【2020年】キャットフードおすすめランキング16選|獣医師と猫が素材・鮮度にこだわったプレミアムフードを徹底検証
ランキング
2020年02月26日(水)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部

【2020年】キャットフードおすすめランキング16選|獣医師と猫が素材・鮮度にこだわったプレミアムフードを徹底検証

愛猫の健康を考えて、素材の品質や鮮度にこだわったプレミアムフードをキャットフードに選ぶ人が増えてきています。今回はそんなプレミアムフードの中でも、栄養バランスに優れ、たくさん食べてくれる製品を探すため、人気16製品を獣医師さんと猫の力を借りて徹底比較しました。テストの結果は、総合と3つのジャンル「グレインフリー」「大手メーカー」「その他」別にランキング形式で発表。今さら聞けないプレミアムフードの基本もあわせてご紹介します!

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。
獣医師
梅原孝三 氏
獣医師。「仙台プラム・アニマルクリニック」院長。ペット薬膳国際協会理事長。調理師免許、ペット栄養管理士の資格を持ち、犬やネコの食事療法に造詣が深い。

本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『ネコDK』vol.4(2019年9月発行)掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ペット 話題の猫用プレミアムフード 本当に実力のある製品はどれ?

「できるだけ良いものを食べさせたい」との思いから、愛猫のキャットフードとして、プレミアムフードを買い求める人が増えています。

質と嗜好性の高さを考えて作られているプレミアムフードは種類も多く、比較的、高価格帯な製品がほとんどです。
現在日本に流通しているプレミアムフードは優に100製品以上あり、その大半は海外メーカーが製造した輸入品です。しかし、製品によって原材料や成分バランスなどが異なることから、どんな製品を選んでいいのかわかりかねます。

そこで今回は、比較的有名で人気のあるプレミアムフードの中から16製品を厳選し、原料から栄養バランス、嗜好性、コスパまで徹底検証を敢行。「質」「食い付きの良さ」「コスパ」のトータルバランスがすぐれたフードを探しました。

ペット 味・質がいいとは限らない! プレミアムフードの3つの基本

ズバリ、「プレミアムフード=良質」とは限らないということをご存知でしたか? テストの前にまずは、知っているようで知らないプレミアムフードの3つの基本をご紹介します。

Q.普通のキャットフードより健康にいい? A.いいえ。猫によっては合わないことも

「プレミアムフード」といっても、基準や審査があるわけではありません。質が保証されたものではないことを知っておきましょう。

プレミアムフードは原材料を厳選していると思われますが、キャットフードは栄養バランスや嗜好性も非常に重要。その猫にとって特定の栄養素が過剰なら、病気や肥満のリスクが高まることもあります。

また、好みの味でない場合、猫は我慢して食べたり、食事量が減ってしまう可能性も。自分の猫の健康状態や好みに適したフードを選ぶことが大切です。

Q.普通のフードとどこが違うの? A.肉や魚が主原料でたんぱく質&脂質多め

一般的なフードの成分は…?

※編集部調べ(すべて成猫用のフードで算出)

一般的なフードはトウモロコシや小麦、米といった穀物を第1原料にすることが多く、肉や魚に比べてコストがかかりません。

プレミアムフードの成分は…?

※編集部調べ(すべて成猫用のフードで算出)

プレミアムフードの多くは肉や魚が第1原料。猫は完全な肉食動物であることからプレミアムフードはこの点を考慮し、コストの高い肉や魚を多く使用しています。

成分を比べてみてもその違いがわかります。肉や魚が主原料のプレミアムフードは、たんぱく質と脂質が一般的なフードより5%高くなっています。それ以外の成分は大差がありません。

Q.何に注意して選べばいい? A.メーカーと保証成分を確認しましょう

プレミアムフードに限らず、キャットフードは信頼できるメーカーの商品を購入しましょう。まずは商品やホームページなどをチェックし、そのメーカーがキャットフードの研究に力を入れているか、問題のある表示をしていないか確認してみるといいでしょう。

そのうえでキャットフードの成分を確認し、自分の猫の健康状態に合っているか確かめることが大切です。
栄養バランスが猫の健康状態に合っているかどうかは、パッケージの裏に記載された「栄養成分」からある程度読み取ることができます。

たとえば高齢の猫なら腎機能が低下している傾向にあるため、パッケージに表示されているたんぱく質の割合は40%以内が無難と言われています。また、「無添加」「新鮮」「ナチュラル」といった表記は、加工されている総合栄養食にふさわしくないと言えるでしょう。

梅原孝三 氏 獣医師
梅原孝三 氏のコメント

過剰な栄養は病気のリスクを高めます。
キャットフードは、栄養バランスや嗜好性も非常に重要で、これらは一般的なキャットフードよりプレミアムフードのほうが優れているわけではありません。「プレミアムフード=良質」と考えず、愛猫に合った栄養バランスや味なのか、十分にチェックすることが大切です。

プレミアムフードの3つの基本を学んだところで、本題であるテストを行いたいと思います。

ペット 人気プレミアムフード16製品の 質などをテストしてNO.1を決定

今回のテストでは、ネットや専門店、ホームセンターやペットショップなどで購入できる人気の16製品を厳選。大手ペットフードメーカーが販売するプレミアムフードでとくに人気の「ニュートロ」「ロイヤルカナン」、ネット通販限定で話題の「ジャガー」「モグニャン」といった製品も検証しました。

テストしたのは、下記の3項目です。

テスト項目1:質(50点満点)

フードのパッケージに記載されている成分や原材料を、獣医師がチェック。獣医師の視点から、健康な成猫に適した栄養バランスだったり好ましい原材料を使用している場合は加点。逆に栄養バランスや原材料などに問題がある場合は、減点となります。

テスト項目2:食い付きの良さ(30点満点)

「おいしさ」の目安として、ネコカフェ「きゃりこ武蔵野店」の16匹の猫の食い付きの良さを調べました。毎食4種類・各25gのフードを与え、残量を計測。食べられた量が多いほど高得点になります。

テスト項目3:コスパ(20点満点)

商品によって価格は大きく異なりますが、高すぎるフードは経済的負担が大きいです。そこで、フードごとに10gあたりの価格を算出。コスパが良いフードの得点を高くしました。

テストの結果は全16製品の総合1位~5位のランキングと、「グレインフリー」、「大手メーカー」、「その他」の3つのジャンル別に、評価の高かった製品から順に発表します。

まずは総合1位~5位を発表します!

ペット まずは総合ランキングから発表 1位から5位はコチラの製品でした

記事1位BEST [総合1位]カナガン チキン 質と嗜好性を両立した上質フード

レティシアン
カナガン チキン
実勢価格:3960円

内容量:1500g
生産国:イギリス
猫が食べた量:202g/400g
コスパ:28.5円(10gあたり)
カロリー:390kcal(100gあたり)
見事総合1位に輝いたのは、レティシアン カナガン チキンです。チキンが6割以上を占めるグレインフリーフード(穀物不使用)で、不安な原材料はゼロで、栄養バランスも問題ナシ。そのうえ猫が食べた量は総合2位。まさに高い質と嗜好性を両立させたプレミアムな一品です。
▼テスト結果
質       49/50点 1位
食い付きの良さ 29/30点 2位
価格      8/20点 7位
合計 86/100点 総合1位
価格こそ8点と低評価ではありますが、質と食い付きの良さはほぼ満点のトップクラス。どちらも首位争いに君臨し、総合では見事1位を獲得しました。

梅原孝三 氏 獣医師
梅原孝三 氏のコメント

加点要素がとても多いフードです。

記事2位BEST [総合2位]モグニャン 魚メインの原材料で食い付きよし

レティシアン
モグニャン
実勢価格:4276円

内容量:1500g
生産国:イギリス
猫が食べた量:164g/400g
コスパ:28.5円(10gあたり)
カロリー:365kcal(100gあたり)
総合2位はレティシアン モグニャン。魚メインの原材料にこだわったフードで約6割は白身魚。バナナやリンゴといった果実類、亜麻仁やタンポポなどのハーブ類も使用。質に関しては減点ゼロです。
▼テスト結果
質       49/50点 1位
食い付きの良さ 22/30点 4位
価格      8/20点 7位
合計 79/100点 総合2位
質は堂々1位、食い付きの良さも4位、価格もやや高めながら7位でした。

記事2位BEST [総合2位]ロイヤルカナン 質、嗜好性、価格のバランスが◎

ロイヤルカナン ジャポン
ロイヤルカナン
FHN 室内で生活する成猫用 インドア
実勢価格:536円

内容量:400g
生産国:フランス
猫が食べた量:205g/400g
コスパ:13.4円(10gあたり)
カロリー:375kcal(100gあたり)
同じく総合2位はロイヤルカナン FHN 室内で生活する成猫用 インドア。とくに多く使われているのは、鶏と七面鳥。粒は比較的大きめで、三角の形状なのが特徴。非常に嗜好性が高く、このフードばかり食べる猫もいました。
▼テスト結果
質       32/50点 12位
食い付きの良さ 30/30点 1位
価格      17/20点 1位
合計 79/100点 総合2位
食い付きの良さと価格は文句なしの1位。質が思ったよりも低かったですが、総合では2位とうまくまとまっています。

記事4位 [総合4位]シンプリー サーモンを始めとした魚が豊富

レティシアン
シンプリー
アダルト キャット サーモン
実勢価格:4276円

内容量:1500g
生産国:イギリス
猫が食べた量:143g/400g
コスパ:28.5円(10gあたり)
カロリー:380kcal(100gあたり)
総合4位はレティシアン シンプリー アダルト キャット サーモン。サーモン、ニシン、マスなどのほか、サーモンスープやサーモンオイルなど魚をふんだんに使用。問題のある添加物はゼロで、猫の食いつきも○。
▼テスト結果
質       49/50点 1位
食い付きの良さ 17/30点 5位
価格      8/20点 7位
合計 74/100点 総合4位
質は1位と評価が高く、食い付きの良さが5位、価格が7位で総合4位でした。

記事5位 [総合5位]ジャガー 果実類や野菜も豊富で質は文句なし

レティシアン
ジャガー
実勢価格:4276円

内容量:1500g
生産国:イギリス
猫が食べた量:134g/400g
コスパ:28.5円(10gあたり)
カロリー:383kcal(100gあたり)
総合5位はレティシアン ジャガー。たんぱく質が豊富な原材料を使用し、果実類や野菜も豊富です。好き嫌いはやや別れたようですが、質は文句ありません。
▼テスト結果
質       48/50点 4位
食い付きの良さ 16/30点 7位
価格      8/20点 7位
合計 72/100点 総合5位
不安な添加物がなく、質に関しては文句ナシ。食い付きの良さと価格はともに7位でしたが、総合では5位にランクインしました。

ペット 穀物不使用で肉や魚が主体の 「グレインフリー」ランキング発表

穀物不使用で肉か魚を第1原料としたグレインフリーフードは、猫本来の食性に近いといえます。穀物アレルギーを防ぐメリットもありますが、猫によっては腎臓に負担がかかったり、穀物入りのフードより割高といったデメリットも。これを知ったうえで、与えてあげましょう。

それでは、グレインフリーのランキングを発表します。

記事1位BEST [グレインフリー1位]カナガン 質とおいしさを兼ね備えた逸品

レティシアン
カナガン チキン
実勢価格:4276円

内容量:1500g
生産国:イギリス
猫が食べた量:202g/400g
コスパ:28.5円(10gあたり)
カロリー:390kcal(100gあたり)
グレインフリー1位はレティシアン カナガン チキン。問題のある原材料はゼロ。肉や卵、油脂類などの使用割合も記載されていて、質に関しては最高峰! この手のフードは嗜好性が低い傾向にありますが、猫たちから人気を集めていました。
▼テスト結果
質       49/50点
食い付きの良さ 29/30点
価格      8/20点
合計 86/00点
質、食い付きの良さがともに高評価! 価格が低かったのがやや残念でしたが、総合では1位に。

記事2位BEST [グレインフリー2位]モグニャン 香ばしくて食いつきは上々!

レティシアン
モグニャン
実勢価格:4276円

内容量:1500g
生産国:イギリス
猫が食べた量:164g/400g
コスパ:28.5円(10gあたり)
カロリー:365kcal(100gあたり)
2位はレティシアン モグニャン。魚メインのフード。プレミアムフードのなかでは比較的たんぱく質が少なめですが、成分や原材料で不安な点はありません。粒は小さめで、人間が嗅いでも香ばしさを感じます。猫の食いつきは上々!
▼テスト結果
質       49/50点
食い付きの良さ 22/30点
価格      8/20点
合計 79/00点
質は見事に1位、食い付きの良さも上々でしたが、こちらも価格がやや高めでした。

記事3位BEST [グレインフリー3位]シンプリー 魚とハーブ類をふんだんに使用

レティシアン
シンプリー
アダルト キャット サーモン
実勢価格:4276円

内容量:1500g
生産国:イギリス
猫が食べた量:143g/400g
コスパ:28.5円(10gあたり)
カロリー:380kcal(100gあたり)
 3位はレティシアン シンプリー アダルト キャット サーモン。サーモン、白身魚、マスなど魚をふんだんに使用。カモミールを始めとしたハーブ類が豊富なのも特徴です。質は◎ですが、1500g入りなのに小分けされていたり、袋にジッパーが付いていないのは残念。
▼テスト結果
質       49/50点
食い付きの良さ 17/30点
価格      8/20点
合計 74/00点
質はトップクラスの49点。食い付きの良さが17点と平均以上でも、価格の高さが響きました。

記事4位 [グレインフリー4位]ジャガー たんぱく質が豊富な原材料を使用

レティシアン
ジャガー
実勢価格:4276円

内容量:1500g
生産国:イギリス
猫が食べた量:134g/400g
コスパ:28.5円(10gあたり)
カロリー:383kcal(100gあたり)
4位はレティシアン ジャガー。チキン、鴨肉、サーモン、マス、卵といったたんぱく質が豊富な原材料を80%以上使用。不安な添加物がなく、質に関しては文句ナシ。嗜好性は平均的で、猫によって食いつきにかなり差が出るようです。
▼テスト結果
質       48/50点
食い付きの良さ 16/30点
価格      8/20点
合計 72/00点
質が48点ともっとも高く、食い付きの良さは平均以上の16点でした。

記事5位 [グレインフリー5位]ウェルネス 体重が気になる猫にオススメ

ウェルペット・ジャパン
ウェルネス
穀物不使用 室内猫用(1歳以上)サーモン
実勢価格:1253円

内容量:400g
生産国:アメリカ
猫が食べた量:113g/400g
コスパ:31.3円(10gあたり)
カロリー:343kcal(100gあたり)
5位はウェルペット・ジャパン ウェルネス 穀物不使用 室内猫用(1歳以上)サーモン。グルコサミンやコンドロイチン、ラクトバチルスなど健康効果の期待できる原材料が豊富。低脂肪でカロリー控えめなので、体重が気になる猫にもオススメですが、もう少し嗜好性が高いとなお良し。
▼テスト結果
質       47/50点
食い付きの良さ 11/30点
価格      7/20点
合計 65/00点
質はトップクラスの47点。食い付きの良さが11点とイマイチでした。

記事6位 [グレインフリー6位]ハロー 低カロリーでドーナツ状の粒が特徴

ベッツ・チョイス・ジャパン
ハロー
アダルト カロリーオフ ヘルシーサーモン
実勢価格:1404円

内容量:400g
生産国:アメリカ
猫が食べた量:100g/400g
コスパ:35.1円10gあたり)
カロリー:408kcal(100gあたり)
6位はベッツ・チョイス・ジャパン ハロー アダルト カロリーオフ ヘルシーサーモン。ドーナツのごとく丸くて穴の開いた粒が特徴的。比較的カロリーが高めですが、目安の給餌量も少なめになっています。第1原料は猫が好むサーモンでも人気はイマイチで、まったく食べない猫も……。
▼テスト結果
質       47/50点
食い付きの良さ 9/30点
価格      5/20点
合計 61/00点
質はまったく問題なく、47点と高評価でした。しかし、食いつきがよくなく食い付きの良さが9点と低かったです。人気が低いのはカロリーオフだからでしょうか。

記事7位 [グレインフリー7位]オリジン 90%近くが肉と魚で香りが強い

オリジンジャパン
オリジン
レジオナル レッド
実勢価格:1312円

内容量:340g
生産国:アメリカ
猫が食べた量:123g/400g
コスパ:38.5円(10gあたり)
カロリー:406kcal(100gあたり)
7位はオリジンジャパン オリジン レジオナル レッド。原材料の多くに「新鮮」と記載し、質の高さをアピール。しかしビタミンやミネラルの情報が不明瞭で、「天然豚肉風味」というナゾの原料も。フードの香りは強めですが、夢中で食べる猫はいませんでした。
▼テスト結果
質       43/50点
食い付きの良さ 13/30点
価格      3/20点
合計 59/00点
質は43点と高かったですが、食い付きの良さが平均以下で残念。加えて、価格の評価が3点と低すぎたのが影響しました。

記事8位 [グレインフリー8位]ヤラー 添加物ゼロで値段に合った質

イシイ
ヤラー 
グレインフリー
フィッシュ&チキン
実勢価格:3312円

内容量:800g
生産国:オランダ
猫が食べた量:90g/400g
コスパ: 41.4円(10gあたり)
カロリー:344kcal(100gあたり)
8位はイシイ ヤラー グレインフリー フィッシュ&チキン。オランダ発のプレミアムフードです。10gあたり約41円と、今回テストしたフードのなかでは最高値! チキンを主原料にし、問題のある添加物はゼロ。値段に見合った質と言えます。ただし、猫からの人気は控えめでした……。
▼テスト結果
質       47/50点
食い付きの良さ 7/30点
価格      2/20点
合計 56/00点
質は47点と高めですが、食い付きの良さが伴わず7点という低評価に。極め付けは価格の高さが2点と、正直高すぎます。

ペット 信頼性の高さとお手頃価格が魅力 「大手メーカー」ランキング発表

ペットフードの世界シェアが高い「マース」「ロイヤルカナン」「ヒルズ」「ネスレ」。この4社の手がけるプレミアムフードの実力をランキングにしました。それでは、どうぞ!

記事1位BEST [大手メーカー1位]ロイヤルカナン バランスが良くて食い付きの良し!

ロイヤルカナン ジャポン
ロイヤルカナン
FHN 室内で生活する成猫用 インドア
実勢価格:536円

内容量:400g
生産国:フランス
猫が食べた量:205g/400g
コスパ:13.4円(10gあたり)
カロリー:375kcal(100gあたり)
大手メーカー1位はロイヤルカナン FHN 室内で生活する成猫用 インドア。知名度と人気はトップクラス。今回のテストでは、もっとも猫たちに食べられ、食い付きの良さ評価で満点を獲得しました。合成酸化防止剤の使用はマイナスですが、総合的にはバランスの良いプレミアムフードです。
▼テスト結果
質       32/50点
食い付きの良さ 30/30点
価格      17/20点
合計 79/00点
質と食い付きの良さが伴っていて、どちらも評価が高かったです。価格もさほど高くはなく、17点と健闘しました。

記事2位BEST [大手メーカー2位]ネスレ 標準的な質のプレミアムフード

ネスレ ピュリナ ペットケア
プロプラン
成猫用 サーモン
実勢価格:2180円

内容量:1300g
生産国:オーストラリア
猫が食べた量:130g/400g
コスパ:16.7円(10gあたり)
カロリー:359kcal(100gあたり)
2位はネスレ ピュリナ ペットケアプロプラン 成猫用 サーモン。ネスレが手がける最上位のキャットフード。第1原料がたんぱく質豊富なサーモンなのは高評価。ただ、ピロリン酸ナトリウムなど不安な原材料も。フードの香りが比較的強く、好んで食べる猫もいました。
▼テスト結果
質       3250点
食い付きの良さ 15/30点
価格      15/20点
合計 62/00点
質は32点と申し分ありませんでしたが、食い付きの良さが15点と期待以下でした。

記事3位BEST [大手メーカー3位]マース メーカー最大手の人気フード

マース ジャパン
ニュートロ ナチュラルチョイス
室内猫用 アダルト チキン
実勢価格:880円

内容量:500g
生産国:アメリカ
猫が食べた量:97g/400g
コスパ: 17.6円(10gあたり)
カロリー:360kcal(100gあたり)
3位はマース ジャパン ニュートロ ナチュラルチョイス 室内猫用 アダルト チキン。世界最大手のペットフードメーカーが販売するプレミアムフード。主原料はチキンで、皮膚や被毛を健康に保つ効果のある亜麻仁なども使用しています。
▼テスト結果
質       37/50点
食い付きの良さ 8/30点
価格      14/20点
合計 59/00点
37点と質が高かったですが、食い付きの良さが8点。総合点は食い付きの低さが影響して伸び悩みました。

記事4位 [大手メーカー4位]日本ヒルズ 活力維持がコンセプトもやや不人気

日本ヒルズ・コルゲート
サイエンス・ダイエット プロ
健康ガード 活力
実勢価格:2080円

内容量:1500g
生産国:アメリカ
猫が食べた量:80g/400g
コスパ: 13.8円(10gあたり)
カロリー:404kcal(100gあたり)
4位は日本ヒルズ・コルゲート サイエンス・ダイエット プロ 健康ガード 活力。推奨する獣医師も多い「サイエンス・ダイエット」の上位版。不安な原材料も加点対象の原材料もゼロ! 味の専門家が猫の味覚を分析して開発したとのことですが、今回のテストでは不人気でした。
▼テスト結果
質       25/50点
食い付きの良さ 5/30点
価格      16/20点
合計 46/00点
質は悪くなく25点でしたが、猫の食いつきからして、食い付きの悪さが目立ちました。価格も16点とそこそこでした。

ペット フードの粒や原材料が特徴的な 「その他」ランキング発表

カツオ節を使用したり、栄養素の異なる2種類の粒をミックスさせたりと、ほかのプレミアムフードでは見られない特徴を持った4商品をテスト。いったい、どんなランキングになったのでしょうか。

記事1位BEST [その他1位]ねこはぐ 猫の好きなカツオ節が豊富

bestbuy
ペットハグ
ねこはぐ
実勢価格:4298円

内容量:1500g
生産国:日本
猫が食べた量:174g/400g
コスパ:28.6円(10gあたり)
カロリー:383kcal(100gあたり)

※2019年12月で販売終了になっています。
その他1位はペットハグ ねこはぐ。ほかのフードと香りがかなり異なる理由は、カツオ節。原材料のなかで3番目に多く使われていて、人間も食べたくなる香ばしさ。総合的な質は悪くありませんが、炭水化物が40%程度もあるのは減点となりました。
▼テスト結果
質       31/50点
食い付きの良さ 24/30点
価格      8/20点
合計 63/00点
炭水化物がかなり多くて質は31点と平均以上でした。また、カツオ節の多さから食い付きも良く24点。価格がかなり低かったのが惜しかったです。

記事2位BEST [その他2位]ブルー 原料や粒が特徴的でアメリカで人気

ブルーバッファロー・ジャパン
ブルー
ライフプロテクション・フォーミュラ
室内飼い成猫用 サーモン&玄米レシピ
実勢価格:1102円

内容量:400g
生産国:アメリカ
猫が食べた量:138g/400g
コスパ:27.5円(10gあたり)
カロリー:364kcal(100gあたり)
2位はブルーバッファロー・ジャパン ブルー ライフプロテクション・フォーミュラ 室内飼い成猫用 サーモン&玄米レシピ。サーモンを主原料にし、穀物、野菜、果実などさまざまな原材料を配合。味と栄養素の異なる2種類の粒をミックスしています。
▼テスト結果
質       37/50点
食い付きの良さ 16/30点
価格      9/20点
合計 62/00点
質は高めですが、今回のテストでは平均的な摂取量で食い付きの良さは16点でした。

記事3位BEST [その他3位]ファインペッツ カロリーが高く食いつきもイマイチ

エヴリワンズ
ファインペッツ・キャットフード
全年齢・全猫種用
実勢価格:3704円

内容量:1500g
生産国:オランダ
猫が食べた量:114g/400g
コスパ:24.6円(10gあたり)
カロリー:427kcal(100gあたり)
3位はエヴリワンズ ファインペッツ・キャットフード 全年齢・全猫種用。キャットフードでは珍しいアヒルの肉が主原料。かなりカロリーが高いため、与えすぎないよう要注意。安全性の高さをアピールしていますが、パッケージに水分割合を表示していないという不明瞭な一面も。
▼テスト結果
質       34/50点
食い付きの良さ 12/30点
価格      11/20点
合計 57/00点
原料としては珍しいアヒルの肉だからか、食い付きがイマイチで猫ウケは良くありませんでした。カロリーは高めですが、質は悪くありません。

記事4位 [その他4位]ナチュラルバランス 歴史あるフードでも嗜好性は低め

ナチュラル バランス ペットフード 
ナチュラルバランス 
ウルトラプレミアム インドアキャット フォーミュラ
実勢価格:2047円

内容量:1000g
生産国:アメリカ
猫が食べた量:90g/400g
コスパ:20.4円(10gあたり)
カロリー:357kcal(100gあたり)
4位はナチュラル バランス ペットフード ナチュラルバランス ウルトラプレミアム インドアキャット フォーミュラ。体重管理用のフードではないのに、カロリーも目安の給与量も低いのが少し気になります。原材料は肉類、玄米、魚類、果実、ハーブなど種類が豊富。嗜好性は低めで、ほとんど口にしない猫も……。
▼テスト結果
質       29/50点
食い付きの良さ 7/30点
価格      13/20点
合計 49/00点
質はそこそこで悪くなかったものの、食い付きの悪く7点と目立ちました。価格は問題ありません。

以上、猫用プレミアムフードランキング16選でした。

今回の調査での総合1位はレティシアン カナガン チキンでした。今回協力してくれた16匹の猫が食べた量はグレインフリーの方が多かったのですが、嗜好性はネコそれぞれ。愛猫の健康状態や好みによって選んであげてくださいね。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら