【プロが認めた】使いやすいスチームアイロンおすすめランキング13選│人気製品を徹底比較【2020年】
ランキング
2020年04月16日(木)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部

【プロが認めた】使いやすいスチームアイロンおすすめランキング13選│人気製品を徹底比較【2020年】

ピシッとアイロンのかかったシャツやハンカチは気持ちまでシャキッとしますよね。でも、アイロンがけはちょっと面倒……という方は多いのではないでしょうか? そこで今回は、スチームアイロン13製品をテスト。プロのジャッジに加えて、劇団で衣裳を担当されていたテスターの正木さんに2ヶ月間使用を依頼。かけやすさから日常的な使い勝手まで、すべてを総合し、サンロクマル編集部が決定する使い勝手のいいスチームアイロンをランキング形式でご紹介します!

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

アイロン男爵
山澤亮治 氏
株式会社ヤマサワプレス代表。アイロンプレスから配送までを手がけているアイロンの専門家。テレビ、雑誌などメディアでも活躍!
テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。
衣装アシスタント
正木ひかり 氏
2020年1月まで東京演劇アンサンブルに所属。俳優をしながら、舞台衣裳の縫製・アイロンがけ含めた管理メンテナンスを担当。現在は、衣装プランナーの元でアシスタントをしている。
本音でテストする商品評価サイト
the360.life
「いい」も「悪い」もわかる場所、the360.life(ザ・サンロクマルドットライフ)。テストするモノ誌『MONOQLO』『LDK』『家電批評』から生まれた「テストする買い物ガイド」です。

家電 面倒な家事代表のアイロンがけ ラクできるのは…本音で評価!

アイロンがけはやり切ったあとは気分爽快だけど、アイロン自体の重さで疲れるし、うっかりシワが寄ってしまったりと、意外と重労働かつ繊細な作業ですよね。それだけにアイロンがけが億劫……なんて人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「本当に使いやすいアイロン」を見つけるべく、劇団に所属しふだんから舞台衣裳にアイロンがけをされていた正木ひかりさんに、全13製品をなんと2ヶ月にわたって使用いただく検証を敢行!
まさに“アイロンがけマスター”ともいえる正木さんから見たアイロン選びのポイントや、実際の使い勝手の良さを本音で評価してもらいました。

さらに編集部ではランキングにあたって、LDKでおなじみアイロン男爵こと山澤亮二さんにも実際にYシャツのアイロンがけをしてもらい、かけやすさや仕上がりの良さなどのテストも実施! 正木さんの本音評価に、プロによるテスト結果を加味し、全13製品を総合的にジャッジしました。

ダブルのジャッジをくぐり抜け、ベストバイとなった製品はいったいどの製品なのか? その理由も詳細にご紹介していますので、ぜひ最後までご覧くださいね!


<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

家電 “アイロンがけマスター”も 納得のベストバイを発表!

まずは何はともあれ、今回「アイロンがけがはかどる! 楽しくなる!」とベストバイに輝いた製品を発表しちゃいましょう。

それがこちらです!
パナソニック(Panasonic) 
カルル
コードレススチームアイロン 
NI-WL704
実勢価格:1万3560円
パナソニックアイロンの最上位モデル「カルル コードレス スチームアイロン NI-WL704」は、全体からやわらかなスチームがフワァ~と出て、浮いているかのように滑らかに動いてくれる逸品です。
「先とおしり側が細くなったレモン型で、布が引き攣れることなく前にも後ろにもスムーズに動かせました。ミラーのようなかけ面で、動きが滑らかなのも使いやすい!」と正木さんも言うように、パナソニックならではの左右前後対照のつやつやのかけ面が特徴となっています。

とにかく細かなシワも一網打尽! これは、文句ナシのベストバイです!


なお、こちらには新モデルが登場しています。これから購入される方は、こちらがおすすめです。
パナソニック(Panasonic)
カルル
コードレススチームアイロン 
NI-WL705
実勢価格:1万3463円
つづいてランキング発表……といきたいところですが、その前に今回テストして導き出したアイロン選びのポイントをご紹介しますので、まずはご覧ください。

家電 【選び方のポイント】 アイロンはココをチェック!

サンロクマルが重視するアイロンを選ぶ際のポイントは5つです。

①は本テストを参考にしていただきたいと思いますが、②~④はネットでチェックできるポイント、⑤については実際に売り場に足を運び触れてチェックしたいポイントになります。ぜひ、ご活用ください。

1:一番重要なのはスチームの量

とにかくスチームの量で仕上がりが変わります。今回のテストでは、かけやすさも、仕上がりもアイロンによってはっきり違いが出ました。生地の中に蒸気が入り込むものほど素早くキレイになります。ただ、こればかりは実際に使わないとわからないポイントですので、ぜひ本テストの結果を活用ください。

2:十分な重さがあるかチェック!

基本的にアイロンは「重い方が良い」と言われています。軽い方がラクなのでは? と思われがちですが、軽すぎるとシワを伸ばすためについつい力を入れてアイロンがけをしてしまうため、余計な力がかかりやすくなります。

結果、布地が動いてしまい上手くアイロンがけできなかったり、疲れてしまう原因に。アイロン自体の重さを利用して、力を入れず滑らせてシワを伸ばせることがベストです!

3:本体以外の機能性をチェック!

ただでさえ重労働で繊細なアイロンがけを、少しでもラクにしてくれる機能や工夫があるかは重要になります。下記4点はぜひチェックしてください。

[コードの有無]
コードレス、コード付き、それぞれにメリット・デメリット両方あります。

コードレスは自由が利く分アイロンがけがとてもラクですが、製品によっては温度がすぐに下がってしまい頻繁に充電しなくてはならないものもあるので注意が必要です。一方コード付きは動きに制限がある反面、充電を気にせず使えるため、一度にたくさんの量をアイロンがけする人におすすめです。

[給水タンクが外せるか]
スチームのための給水タンクは、外せるものと外せないものがあります。給水タンクがカセット式で外せるものであれば、水を汲んできて注ぎ入れるという手間が省けます。

[オートオフ機能の有無]
オートオフ機能とは、うっかりアイロンつけっぱなしにしてしまった場合に自動で電源が切れる、安心安全の機能です。

製品によって切れるタイミングが違ったり、音でお知らせしてから切れたりとさまざまです。こちらはあったらとても便利です!

【持ち運びのしやすさ】
アイロンは意外と置き場所に困るもの。仕舞いやすく、持ち運びがラクなものは、ストレスなく使うことができます。

4:長く使うことを考えて価格をチェック!

アイロンの平均寿命はおよそ5~8年程度といわれており、長い場合だと10年ほどと、長く使用するものになります。

価格は数千円台から、数万円近くするものまで幅広いですが、必ずしも安いものは悪く、高いものが良いとは断言できませんが、少なくとも価格については「長く使うもの」といった視点で、検討してみてくださいね。

5:自分の手や動きにフィットするかチェック!

上記1~5に加えて、実際に売り場に行ってチェックできる場合は、持ち手の握りやすさや動かすときの力のかかり方にも注目してみて下さい。
[持ち手の握りやすさ]
持ち手を握ったときに太すぎたり、細すぎたりしないか。また持ち手が長すぎたり、短すぎたりしないか自身の手にフィットするものを探してみて下さい。

[持ち手を握ったときの手首の角度]
アイロンがけをする際、アイロンの面に対して手首が平行だと、力のかかり方が均等になりスムーズに動かすことができます。

手首が前傾気味になってしまう持ち手の場合、力が前にかかってしまい布が動いて、上手にアイロンがけができません。ぜひ、売り場でアイロンがけをするように手に持って動かしてみることをおすすめします。


以上が、アイロンを選ぶ際のポイント5つでした!

続いて、今回行ったテストについてご紹介したいと思います。

家電 【テスト1】プロがジャッジ! Yシャツのガンコなシワを取りまくりました

続いて、今回行ったテストについてご紹介します。

まずは、アイロン男爵・山澤亮二さんが一台ずつYシャツにアイロンを掛けて、性能をジャッジしました。
その際、チェックしたのは下記3つのポイントになります。


チェックポイント1:かけ面の滑りやすさ、小回りなどかけやすさはどうか?
まずはかけ面の滑りやすさ。重みがあっても滑りがいまいちだと布地がかけ面にくっついてシワができてしまうこともあります。その他、小回り、持ちやすさ、力のかけやすさ、ボタンまわりなどの繊細な部分のかけやすさを総合的に評価しました。


チェックポイント②スチームの量と質はどうか?
スチームは早くキレイにシワを伸ばすための助けになり、仕上がりを左右する大事なポイント。アイロンがけをしながら、スチームの出方をチェックしました。スチームは粒子のきめ細かな蒸気がたっぷり出るほど評価が高くなります。


チェックポイント2:キレイな仕上がりになっているか?
一番大事なポイントである仕上がりを確認。小ジワが残ったものや、逆にアイロンでシワがついてしまっていないかチェックしました。また着心地良く仕上がるかも注目しました。

家電 【テスト2】ラボがジャッジ! かける前・後の温度変化をサーモグラフィー計測

弊社テスト機関・360.LABでは、各製品の温まり方をチェックしました。
アイロンを「強」に設定し、給電が完了したとき温度を測定。さらに一定量アイロンをかけた後、もう一度給電し、スタンバイOKとなった時点で再測定しました。
こちらはかける前。上部の温度が高いのが分かります。
かけた後の測定では、全体の温度が均一になっています。

家電 【テスト3】テスターがジャッジ 2ヶ月の長期テストで細部の使い勝手を判定!

劇団で衣裳を担当されていた正木ひかりさんに、2ヶ月に渡っての長期テストを依頼。かけやすさはもちろん、アイロンを出すところから仕舞う所まで含めた機能性といった面もテストしていただきました。

これらのテストを総合して、下記4点を

S、A、B、C、D

の5段階で評価。Sが最高評価、Dが最低評価となります。

1:かけやすさ...アイロンがけのしやすさを山澤さんが判定。さらに正木さんによる2ヶ月の使用で検証。

2:スチーム...ラボとプロの方の検証。

3:仕上がり...プロの方の検証してもらいました。

4:利便性(機能性)...アイロンを出すところから仕舞う所まで含めた機能性を正木さんが検証。

以上の項目に、LDK編集部、LDK誌面を担当いただいたライターの塩野里美さん、そして、サンロクマル編集部のジャッジを含め、総合ランキングを作成しました。

それでは、お待たせいたしました。いよいよ全13製品のランキングを発表してまいります!

記事1位BEST 細かい部分も超スムーズ! パナソニック「カルルNI-WL704」

冒頭でもご紹介したパナソニック「カルル コードレス スチームアイロン NI-WL704」は、ツヤツヤのかけ面全体から粒子の細かいスチームがフワッと出て、生地の上をスルスルよく滑ります。

ほどよい重さで力をかけずに一発でシワがとれ感動します。かけ面の形にも工夫が光るベストバイです!

スムーズに動くヒミツは、前後左右対称のレモンのような形のWヘッドと、水平にセットできる大容量の給水タンク。これによって常に重心が安定し真ん中に保たれるため、後ろ向きにかけても、細かい部分も布が引き攣れることなくスムーズに動かせるんです。
パナソニック  
カルル コードレス
スチームアイロン NI-WL704
実勢価格:1万3560円

本体の重さ:1100g
起動時間:1分33秒
総合評価はこちらです。
・かけやすさ(山澤さん):A
・かけやすさ(正木さん):S
・スチーム:A
・仕上がり:A
・利便性:S
なんとすべての項目において高評価というぶっちぎりのベストバイでした! 
全体からスチームがフワァ~ッ!! 浮いているかのように滑ります。

では、ベストバイの理由を下記に詳しくまとめたので見てみましょう!

その①ミクロのスチームが生地を中からふっくらさせる!
上半分だけでなく、かけ面全体からフワァ~っと均等に細かいスチームが出るのは13製品中これだけ! 粒子がとても細かいので布に浸透しやすいのが魅力です。

「やわらかなスチームが出つづけてくれます。しかもスチーム量が選べ、ハンガーショットもしっかりとした噴射力がありました」と正木さん。スチームの質・量ともに太鼓判を押しました!


その②後ろ向きにもかけられ「アイロンジワ」ができない!
ヘッドが左右対称のため、前後左右どう動かしても同じかけ心地で、アイロンで生地を踏みつけてできる新しいシワをつくらせません。
縫い目やボタンまわりも持ち替え不要でとても便利です!
正木さんは、滑らかな動きをサポートする鏡面仕上げのかけ面に注目。「布が引き攣れることなくスムーズに動かせて、ボタンの隙間までアイロンがけできました」と高く評価しました。


その③常に重心が真ん中だから安定している!
本体を真横からみた状態です。じつは重心が常に水平に保つ工夫があります。それは……。
この大容量の給水タンク。容量はたっぷり約160ml入るのですが、水平にセットできるようになっており重心が中心からズレないんです!


その④持ち運びしやすいケース付で、収納・操作性もバッチリ!
冷めるのに時間がかかるものの、熱いままでも収納できるケース付きなのは嬉しいですね。
ランプでON/OFFの状態がわかります。また正木さんが選ぶポイントでも挙げていた「自動OFF」機能もついており、10分で切れるようになっています。


サーモグラフィー測定による温度の変化はこちらです。
Wヘッドの先端まで温まり、全体が均一の温度になりました。

記事2位BEST スチームも重さも理想的! ティファール「FV9980J0」

「アイロンといえばティファール」という正木さんが2位に選んだのは、しっかりとした重さと質の良いスチームでシワを伸ばしてくれる「フリームーブパワー FV9980J0」です。

グリップについているトリガーを握るとスチームが出る仕組みになっているため、スチームをかけている実感を持ちながらかけることが出来るのも高評価のポイントとなりました。

さらに「給水タンクはカセット式ではないのでちょっと不便ですが、大容量なのでたくさんアイロンがけする方におすすめ!」とのことでした。
ティファール  
フリームーブパワー FV9980J0
実勢価格:1万771円

本体の重さ:1400g
起動時間:30秒
総合評価はこちらです。
・かけやすさ(山澤さん):B
・かけやすさ(正木さん):A
・スチーム:A
・仕上がり:A
・利便性:B
「満水位置の見にくさ」「ちょっと大きめ」などのマイナス点もあったものの、スチームの良さと仕上がりは文句ナシで1位に負けず劣らずです!


より詳しくおすすめのポイントを見てみましょう。

ポイント①全面からパワフルなスチームがたっぷり出る!
13製品中、最もスチーム穴の数が多かったのがティファール。プレスするとたっぷりの蒸気が上がります。先端部分のジェットスチームの勢いもよく、トリガーで操作するのもラクちんです。生地に素早く浸透して、気になるシワをみるみるとってくれました!
かけ面を見てみると、スチームの穴がいっぱい! 穴の数は13製品中ナンバーワンでした。


ポイント②十分な重みで力いらずでシワがとれます!
「大量にアイロンがけをするならこれくらいの重さがあると逆にかけやすいんです!」と正木さん。パワフルなスチームの効果でシワが伸び、ふっくら、というよりはアイロンの重さでパリッとした仕上がりになります。


サーモグラフィー測定による温度の変化はこちらです。
給電完了は最速だったものの、全体温度の上がり方はかなりゆっくりでした。

最新モデルは高いけど性能も確かティファール「FV9985J0」

2位にランクインしたティファールの最新モデルがこちら。

違いはかけ面の材質で温度が上がるほどスムーズにすべるティファール独自の「オートクリーンかけ面」が採用されています。今回2ヶ月の使用テストをしましたが「2位FV9980J0と使用実感はさほど変わらず」という結果でした。価格を比べながら、お好みでどうぞ。
ティファール
コードレス スチームアイロン
フリームーブ パワー
オートクリーン FV9985J0
実勢価格:1万2928円

記事3位BEST 気軽にアイロンがけできる 「カルル コンパクト NI-CL310」

3位はベストバイと同じカルルシリーズの中でもお手頃価格の「コンパクト NI-CL310」。ベストバイの「NI-WL704」と比べても引けを取らない使い勝手のよさを発揮しました。

スチームの質も滑りも良く、着心地よく仕上がるので気軽にアイロンがけしたい人におすすめしたいバランスのいい製品といえます。

必ず中心を持つようにつくられたグリップと、かけ面の中心に重心がくるようデザインされているため、軽めでありながら安定してかけやすいのもポイント。これで5000円台はかなりお買い得です!
パナソニック  
カルル コードレス
スチームアイロン 
コンパクト NI-CL310
実勢価格:5015円

本体の重さ:900g
起動時間:0分52秒
総合評価はこちらです。
・かけやすさ(山澤さん):B
・かけやすさ(正木さん):B
・スチーム:B
・仕上がり:B
・利便性:S
全体的に高評価となっていますが、実際に使い続けた正木さんによれば、給電台座にアイロンを少し戻しにくい点、給電ランプが手元の内側の方にあるため見えにくいといったマイナス点もみられました。



より詳しくポイントを見てみましょう。

ポイント①ふわっと軽いスチームが途切れず長く続く
かけている最中もスチームが出続け、粒子の細かさもなかなかです。持ちやすく重さも気にならないので、衣類をハンガーにかけて使うときも便利です。
スチーム穴は上半分寄りではあるものの多めなので、ハイパワーショットではかなりの量が出ます。


ポイント②グリップを生かしたコンパクトなケースで持ち運びやすい
ケース自体に取っ手はありませんが、グリップがそのまま取っ手となり運べるケースが便利です。「NI-WL704」と変わらない大きめの水タンクや、カーブがちょうど中心にくるグリップなど、機能的にも使いやすいです。


サーモグラフィー測定による温度の変化はこちらです。
やや下側のほうが温度が高くなりましたが、熱さに偏りがなく均一です。

記事4位 仕上がりも良く高コスパ! 「アイリスオーヤマ 」

これといって目立つ機能はありませんが、滑らかなかけ面、力を入れやすいグリップと、細かい部分もストレスなくかけられます。

正木さん「コード付きなので小回りは効きませんが、その分を軽さでカバーしているため動かしにくさはあまり感じません。仕上がりもいいですよ」。アイロンにお金も労力もかけたくない。だけど、仕上がりの良さは求めたいひとにおすすめといえる製品です。
アイリスオーヤマ  
スチームアイロン
コード付き SIR-01A
実勢価格:1680円

本体の重さ:870g
起動時間:1分03秒
総合評価はこちらです。
・かけやすさ(山澤さん):B
・かけやすさ(正木さん):A
・スチーム:B
・仕上がり:B
・利便性:C
価格以上の性能ではありますが、マイナス点を挙げるとすれば、給水タンクが外れない上に、付属の給水カップは3回入れないと満水にならないので準備がやや面倒な部分があり、そこは価格相応といえそうです。


より詳しくポイントを見てみましょう。
質の高いスチームが連続して出るため、多少小回りが利かなくてもかけ心地は悪くありません。
先端はかけやすい形状になっています。


サーモグラフィー測定による温度の変化はこちらです。
中央部分はかなり熱くなりましたが、端まではあまり温まりませんでした。

記事4位 細かい作業にもぴったり 東芝「美ラクル La・Coo」

東芝「美ラクル La・Coo TA-FV440」は、スチームの質は残念でしたが、超コンパクトで小回りが利くうえにほどよく重さもあって、きちんとかければしっかりシワが伸ばせます。

このコンパクトさについて正木さんは「今回検証したアイロンの中で一番先端が鋭角で細いので、裁縫などの細かい作業にも向いていそう。またケースに入れてもスリムなので収納場所を取りたくない人におすすめですね」とのことでした。
東芝  
美ラクル 
La・Coo TA-FV440
実勢価格:4320円
本体の重さ:900g
起動時間:1分09秒
※Amazonはブルーの商品ページに移動します
総合評価はこちらです。
・かけやすさ(山澤さん):B
・かけやすさ(正木さん):B
・スチーム:C
・仕上がり:B
・利便性:S
スチームはやや残念。その他、給水タンクは取り外し可能ですが、給水タンクの形状がセンターから左右に分かれて水が入っていく仕組みのため、左右でちょうどよく満水にする調整が難しかったです。
グリップは長めで持ちやすく、かけ面の後方がやや上向きに傾斜していて、後ろ向きにかけるときに力が逃げ、シワをつくりません。

ただ残念なのは、この後方部分でポイントプレスが出来るようになっているのですが、温度がこの部分まで上がらない点。あまりプレスとしては機能しないかもしれません。

後方部分の温度については、サーモグラフィーによる温度変化で見てとれます。
細い先端は温まっているものの、後方部分はまったく温まっていません。


かけ面はこちらです。
コンパクトですが全面にかけ面があります。また注目したいのはこの先端部分。ボタン周りのアイロンがけや裁縫などの細かい作業に適しています。

記事6位 かけ面が小さくかけにくい ティファール「FV5060JO」

ティファールならではのパワフルなスチームを想像するとその弱さにがっかりだった「FV5060JO」。小さくて見た目がおしゃれなのはいいのですが、軽すぎるため力を入れなくてはならないので、ガンコなシワを取るには疲れそうです。
ティファール  
フリームーブミニ FV5060JO
実勢価格:7640円

本体の重さ:880g
起動時間:0分54秒
総合評価はこちらです。
・かけやすさ(山澤さん):B
・かけやすさ(正木さん):B
・スチーム:C
・仕上がり:C
・利便性:B
かけ面は滑らかでかけやすさは合格点。ただ、7位の東芝と同じく、給水タンクが入れにくい点でマイナスになりました。

詳しく見てみましょう。
スチームが弱く、細かなシワがとりにくいだけでなく水がポタッと出てくるのは残念です。


かけ面はこちらです。
先端にもスチーム穴があるものの、期待外れのスチームでした。


サーモグラフィー測定による温度の変化はこちらです。
2位の「フリームーブパワー」と違って中心部分が熱めです。後方の温度は低めでした。

記事7位 パワーはあるけど大味 石崎電機製作所「男前アイロン」

業務用電熱機器のノウハウを活かしたパワーのあるアイロンがこちら。ただ、「ボディーが丸くぼてっとしているため、ボタンの間や縫い目などの細かい部分の作業がしづらいうえに、アイロンがけしている部分が目視しにくい」という評価でした。

スチームの量はたっぷりでパワフルなので、広い面は素早くシワが取れます。ただ質は粒子が粗いため、細かいところを繊細にアイロンがけするのは難しいかもしれません。
石崎電機製作所  
男前アイロン プラチナ SI-310LM
実勢価格:4880円

本体の重さ:1100g
起動時間:1分20秒
総合評価はこちらです。
・かけやすさ(山澤さん):C
・かけやすさ(正木さん):C
・スチーム:B
・仕上がり:C
・利便性:B
使っていてパワフルさは感じましたが、繊細なものをかけるには向かないかもしれません。

詳しく見てみましょう。
重さは感じませんが、ボディの横幅が広いため今どこをかけているのかがわかりにくいのが難点です。滑りもあまり良くありません。

かけ面はこちらです。
ボディ部分がかけ面からはみ出すほどの大きさです。


サーモグラフィー測定による温度の変化はこちらです。
温度は全体的に高めです。設定温度を「中」にしても、ほかと比べると高めの温度をキープしていました。

記事8位 他にない機能が豊富でも使用感や 仕上がりは残念な日立「CSI-307」

日立「コードレススチームアイロン CSI-307」は女性にはグリップが太すぎて、ムダに力を使います。また、スチームの質が悪く細かいシワが残り使用感・仕上がりともに残念な結果に……。

正木さんの評価によると「こちらの製品は全体的に機能重視の印象でした」。その理由は「温度操作がボタン操作で扱いやすく、液晶画面に温度が表示されてわかりやすい」「唯一、給電完了すると音で知らせてくれる」「給電スタンドは角度を3段階で変えられる」など、機能面は他製品と差別化されています。
日立(HITACHI):コードレススチームアイロン CSI-307:アイロン
日立(HITACHI)  
コードレススチームアイロン 
CSI-307
実勢価格:6558円
本体の重さ:940g
起動時間:1分00秒
総合評価はこちらです。
・かけやすさ(山澤さん):C
・かけやすさ(正木さん):B
・スチーム:C
・仕上がり:C
・利便性:B
仕上がりが悪く評価を下げましたが「個人的には機能性が充実していて好きなアイロンでした」と正木さん。ケースに入れると縦置きも可能なので収納スペースに合わせて置けるのも他製品にはないメリットといえます。

詳しく見てみましょう。
かけ面の温度が下がりやすいためか、スチームも十分な量が出ません。

かけ面はこちらです。
本体は大きいのに、それに比べて小さいかけ面です。


サーモグラフィー測定による温度の変化はこちらです。
全体的に温まりましたが、かけた後は30℃ほど低下してしまいました。

記事9位 カッコいいけど慣れが必要 DBK「ジ・アカデミック J80T」

レトロで重厚感があり、アイロンとしてはしっかりしているのですが、慣れやテクニックが必要なので残念ながら低い順位となったのがDBK「スチーム&ドライアイロン ジ・アカデミック J80T」です。

重さもあり、滑りも良く、パワーもある一方で、ボディーの割にグリップが小さめで、コードもフレキシブルとうたっているものの付いてる位置が動きの邪魔になってしまいます。
DBK:スチーム&ドライアイロン  ジ・アカデミック J80T:アイロン
DBK
スチーム&ドライアイロン 
ジ・アカデミック J80T
実勢価格:4949円
本体の重さ:1500g
起動時間:1分15秒
総合評価はこちらです。
・かけやすさ(山澤さん):C
・かけやすさ(正木さん):C
・スチーム:C
・仕上がり:B
・利便性:C
レトロな見た目がとてもおしゃれ。ですが見た目だけでは機能面をカバーしきれません。



詳しく見てみましょう。
給水口に蓋がないので、動かし方によっては給水口から熱湯がこぼれることが……。これはちょっと安全面で怖いです。ちなみに給水タンクは直接水を入れるタイプだが、窓が小さいので満水が分かりにいというデメリットもありました。


かけ面はこちらです。
ずんぐりな形は昔ながらといった印象です。


サーモグラフィー測定による温度の変化はこちらです。
特に中央部分の温度が高く、かけた後も大きな変化はありませんでした。

記事10位 アイロンがけが苦痛になる大きさ ニトリ「レーヌES2331」

アイリスオーヤマと似ていて、一見シンプルで使いやすそうでしたが、ボディが大きすぎて小回りが効きませんでした。スチームもアタック力は強力である一方、質としては粗めです。

またグリップに微妙に角度がついているので力をかけにくいく、プレスの感触がなく、シワも伸びませんでした。
ニトリ(NITORI) 
スチームアイロン
レーヌES2331
実勢価格:3045円
本体の重さ:920g
起動時間:0分50秒
総合評価はこちらです。
・かけやすさ(山澤さん):C
・かけやすさ(正木さん):B
・スチーム:C
・仕上がり:C
・利便性:C
3000円程度で買えるアイロンですが、性能や機能面をみると、コスパの良さは感じられません。

詳しく見てみましょう。
グリップは少し角度がついているため、かけ面と平行にならず動かしにくいです。

かけ面はこちらです。
一見高級感があるかけ面ですが、使い心地はいまいちです。


サーモグラフィー測定による温度の変化はこちらです。
中央部分だけ熱くなり、端の温度はなかなか上がりませんでした。

記事11位 そもそもシワが取れない! 山善「SI-1200K」

山善「コードレス スチームアイロンSI-1200K」は、後方についた充電部分が重みで、重心が後ろになってしまうため、かけるときに力が必要です。スチームも粗いのでなかなかシワが伸びず、シャツ1枚かけるのにとても時間がかかってしまいます。

また「給電台座の裏側の蓋の中にコードが収納されているのは非常に出し入れが面倒!」(正木さん)、「コードが巻き取りじゃないのは今どき見ないタイプ」(プロ)と、コードの仕舞いにくさに言及。これでは「コードレス」とはいえないかもしれません……。
山善(YAMAZEN):コードレス スチームアイロン SI-1200K:アイロン
山善(YAMAZEN)
コードレス スチームアイロン
SI-1200K
実勢価格:4023円
本体の重さ:1100g
起動時間:1分34秒
総合評価はこちらです。
・かけやすさ(山澤さん):D
・かけやすさ(正木さん):D
・スチーム:D
・仕上がり:D
・利便性:C
全体的に低い評価となった山善。手にした瞬間、バランスの悪さが分かるほどで、残念でした。

実際にアイロンをかけてみた結果は……。
重心が後ろに寄っていて、アンバランスのためかけにくい! シワも残ってしまいました。

もう少し詳しく見てみましょう。

①粗めのスチームで水がポタポタ出てくる!
アイロンを連続で使用すると、スチームにならず水のまま出てきてしまうことも……。ちゃんとしたスチームを出すにはこまめな給電が必要で、広い面をかけ終わる頃にはへとへと。タンクのフタがきっちり閉まらないのも微妙です。

②バッテリー部分が重くて、疲れてしまう!
後方の大きなバッテリーが重いわりに、かけ面が軽くて小さいためにバランスを取りにくく、前方に力を込める必要があります。さらに後方にかけると、大きなバッテリーで後ろが見づらくなり、余計なシワができてしまいます。

③かけにくい&スチームが悪くシワを伸ばしきれない!
バランスの悪さは、プロでも途中でやめたくなるほど! さらにはスチームも質が悪いという二重苦で、シワをとる、というより押さえただけという感じでハリがある仕上がりとはほど遠い結果になりました。

④巻き取り式のコードで、仕舞うのが面倒!
コードはスタンドの裏に収納するようになっていますが、ちゃんと閉めないと倒れてしまいます。これは最大のイライラポイントです!

サーモグラフィー測定による温度の変化はこちらです。
かける前は260℃近くあり、全体的に熱さを保っていました。

家電 【参考】濡れたままかけられる DBK「The DRY J77D」

DBK「The DRY J77D」は、その名の通りドライ専用のアイロンです。乾かす前にかけてしまえば、洗濯と同時にアイロンがけが終わります。

「霧吹きを使用してのアイロンがけが見直されてきている今、思い切ってドライアイロンを使ってみるのもありかも」(正木さん)

コンパクトながらしっかり温度があがり、滑りもいいのは、さすがドイツの電熱製品専門メーカーといった印象です。
DBK:ドライ専用アイロン The DRY J77D:アイロン
DBK
ドライ専用アイロン
The DRY J77D
実勢価格:2745円
620gと軽いのに、ぴったり吸い付きます。ただ生乾き状態の洋服でないとシワは伸びないので、その場合は霧吹きを使用する必要があります。
スチーム機能がないためコンパクト。これなら出しっぱなしでもインテリアとして映えそうです。ダイヤルもとってもカッコいい!
こちらがかけ面になります。スチーム機能が付いてないので真っ平ら。これがするする滑るポイントです。

家電 【まとめ】するする滑って ストレスなしのパナソニック

全13製品のランキングを一挙にご紹介しましたが、それぞれに性能の違いや特徴が違うことがおわかりいただけたかと思います。

ベストバイに輝いたのは、すべてにおいて文句なしのパナソニック「カルル コードレススチームアイロン NI-WL704」。

たっぷりのスチームとするする滑るかけ面で、生地を中からふっくら仕上げてくれ、アイロンがけが面倒! と思うポイントをすべて解消してくれるものでした。
パナソニック(Panasonic):カルル コードレススチームアイロン  NI-WL704:アイロン
パナソニック(Panasonic) 
カルル
コードレススチームアイロン 
NI-WL704
実勢価格:1万3560円
なかでもプロは「粒子の細かいスチームは生地に浸透しやすく、アイロンがけが憂うつという人もきっと楽しくなるはず!」とスチームの質を高く評価しました。

また、劇団の公演前は衣裳のアイロンがけで大わらわ! という正木さんも「これがあるだけでスピードアップできます」と太鼓判。

アイロンは実際に手に持って、かけてみなければ善し悪しは分かりにくいもの。ぜひこちらの結果を参考に自分にぴったりの一台を探してみてくださいね!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら