洗顔料おすすめランキング20選 | 『LDK』が人気製品を徹底比較!
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK the Beauty編集部

洗顔料おすすめランキング20選 | 『LDK』が人気製品を徹底比較!

毎日どんな洗顔ケアをしていますか? 汗をかいたりテカったりしがちな季節は、きゅっと爽快に洗い上げてくれるさっぱりした洗顔料を使いたくなりますよね。でも、必要以上に皮脂を落とすと肌に負担になって、一気にこわ~い老け肌に…。20製品をテストして、美肌を叶えるベストな洗顔料を見つけてきました!

一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所 所長・理事
井上哲夫 氏
総合化粧品メーカーの開発部長を経て国際毛髪皮膚科学研究所を設立。
皮膚科専門医
大仁田亜紀 氏
長崎県の前田医院皮膚科・美容皮膚科医師。著書に『顔は洗うな~なぜスキンケアで失敗するのか~(kindle版)』。
コスメを本音で評価する雑誌
LDK the Beauty
コンセプトは、「世界でただ1つ、コスメを本音で評価する雑誌」。テストする生活情報誌「LDK」から生まれた広告なしの辛口美容誌です。


ビューティー お肌美人をめざすなら 洗顔ケアが大切です

お肌のコンディション、気になりますよね。調子がいいとそれだけで一日気分よく過ごせてしまうくらいです。そんな美肌づくりの基本はなんといってもスキンケア。とくに洗顔ケアで余分なものをきちんと落とすと、そのあとの保湿ケアもぐんと入りやすくなります。
みなさんは洗顔ではどんなものを使っていますか?

ビューティー 使っている人がいちばん多いのは クリーム&ジェル洗顔

ツイッターでのアンケートによると、いちばん多かったのが「クリーム・ジェルタイプ」、次に多いのが「泡タイプ」という結果でした。固形石鹸やパウダーは意外と少数派なんですね。

そこで今回のテストでは、8割の人が使っている「クリーム・ジェル」と「泡」タイプに着目して、長年の王道商品や注目の新発売・リニューアル商品などを入れた20製品でテストしました!
※『LDK the Beauty』Twitterアンケート、2018年5月実施、回答者数428名

ビューティー 洗顔料の洗浄成分もチェックしよう

洗顔料は洗浄成分として使われているものによって、肌へのやさしさや汚れを落とす能力が変わります。敏感肌に合うタイプ、皮脂や油が気になる人に良いタイプなど、自分の肌質に合った洗顔料のタイプを選ばないと、肌トラブルの原因になることも。

さらに、肌の状態はその日ごとに違うことにも注意が必要。自分は敏感肌ではないと思っていても、肌の乾燥を感じている日はうるおいや油が肌に足りていない状態です。そんなときに強すぎる洗浄力のタイプを使ってしまうと、必要な油分まで取り除くことになり、さらに肌が乾燥するという悪循環におちいります。

3種類の洗浄成分それぞれの特徴を確認し、自分に合うものを使いましょう。

アミノ酸系

アミノ酸系の洗浄成分が使われている洗顔料は、3種類の中で一番マイルドなタイプです。洗浄力は高くないものの、その分、肌への刺激が少ないため敏感肌の人にもおすすめです。

成分表を確認すると、3種類のうちどのタイプなのかがわかるでしょう。アミノ酸系の洗顔料には、「ココイルグリシンK」「ココイルグルタミン酸Na」「ラウロイルメチルアラニンNa」などが使われています。

両性界面活性剤

両性界面活性剤が使用されている洗顔料は、3種類のうちで中間にあたる洗浄力のタイプです。洗浄力は一定レベルはあるものの、せっけん系の洗浄成分よりも肌にやさしい洗いあがりになります。

成分表に「ココアンホ酢酸Na」や「コカミドプロピルベタイン」などと書かれたタイプが、両性界面活性剤を使用している洗顔料です。

せっけん系

せっけん系の洗浄成分を使っているものが、3種類のうちでもっとも洗浄力が強いタイプです。しっかりと洗えるからこそ、肌に必要なものまで取ってしまう危険性にも注意しましょう。

せっけん系のものは、肌の脂が気になる人におすすめです。皮脂が過剰に出ている状態なので、洗浄力が強いせっけん系を選ぶと余分な皮脂を落とすことができます。

成分表に「ラウリン酸Na」、「ミリスチン酸」や「ステアリン酸」「水酸化Na」などが書かれているものは、せっけん系の洗浄成分です。

ビューティー 気を付けるポイントとおすすめの洗い方

洗顔料を使うときには、いくつかの気を付けるべきポイントがあります。先述した「肌質に合った洗浄成分を選ぶ」というのもポイントのひとつです。おすすめの洗い方とあわせて確認していきましょう。

ヘタ泡でも問題なし

きめ細かいもこもこ泡とヘタ泡の差は思うほどありません。洗顔料を泡立てる目的は、肌のバリア機能を乱すおそれがある界面活性剤の影響を最小限にすること。泡立っていることが大事なので、きめ細かい泡を求めすぎなくてOKです。

そうはいってもきめ細かい泡の方が気持ちいいですよね。
きめ細かい、弾力性のある泡をつくるポイントは、事前に手を洗って汚れや油分をとることです。手を反対に向けても落ちないくらいの、硬めの泡になるまで泡立てると気持ちいい泡になります。

ゴシゴシすると乾燥しやすい

顔を洗う際、ゴシゴシすると必要な肌の脂まで取り過ぎてしまって乾燥の原因になります。また、シミなどの肌トラブルの原因にもなります。

洗い残しがあるとニキビのもとに

洗顔の最後、すすぎ洗いをするときには洗い残しに注意しましょう。しっかり落としていないと、ニキビなどの肌トラブルの原因に。こするのではなく、手おけの水を押し当てるようにして全体をしっかりとすすぎます。

ビューティー 「洗浄力」「成分」「保湿力」が 美肌を作る洗顔料選びのポイント

洗顔料に大切なのは、肌のバリア機能を守りながら汚れを落とすこと。そのためには、皮脂を落としすぎない「ほどよい洗浄力」と、肌に刺激を与えない「成分」と、洗ったあとのうるおいを保つ「保湿力」が重要です。この3つのポイントをしっかりテストしました。

【1:洗浄力テスト】
検証機関にて、人工皮膚に皮脂に見立てた油脂系食用着色料を塗って皮脂汚れを再現し、洗顔料の泡だけの力でどれくらい落ちたか測定しました。
汚れが残ってしまうのはNGですが、洗いすぎも実は老け肌の原因になるんです。“落としすぎず残しすぎず”が美肌の近道ということで、ほどよい洗浄力かどうかもチェックしました!
【2:肌へのやさしさテスト】
一つひとつの成分や、洗浄力の決め手となる界面活性剤の種類と個数、配合バランスなどを専門家にチェックしてもらい、総合的に判断しました。
【3:保湿力テスト】
泡立てた洗顔料を肌に乗せて摩擦を起こさないように洗い、洗浄前と後の水分量を測定して比較しました。
【参考:泡立ち・使用感テスト】
それから、泡立ちや使用感も洗顔料選びには大切です。洗顔料の泡は肌への刺激を軽減するクッションの役目ですが、ただ泡立てばいいわけではなく、密度と弾力のあるモコモコ泡が長持ちすることがポイントです。
泡立ち・使用感については参考テストとして、ちょっとした指の力には負けない弾力があるか、どのくらい垂れやすいかをチェックしました。
以上の方法で、洗顔料選びに大切な3つのポイントをしっかりチェックしましたよ。

S評価 やっぱりすごい、その実力。 「ハトムギ」は殿堂入りです

ランキングの前に1つご紹介させてください。2017年の洗顔料ランキングでベストバイに輝いた「ハトムギ洗顔フォーム」という洗顔料があります。保湿力も成分も高評価で見事1位となったのですが、実は今回の2018ランキングで集めた20製品と比べても、やっぱりベストだったんです。
イヴ(EVE)
ハトムギ洗顔フォーム
実勢価格:430円
容量:200g
ただしネックなのは、「ココカラファイン」のプライベートブランドなので手に入りにくいところ。近くに店舗がなかったり、ネットで買うと送料がかかってしまいます。

そこで2018年のランキングでは、「ハトムギ洗顔フォーム」は殿堂入りの別格とし、これ以外の一般に入手しやすい20製品を集めてテストを行いました。それではランキングを見てみましょう!

記事1位BEST 2018のベストバイは 洗い上がりうる肌のノブⅢ!

常磐薬品工業:ノブ(NOV) ノブⅢ ウォッシングクリーム:洗顔料
常磐薬品工業
ノブ(NOV)
ノブⅢ ウォッシングクリーム
実勢価格:4398円
容量:120g
ノブⅢシリーズは敏感肌処方の医薬部外品だけあって、肌への優しさ評価がバツグン! もっちりとした泡の使用感も言うことなし。すべての項目で高評価でベストに輝きました。
洗浄力 A
肌への優しさ A+
保湿力 A
<参考>泡立ち
◎洗浄力テスト:評価A
洗浄力テストはA評価。色の変化は27.82で、強すぎず弱すぎずのほどよい洗浄力です。
◎肌へのやさしさテスト:評価A+
Aプラス評価です。アミノ酸系洗浄成分で優しく洗えて、グリチルリチン酸2Kで消炎作用もあります。刺激になる成分が一切ナシで、皮膚科でも勧められるレベルです。
◎保湿力テスト:評価A
ノブの中でもノブⅢは乾燥肌や敏感肌に向けたラインのため、保湿力も期待どおりのA評価でした。洗浄前と比べて97.6%の肌水分量で、ほぼ肌の水分を奪わずに洗えました。
◎泡立ちテスト:優秀
なめらかな濃密泡でもっちりです!

記事2位BEST 1000円台でこの総合力! スイサイ クリームソープ

カネボウ化粧品:suisaiスイサイ クリームソープ:洗顔料
カネボウ化粧品
suisai
スイサイ クリームソープ
実勢価格:1357円
容量:125g
石けん系洗浄成分で洗い上がりはさっぱり。乳酸菌由来の保湿成分、くすみを除去するクレイ成分配合など、高い総合力を発揮しました。1000円台でこれなら文句なしです!
洗浄力 A
肌への優しさ B
保湿力 A
<参考>泡立ち
◎洗浄力テスト:評価A
洗浄力テストはA評価。色の変化では28.04で、ちょうどよい洗浄力です。
◎肌へのやさしさ:評価B
B評価です。石けん系洗浄成分が主体で汚れを吸着するクレイ(泥)や保湿のための乳酸菌系成分を配合しています。
◎保湿力:評価A
A評価です。高保湿なのにすっきり汚れを落とし、使い心地はさっぱり。洗浄前と比べて98.3%の肌水分量で、ほぼ肌の水分を奪わずに洗えました。
◎泡立ち:優秀
“もちっ”と“ふわっ”が同居。垂れない泡でした。

記事3位BEST 保湿力ではナンバー1の ビフェスタ泡洗顔

マンダム(mandom):ビフェスタ 泡洗顔 コントロールケア:洗顔料
マンダム(mandom)
ビフェスタ(Bifesta)   
泡洗顔 コントロールケア
実勢価格:530円
容量:180g
保湿力ナンバーワンですが、殺菌剤が入っているため毎日使うには刺激が強めかもしれません。赤ニキビなど皮脂による肌トラブルがあるなら、ぜひ試したい商品です。
◎洗浄力
洗浄力テストはA評価。色の変化では29.50で、ちょうどよい洗浄力です。
◎肌へのやさしさ
低刺激ながら殺菌剤が入っているためBマイナス評価です。赤ニキビで悩んでいる人にはおすすめですが、皮脂トラブルがない場合は毎日使うのは避けたほうがよさそうです。
◎保湿力
洗い上がりはうるおいのベールをまとったようなしっとり感でA評価です。保湿力は今回テストした20製品中イチバンでした。
◎泡立ち
キメ細かくて濃厚な泡ですが、やや固めです。

記事4位 保湿力だけが惜しい! 毛穴撫子 重曹スクラブ洗顔

毛穴撫子:桃まるかじり 重曹泡洗顔:洗顔料
石澤研究所
毛穴撫子
桃まるかじり重曹泡洗顔
実勢価格:1080円
容量:100g
成分も洗浄力も高評価なのに、残念ながら保湿力だけ最下位…! その点で総合4位となりました。モモ葉&果実エキス配合でいい香りです。
◎洗浄力
洗浄力テストはA評価。色の変化では27.38で、ちょうどよい洗浄力です。
◎肌へのやさしさ
洗浄成分が優しく、マイナス成分がないためAプラスの高評価となりました。洗浄成分は石けん系で、ハチミツやシロキグラゲ多糖体など保湿成分を複数配合しています。
◎保湿力
C評価で今回最下位。洗浄前と比べて76.9%の肌水分量になってしまいました。残念です!
◎泡立ち
泡は軽めでした。桃のよい香りです。

記事5位 成分良好だけど保湿がもう少し! matsuyama 洗顔フォーム

松山油脂:matsuyama 肌をうるおす保湿洗顔フォーム:洗顔料
松山油脂
matsuyama
肌をうるおす保湿洗顔フォーム
実勢価格:1100円
容量:100g
石けん系洗浄成分ですが皮脂に対する洗浄力が物足りず、保湿力ももう少し欲しいところです。肌へのやさしさはAで高評価でした。
◎洗浄力
洗浄力テストはB評価。色の変化では23.64で、やや物足りない洗浄力です。
◎肌へのやさしさ
成分良好でA評価です。まさにセッケン!という洗浄成分ですが、ダイズ系の保湿成分も入っているのでつっぱり感はありません。
◎保湿力
洗浄前と比べて88.8%の肌水分量となり、B評価です。洗顔後は手早く保湿しましょう。
◎泡立ち
空気を多く含んだふわふわ泡です。

記事5位 植物由来のやさしい成分ですが 洗浄力がいま一歩のTHREE

アクロ(ACRO):THREE クリアリングフォーム:洗顔料
アクロ(ACRO)
THREE 
クリアリングフォーム
実勢価格:3660円
容量:100g
植物由来の油も多く、成分は肌に優しいです。洗浄力は石けん系ですが皮脂落とし力は弱めで、もう少し欲しいところでした。
◎洗浄力
洗浄力テストの結果はB評価。色の変化では23.34で、やや物足りない洗浄力です。
◎肌へのやさしさ
石けん洗浄成分でかなりさっぱりですが、油分も多めなのでつっぱり感を緩和しています。
◎保湿力
洗浄前と比べて90.4%の肌水分量となり、B評価です。洗顔後に手早く保湿すれば大丈夫です。
泡立ち
ふわりと軽く、きめ細かい泡です。

記事5位 予想を超える強力な洗浄力! ETVOS モイストアミノフォーム

ETVOS:モイストアミノフォーム:洗顔料
エトヴォス(ETVOS)
モイストアミノフォーム
実勢価格:3240円
容量:90g
ミネラルメイクで有名なブランドで、刺激になる成分もなくやさしさはピカイチなのに、洗浄力は強力! 香りが強めなのは好みが分かれそうです。
◎洗浄力
成分テストが高評価だっただけに洗浄力もマイルドかと思いきや、皮脂汚れを瞬殺で溶かし出す洗浄力! 汚れ落ちすぎかもしれません。
◎肌へのやさしさ
A評価です。アミノ酸系でも強めの洗浄成分が主体となっていますが、保湿成分が肌にうまく残るような配合になっているところが高評価でした。
◎保湿力
洗浄前と比べて94.1%の肌水分量となり、B評価です。洗顔後に手早く保湿すれば大丈夫です。
◎泡立ち
ゆるゆるした泡です。独特な香りが強いです。

記事5位 カウブランドの洗浄力は 水洗いと同じレベルでした

牛乳石鹸共進社:カウブランド 無添加うるおい洗顔:洗顔料
牛乳石鹸共進社
カウブランド 
無添加うるおい洗顔
実勢価格:608円
容量:110g
成分も保湿力も高評価でしたが、洗浄力が水洗いとほぼ変わらないほど低い結果でした。さすがにきちんと洗えているのか不安です。
◎洗浄力
肌にほとんど色が残ってしまい、C評価となりました。肌への密着不足で汚れが落とせていないようです。
◎肌へのやさしさ
20製品中でいちばんシンプルな成分配合でA評価でした。マイナス成分もないですが、プラス成分も洗浄成分も少ないです。
◎保湿力
洗浄前と比べて96.2%の肌水分量で、A評価です。ほぼ肌の水分を奪わずに洗えました。
◎泡立ち
軽めの泡ですが、キメは細かく泡の持ちはいいです。

記事9位 もっちり泡はやみつきですが 決め手に欠けるアベンヌ

ピエール ファーブル ジャポン:アベンヌ クリナンスクレンジングフォーム:洗顔料
ピエール ファーブル ジャポン
アベンヌ(Avene)
クリナンスクレンジングフォーム
実勢価格:2152円
容量:128g
洗浄力はほどよく、皮脂汚れを優しく落としましたが、成分と保湿力は普通レベル。総合的には可もなく不可もなくという結果でした。
◎洗浄力
石けん系の洗浄成分で、平均ちょっと上くらいのほどよい洗浄力です。
◎肌へのやさしさ
洗浄成分はマイルドですが、BHTやサリチル酸など敏感肌の人は気をつけたい成分もあり、Bマイナス評価です。
保湿力
洗浄前と比べて89.5%の肌水分量となり、B評価です。洗顔後は手早く保湿しましょう。
泡立ち
やみつきになるほどのもっちり泡。摩擦が起きにくく、心地よく洗えます。

記事9位 ニベア青缶洗顔料は さっぱり使用感でもうるおいます

花王:ニベア クリームケア洗顔料ブライトアップ:洗顔料
花王
ニベア
クリームケア洗顔料ブライトアップ
実勢価格:486円
容量:130g
洗浄成分は強めですが、ニベア青缶成分入りのモコモコ泡のおかげか高めの保湿力が高評価です。
◎洗浄力
洗浄力テストはA評価。色の変化では26.07で、ほどよい洗浄力です。
◎肌へのやさしさ
全成分の中で洗浄成分の割合が多く、刺激が強め。それを緩和する成分が少ないのが気になります。タルク成分配合なので顔色アップ効果が期待できそうです。
◎保湿力
保湿力に定評のあるニベアクリームの成分配合でA評価。洗浄前と比べて96.5%の肌水分量で、ほぼ肌の水分を奪わずに洗えました。
◎泡立ち
濃厚かつ弾力があり、さわり心地のいい泡です!

記事11位 ダヴ ボタニカルセレクションは せっかくの泡がシャバシャバです

ユニリーバ・ジャパン:ダヴ ボタニカルセレクション:ポアビューティー泡洗顔料:洗顔料
ユニリーバ・ジャパン
ダヴ ボタニカルセレクション
ポアビューティー泡洗顔料
実勢価格:400円
容量:145ml
※Amazonはあわせ買い対象商品です
マイルドな洗浄力はいいですが、保湿力はもう少し欲しいです。泡立ちがゆるく、すぐにヘタるのは残念…!
◎洗浄力
洗浄力テストはA評価。色の変化では33.32で、しっかりした洗浄力です。
◎肌へのやさしさ
植物性オイルが保湿と汚れ落としをサポートしますが、殺菌成分配合なのでB評価。敏感肌の人は気をつけたほうがよさそうです。
◎保湿力
洗浄前と比べて91.5%の肌水分量となり、B評価です。洗顔後手早く保湿すれば大丈夫です。
泡立ち
シャバシャバ泡で垂れまくりました。使用感悪いです。

記事11位 ジェルから泡に変わる新感覚! エリクシール バランシングバブル

資生堂:エリクシール ルフレ:バランシング バブル:洗顔料
資生堂
エリクシール ルフレ(ELIXIR REFLET)
バランシング バブル
実勢価格:1944円
容量:165g
ジェルが泡に変わる感覚が斬新! 泡の手触りはイマイチで汚れ落ちも弱かったです。
◎洗浄力
洗浄力テストはB評価。色の変化では22.36で、やや弱めの洗浄力です。
◎肌へのやさしさ
A評価です。洗浄力はやさしく、代謝をアップする植物エキスやビタミンなども配合されています。
◎保湿力
洗浄前と比べて91.8%の肌水分量となり、B評価です。洗顔後手早く保湿すれば大丈夫です。
◎泡立ち
ジェルを指先でなじませていると泡になりますが、滑らかさのないブツ切り泡の手触りがイマイチです。

記事11位 洗浄力よしのメラノCC泡洗顔は 泡のヘタリが残念

ロート製薬:メラノCC 酵素ムース 泡洗顔:洗顔料
ロート製薬
メラノCC
酵素ムース 泡洗顔
実勢価格:822円
容量:150g
出たては濃密泡なのですが、すぐにヘタってしまいやや洗いにくいです。また、モニターの中では肌がピリピリした人もいました。
◎洗浄力
アミノ酸系の洗浄成分でほどよく汚れを落としA評価です。ただし洗っているうちに泡がどんどんヘタってしまうのが残念。ワンプッシュで洗えて時短できるのはラクです。
◎肌へのやさしさ
B評価です。アミノ酸系洗浄成分が主体でやさしく、美白やアンチエイジング成分も入っています。
◎保湿力
洗浄前と比べて89.9%の肌水分量となり、B評価です。洗顔後は手早く保湿しましょう。
◎泡立ち
最初は濃密泡なのに、ヘタリが早かったです。

記事11位 成分シンプルなdプログラムは ときどき敏感肌な人向き

資生堂:d プログラム コンディショニングウォッシュ:洗顔料
資生堂
d プログラム   
コンディショニングウォッシュ
実勢価格:2750円
容量:150g
敏感肌用を意識しすぎたのか洗浄力が弱めです。成分も保湿力ももう一歩というところでした。
◎洗浄力
洗浄力テストはB評価。色の変化では22.75で、やや物足りない洗浄力です。
◎肌へのやさしさ
成分の数が少なくシンプルで、B評価です。石けん系ですが洗浄成分はやさしく、ときどき敏感肌になってしまう人に向いています。
◎保湿力
洗浄前と比べて88.1%の肌水分量となり、B評価です。洗顔後は手早く保湿しましょう。
◎泡立ち
きめ細かくて粘度のある泡が肌に密着します。

記事11位 クレイ配合の濃厚泡だけど 保湿力が弱いカバーマーク

カバーマーク:ミネラルウォッシュ:洗顔料
カバーマーク(COVERMARK)
ミネラルウォッシュ
実勢価格:3240円
容量:125g
汚れを吸着するクレイ配合で洗い上がりはさっぱりですが、そのぶん乾燥しやすく保湿力が弱いです。
◎洗浄力
洗浄力テストはB評価。色の変化では22.25で、やや弱めの洗浄力です。
◎肌へのやさしさ
洗浄成分は石けん系。モロッコ溶岩クレイ配合でサラッとしますが、肌質によっては乾燥することもあります。
◎保湿力
洗浄前と比べて86.5%の肌水分量となり、B評価です。洗顔後は手早く保湿しましょう。
泡立ち
ヘタリ知らずの泡は濃厚質感です!

記事16位 成分のわりには汚れ落ちが弱い ファンケル エイジングケア

ファンケル:エイジングケア 洗顔クリーム:洗顔料
ファンケル(FANCL)
エイジングケア 洗顔クリーム
実勢価格:1512円
容量:90g
成分中で界面活性剤の数が多いわりには汚れ落ちが物足りないです。泡はゆるくてキメも粗く、イマイチでした。
◎洗浄力
洗浄力テストはB評価。色の変化では22.55で、やや弱めの洗浄力です。
◎肌へのやさしさ
アミノ酸系のものが主体ですが洗浄成分の数がかなり多く、B評価です。乳酸菌由来の保湿成分も入っています。
◎保湿力
洗浄前と比べて93.9%の肌水分量となり、B評価です。洗顔後手早く保湿すれば大丈夫です。
◎泡立ち
キメが粗くてゆるいです。落ちも早すぎでした。

記事16位 根こそぎ洗い流す洗浄力で 洗いすぎ注意のビオレ

花王:ビオレ スキンケア洗顔料スクラブin:洗顔料
花王
ビオレ
スキンケア洗顔料スクラブin
実勢価格:353円
容量:130g
ドラッグストアの女王・ビオレのクリームタイプは現在5種類。今回テストしたスクラブ入りは、過去号でテストしたモイストタイプ同様に洗浄力強め。洗いすぎに注意です。
◎洗浄力
スクラブ入りタイプで軽く指でなじませただけで色が溶け出しました。汚れを落ちはよいですが、肌への刺激が心配なためB評価です。皮脂過多な10代ならアリです。
◎肌へのやさしさ
洗浄成分が強く、Bマイナス評価です。毛穴汚れを落とす用のスクラブは、世界的に使われない方向になっています。
◎保湿力
洗浄前と比べて90.0%の肌水分量となり、B評価です。洗顔後手早く保湿すれば大丈夫です。
◎泡立ち
キメが粗くてゆるめの泡で洗いにくいです。

記事16位 専科のコラーゲンinは 保湿力と泡が残念でした

資生堂:洗顔専科 パーフェクトホイップ コラーゲンin:洗顔料
資生堂
洗顔専科
パーフェクトホイップ コラーゲンin
実勢価格:545円
容量:120g
※Amazonはあわせ買い対象商品です
刺激の強い陽イオンの洗浄成分やエタノールなど成分がイマイチです。泡はふわっと軽く、ゆるくてヘタリやすかったです。
◎洗浄力
洗浄力テストはA評価。色の変化では27.83で、強すぎずほどよい洗浄力です。
◎肌へのやさしさ
洗浄成分は石けん系で少し強めですが、保湿系成分を配合してマイルドにしています。特徴のある成分はとくに見られず、Bマイナス評価です。
◎保湿力
洗浄前と比べて84.4%の肌水分量となり、C評価です。テストした20製品中でワースト2位でした。
◎泡立ち
ふわっと軽い泡ですが、ヘタリが早かったです。

記事19位 泡の完成度はベストなのに… 水より落ちないアルビオン

アルビオン:アンフィネス ブライトフォース ウォッシュ:洗顔料
アルビオン(ALBION)
アンフィネス ブライトフォース ウォッシュ
実勢価格:4104円
容量:120g
成分も保湿力もイマイチで、洗浄力検証は最下位に…。でも泡の気持ちよさはピカイチでした。
◎洗浄力
汚れが落ちすぎるのも肌に負担ですが、あまりに落ちないのも意味がありません。 泡の弾力が最高なのに、洗浄力は水より低くC評価。最下位でした。
◎肌へのやさしさ
植物由来の保湿成分やビタミンCを配合しています。肌に刺激となるBHTがやや評価を下げました。
◎保湿力
洗浄前と比べて87.6%の肌水分量となり、B評価です。洗顔後は手早く保湿しましょう。
泡立ち
理想的な濃密泡。使用感はバツグンに気持ちいいです!

記事20位 20製品中いちばん高額なのに ダントツ低評価のジバンシィ

パルファム ジバンシイ:ジバンシィ ソワンノワール クレンジング リチュアルEX:コスメ
パルファム ジバンシイ:ジバンシィ ソワンノワール クレンジング リチュアルEX:コスメ
パルファム ジバンシイ
ジバンシィ
ソワンノワール クレンジング リチュアルEX
実勢価格:1万890円
容量:175ml
刺激が強くて肌に直接使いたくない成分や、付属のスポンジで肌をこする使い方など、いいとこナシです…!
◎洗浄力
洗浄力テストはC評価。色の変化は水洗いと同じくらいの19.40で弱すぎです。
◎肌へのやさしさ
刺激となる成分が多く、専門家2人が声を合わせて「配合の目的が理解できない、ダントツ最下位」とD評価です。顔にジェルをつけてマッサーする使い方ですが、刺激の強い洗顔料を長い時間顔につけるのは避けたいです。
◎保湿力
洗浄前と比べて87.2%の肌水分量となり、B評価です。洗顔後は手早く保湿しましょう。
泡立ち
泡立ちにくく、キメも粗いです。

ビューティー 洗顔料の売れ筋ランキングもチェック!

洗顔料のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

ビューティー おわりに

洗顔料2018ベストランキング、いかがでしたか? 今回一番高額だったジバンシィがワーストとは意外でした。自分に合った洗顔料をしっかり選んで、お肌美人を目指しましょう!

「洗浄力編」「肌へのやさしさ編」「保湿力編」もあわせてご覧ください!
the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事