Amazon「激安ストロボ」で失敗しない買いの目印はココででした
安くて良いモノ
阿部 淳平
阿部 淳平/Test by 家電批評編集部
公開日: 2018年07月16日

Amazon「激安ストロボ」で失敗しない買いの目印はココででした

一眼カメラの実質必需品的なストロボですが、純正のストロボは安くても2~3万以上する高額品です。本体やレンズを揃える必要があるのにそこまでは正直キツイという人もいるはず。そこで注目したいのが、アマゾンで見かける5000円以下の激安ストロボ。今回はそんななかから失敗のないストロボ選びのポイントを紹介します。

カメラ 激安ストロボなら 買いの目印は「TTL」でした!

一眼カメラは確かに高画質ですが、暗い場所ではたとえフルサイズカメラでも画質は低下してしまいます。きれいに撮りたいのなら、ストロボ(フラッシュ)は必需品。でも、キヤノンやニコンの純正ストロボはちょっとお値段が張りますよね。

そこで、アマゾンで売られている格安ストロボが大人気なのですが、ベストセラーを買うのはちょっと待った! 初めてのストロボなら、最低でも「TTL」対応を選んでください。そうじゃないと、自分でストロボの発光量をコントロールしなければいけないので、ちょっと難しいです。

この緑の画面の左上にある「TTL」という表示がその印です。
TTL対応であれば、ストロボがシーンに応じて自動で発光量を調節してくれます。つまり、初心者でも扱いやすいのです。

カメラ アマゾン5000円以下で TTL対応なのはコレだけです

Neewer:NW-562:ストロボ
Neewer
NW-562 
購入価格:4899円
フラッシュ時間:1/200-1/20000秒 
対応カメラ:キヤノン用とニコン用は別売
どれだけ強い光を放てるかの目安となるガイドナンバーは58。中級機クラスの大光量です。また、人物や商品撮影の基本中の基本、天井に向けてストロボを照射し、反射させて光を拡散させるバウンス撮影も可能です。

カメラ その他に5000円以下で TTL対応はありませんでした

アマゾンで5000円以下のストロボをざっと集めてみましたが、TTL対応モデルは先ほどご紹介した「NW-562」のみ。以下にご紹介する3台はどれも2千~3千円台と手頃なお値段ですが、残念ながらTTL対応ではありません。

◎NEEWER TT560 
NEEWER:TT560:ストロボ
NEEWER
TT560
購入価格:3199円

ガイドナンバー38。シンプルな機能と構造です。アマゾンではベストセラーになっていますがTTL対応なし。
◎Powerextra DF-400 
Powerextra:DF-400:ストロボ
Powerextra
DF-400
購入価格:2799円→2239円
★プライムデーセール対象商品

3000円を切る価格とコンパクトなサイズが強みです。TTL対応なし。
◎FOSITAN T670 
FOSITAN:T670:ストロボ
FOSITAN
T670
購入価格:3799円

カラーフィルターや巾着袋など付属品が充実しています。TTL対応なし。
以上、格安ストロボの選び方でした。安さでいえば他にもありますが、ビギナーは「TTL対応」を選んでおくと使うとときに便利ですよ。ぜひご参考にしてください。
the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事