドシャープナー
DS-38
購入価格:2333円
[電動タイプ]

使い勝手	C
安定性	B
切れ味	A
電動式ですがモーター音がうるさく、大きめなので収納場所も困りもの。また、包丁の角度を砥石ユニットにうまく合わせにくく、使い勝手はC評価になりました。
  • 砥石ユニットの
    手入れはしやすいですが……
包丁:セラミック:京セラ:電動ダイヤモンド シャープナーDS-50-FP
京セラ
電動ダイヤモンド
シャープナーDS-50-FP
購入価格:4100円
[電動タイプ]

使い勝手	C
安定性	B
切れ味	A
使い勝手は上のDS-38と同じような感じです。こちらは砥石ユニットの交換が可能でお手入れしやすいとのことですが、価格差がありすぎます!
  • 慣れている人限定の
    砥石タイプです
貝印
コンビ砥石
購入価格:1218円
[砥石タイプ]

使い勝手	C
安定性	B
切れ味	A
これまで大きな砥石で研いだ経験がある人にはオススメですが、研ぐ前に準備が必要で「お手軽」とはいきません。
  • 包丁には不向き
    ハサミなら○
包丁:セラミック:セラ:研ぎま専科 ダイヤモンドシャープナー
セラ
研ぎま専科
ダイヤモンドシャープナー
購入価格:1134円
[コンパクトタイプ]

使い勝手	C
安定性	B
切れ味	A
角度を固定する研ぎ台がついていますが、まったく安定しません。包丁ではなく、ハサミや彫刻刀のような刃物などには使えそう。
  • 使い勝手を考えると
    砥石で十分
包丁:セラミック:佐竹産業:ダイヤモンド台付砥石
佐竹産業
ダイヤモンド台付砥石
購入価格:3165円
[砥石タイプ]

使い勝手	C
安定性	B
切れ味	A
作業は砥石とほぼ同じですが、準備がいらないのは嬉しいところ。ただ、重くて大きく、さらに価格を考えると、砥石でもいいんじゃないか、という気がしてきます。
  • 価格なりの使い勝手
    安全性はマイナス
貝印
Qシャープナー
購入価格:746円
[コンパクトタイプ]

使い勝手	B
安定性	C
切れ味	B
吸盤で調理台にしっかり固定するとのことですが、片手を添えないと包丁がグラついてしまいます。本体を支える持ち手もないので安定性は11製品の中でも最低評価でした。
  • コンパクトで収納は良いですが
    切れ味はイマイチ
包丁:セラミック:マーナ:お魚包丁とぎ
マーナ
お魚包丁とぎ
購入価格:648円
[コンパクトタイプ]

使い勝手	B
安定性	B
切れ味	C
小さいのでしっかりは握れませんが、作業に問題はありません。磁石で冷蔵庫に付けて収納できるのは地味に便利。ただし、切れなくなった包丁を蘇らせるのは正直、難しいところ。


今回の検証ではスエヒロの「キッチンシャープナー」がベスト包丁研ぎ器となりました。コンパクトタイプ、ハンドルタイプ、電動タイプ、砥石タイプと検証しましたが、総合的にはハンドルタイプが使いやすくおすすめです。お好みのシャープナーを手にいれて、ご家庭の包丁を蘇らせてみませんか?

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら