芯が折れにくいシャープペンおすすめランキング11選|テストするモノ批評誌『MONOQLO』が人気製品を徹底比較![2020年最新版]
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部

芯が折れにくいシャープペンおすすめランキング11選|テストするモノ批評誌『MONOQLO』が人気製品を徹底比較![2020年最新版]

全200本の筆記具をテストして、最強の筆記具を決める「P-1グランプリ」をここに開催! 勉強に仕事に大活躍のシャープペンですが、芯が折れやすいのが難点でした。しかし、最近では芯が折れにくい製品も出てきています。この記事では「芯が折れにくいシャープペンランキング」を発表します!

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
LDK編集部 編集長
小島
テストするモノ批評誌『MONOQLO』の編集長を経て、『LDK』の別冊・ムックの編集長。ベビー用品、日用雑貨、健康系などが専門。

文房具 国内外のメーカーや100均などから 筆記具200本を集めて調べました!

学校や職場、趣味など、日常生活で欠かせないのが「ペン」です。鉛筆にシャーペン、ボールペン、マーカーペン、筆ペンなど、市場に溢れる数多のペンには、それぞれ機能も個性もありますが、もっとその凄さや違いを知ってみたくはありませんか?

そこで「芯が折れにくいシャーペン」「文字が消せるボールペン」「どこにでも書けるサインペン」など、使うシーンに合わせて全200本(!)の筆記具をテストし、最強の筆記具を決めるという……「P-1グランプリ」をここに開催します!
この企画では、「書きやすさ」「文字の美しさ」「デザイン性」「機能性」ほか10個のチェック項目を設定し、筆記具の種類ごとに適した項目を評価しました。

テストしたのは、国内外の有名メーカーからプライベートブランド、100均の商品まで全200本。それを書道家やボールペンライターなど、文字や文房具のプロに採点してもらいました。

この記事は、その中で「芯が折れにくいシャーペン」部門の結果を発表します!

文房具 芯の折れにくさ・書きやすさ・ デザイン性などを識者がテスト!

筆圧が強い人は、気を付けていてもシャープペンの芯をポキポキと折ってしまいがちではありませんか? そんな人に向けて、「芯が折れにくい」をメインテーマに、プラチナ万年筆やゼブラなど、国内ブランドを中心に全11製品をテストしました!

評価項目は「芯の折れにくさ」「書きやすさ」「持ちやすさ」「デザイン性」の4つ。文房具のプロおよび文字を書くプロが実際に試し書きをして、高評価だったのはどの商品でしょうか?

▼採点に協力いただいたプロはコチラのみなさん
写真左:かわくぼみちこさん
書道家
おんせん県おおいた課などの揮毫や企業とのコラボレーション、雑誌掲載やギャラリー主宰など幅広く活動中

写真右:納富廉邦さん
ボールペンライター
雑誌、書籍、ネットなどさまざまな媒体で、文具などのグッズ選びや、今オススメのモノについて執筆している
my MOJI代表・萩原季実子さんと受講者のみなさん
東京・渋谷のペン字筆ペン教室「myMOJI」
代表・講師である萩原季実子さん(中央)は「誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳」(アスコム)を執筆

ベストバイに輝いたのは、「高価だけど、これを買っておけば間違いない」とプロも太鼓判を押したプラチナ万年筆の製品でした。

記事1位BEST 選べる筆記感が嬉しい! プラチナ万年筆のプロユース

プラチナ万年筆:PRO-USE 171:筆記用具
プラチナ万年筆
PRO-USE 171(0.9mm芯)
実勢価格:1488円
第1位に選ばれたのは、プラチナ万年筆の「PRO-USE 171(0.9mm芯)」でした! ペン先が見やすいうえに、重心が低くて紙の上で滑りにくい製図用ペンの長所に、芯が折れにくい機能まで備わっている点が高評価につながりました。
書きやすさ、デザイン性は堂々の満点。折れにくさや持ちやすさの評価も高く、2位のシャープペンとは1.5点もの差がつきました。

集中したい場面では、書き味、持ちやすさ、折れにくさも重要ですよね。資格試験や受験など重要な場面で活躍してくれます!
先端を回すと、折れない機能のオンオフを切り替えられます。
繊細な書き心地と、安定した書き心地の切り替えも可能です。さらに、芯パイプの長さも調節が可能。芯の太さも0.3mmから0.9mmまでそろっています。

my MOJI受講者 加藤さん(仮名)
「芯が太いのでより強度があります」

これなら、会議中や講義中の大事なメモも集中して取り続けらえれますね。続いて、ほかの製品の評価もご覧ください。

記事2位BEST 約9グラムの軽さが魅力! オ・レーヌ プラス

プラチナ万年筆:オ・レーヌ プラス シャープペンシル:筆記用具
プラチナ万年筆
オ・レーヌ プラス シャープペンシル
実勢価格:397円
書きやすさ:9.5点
持ちやすさ:9点
折れにくさ:9.5点
デザイン性:9点
合計:37点

第1位と同じブランドのプラチナ万年筆「オ・レーヌ プラス シャープペンシル」が第2位でした。約9グラムの軽さと、スリムなデザインが魅力です。軽いので持ち手への負担も少なく、長時間書き続けるときに最適!
こんなに軽くてスリムなのに、強い筆圧をかけても本当に折れません。衝撃を吸収してくれるので、床に落とすことがあっても安心です。お値段も手頃!

ですが、100円ショップにも折れにくいシャーペンを発見しましたので、その実力をご覧ください。

記事11位 折れにくい機能はあるものの デザインが物足りなかった1本

惜しくも11位という評価となりましたが、キャンドゥで見つけたこちらのシャーペンも「芯が引っ込む」ことで折れにくくしています。
キャンドゥ:芯が折れにくいシャープペンシル:筆記用具
キャンドゥ
芯が折れにくいシャープペンシル
実勢価格:108円
書きやすさ:8点
持ちやすさ:7.5点
折れにくさ:8点
デザイン性:7.5点
合計:31点

筆記中に強い力を加えると、芯が引っ込む機能がついています。しかし、他の製品に比べて書きやすさや持ちやすさ、折れにくさは一歩及ばず。

シンプルなデザインなので、事務用や試験会場で柄なしのシャーペンを探している人には良いかもしれません。

文房具 芯の折れない機能に加え 別の機能やデザインが魅力に

合計11本のランキング詳細がこちらです!

ご紹介した上位2製品は、どのテスト項目でも9以上の高得点を記録しました。とくに第1位のPRO-USE 171は、ほとんどの識者が推すほどの実力でした。製図用のかっこいいデザインに加え、書き味の切り替え機能も高評価の一因です。

とはいえ、プラチナ万年筆製品以外も、特定の項目によっては大健闘。三菱鉛筆のアドバンス0.5やゼブラのデルガード タイプ ERなどは、肝心の折れにくさの項目で満点を叩き出しました。


ぜひ、今回のテスト結果を参考に、自分に合った「芯が折れにくい」シャープペンを見つけてみてください。引き続き、最強の筆記具を決める「P-1グランプリ」の結果をご紹介していきます!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事