夢の“ベンツ”が月々3万円以下!? 年収300万円から始めるメルセデス購入シミュレーション
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2018年06月26日

夢の“ベンツ”が月々3万円以下!? 年収300万円から始めるメルセデス購入シミュレーション

メルセデス・ベンツを新車で買うとしたら、相当な出費を覚悟しなければならない……とお考えのアナタ、じつは年収300万円でもメルセデスオーナーになる方法があるんです。おすすめのモデルと、購入シミュレーションをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

自動車 憧れのメルセデスオーナー になる方法をお教えします

外国車というと、すぐに思い浮かぶメルセデス・ベンツ。それほど認知度も人気もあるメルセデス・ベンツですが、「乗りたいけど、高くて手が届かない」という人も多いのではないでしょうか。

でもメルセデス・ベンツといっても、価格はさまざま。現在、価格帯が広がり買いやすくなっているんです。

そこで今回は、年収300万円からメルセデスオーナーになるおすすめモデルと、購入シミュレーションをご紹介したいと思います!

自動車 新車購入の前に 見るべき5大ポイント

まずは、ベンツ購入の前に、確認しておきたいポイントをまとめました。

[①予算]
まずは自分の購入予算を確認することが重要です。その予算に応じて、買える車種と買えない車種が決まってきます。たとえば、グレードや装備内容を吟味することで新車購入時の選択肢が広がります。
たとえば、グレードや装備内容を吟味することで新車購入時の選択肢が広がります。

でも、メルセデス・ベンツを手に入れたせいで生活が破綻してしまっては元も子もないので、予算を多く見積もり過ぎるのは避けましょう!


[②諸費用・税金]
メルセデス・ベンツのホームページに記載されているのは、あくまでも車両本体価格。実際は、これに販売手数料などの「諸費用」、「税金」、「保険」などが加算されます。すべてひっくるめて車両価格以外に20万~40万円は必要になります。
購入時はもちろん、購入後も毎年支払わなければならない「自動車税」もクルマにかかる税金のひとつ。エンジン排気量が大きいほど高くなります。


[③ローン]
高額商品を購入する際に利用できると助かるのがローン。とはいえ、借りる業者やその金利には注意しておきたいところです。金利の低めな信販系ローン会社や、銀行などがおすすめ。
手元の現金だけでは買えなくても、分割支払いを駆使すれば、夢のメルセデスオーナーになれます。もちろん最低限の貯蓄は残したうえでの話にはなりますが。

[④維持費]
購入後のこともしっかり把握しておきましょう。維持費には、燃料代、駐車場代のほか、各種税金、メンテナンス費用などがあります。それらを支払っても、維持できるか否かを考慮したうえで購入計画を立てましょう。
ハイブリッドカーといった低燃費モデルや排気量の小さいモデル、ボディの小さなモデルなどは、比較的維持費が安くすむ場合が多くなります。

[⑤保険]
義務となっている自賠責保険はもちろん、任意保険にも必ず入っておきたいところ。
購入手続きをはじめたら、同時に保険会社を探しましょう。あてがなければディーラーで紹介してもらうこともできます。

自動車 どんなモデルがあるのか? 売れている車種BEST5

ところで、どんなモデルが人気なのか? 新車登録台数のランキングからご紹介します。
※2016年1月~2016年12月。()は輸入車内の順位。出典:日本自動車輸入組合「外国メーカー車モデル別新車登録台数順位の推移」より抜粋。

首位は中核モデルとなるCクラス。扱いやすいサイズ感と、メルセデス・ベンツならではの高級感を存分に味わえることが、売れ筋の要因といえるでしょう。

2位はCLA。Aクラスをベースに、4ドアへと変身させたクーペと、荷室容量がアップしたシューティングブレークの2ボディを用意したエントリーモデルです。

第3位には、主力モデルであるEクラス、第4位はAクラス、そしてCクラスベースのSUVであるGLCが第5位とつづきます。最近は、高級ブランドのメルセデス・ベンツでも、コンパクトなモデルに人気が集中していることがわかります。

それでは、ここからは、年収300万円台~メルセデス・オーナーになるためのおすすめのモデルと購入シミュレーションをご紹介していきます!

自動車 月々の支払い額3万円以下 おすすめはこの4台です

おすすめは、メルセデス・ベンツの販売台数を一気に増やした立役者であるコンパクトシリーズ。その人気の理由は、最も安いAクラスをみても分かるとおり、サイズは小さくても中身はしっかりとメルセデス・ベンツらしさに溢れているから。

下記の4台なら、どのモデルを選んでも高い安全性能と、質の高い車内空間が手に入り、憧れのブランドを手に入れたという満足感も十分感じることができるはずです。

いずれもボディサイズにはほぼ差はなく、どれも全長は4.5m前後となるので、駐車場問題での制限もまずないでしょう。またベースが同じなため、電子デバイスなどの機能面や、燃費性能もほぼ同じ。使用シーンやライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。

※ローンシミュレーションは、支払い期間5年/実質年率4.29%を想定しています(編集部調べ)。また、別途諸経費がかかる場合があります。


[①Aクラス]
スポーツテイストを味わいたい人は、低さを強調したデザインがおすすめ。

A 180 Styleの購入シミュレーション
車両価格…298万円~
一括支払い総額:315万2320円
ローン時支払い総額:333万8866円

<ローン内訳> 
頭金:150万円
初回支払額:1万3666円(×1回)
月々支払額:1万2800円(×59回)
ボーナス月加算金額:10万7000円(×10回)
ローン支払総額:183万8866円(分割払い手数料:18万円6546円)

A 180 Styleの見積もりシミュレーションの詳細はこちら
※メルセデス・ベンツ日本オフィシャルサイトに移動します。


[②Bクラス]
家族大勢で荷物を積んで遊びに出かけたいなら、車内も広いBクラス。

B 180の購入シミュレーション
車両価格:364万円~
一括支払い総額:384万9090円
ローン時支払い総額:411万4302円

<ローン内訳> 
頭金:150万円
初回支払額:2万2802円(×1回)
月々支払額:1万8500円(×59回)
ボーナス月加算金額:15万円(×10回)
ローン支払総額:261万4302円(分割払い手数料:26万円5212円)

B 180の見積もりシミュレーションの詳細はこちら
※メルセデス・ベンツ日本オフィシャルサイトに移動します。


[③GLAクラス]
山や海での遊びを好む人向け。

GLA 180の購入シミュレーション
車両価格:406万円~
一括支払い総額:427万8950円
ローン時支払い総額:459万2693円

<ローン内訳>
頭金:150万円
初回支払額:2万9193円(×1回)
月々支払額:2万6500円(×59回)
ボーナス月加算金額:15万円(×10回)
ローン支払総額:309万2693円(分割払い手数料:31万3743円)

GLA 180の見積もりシミュレーションの詳細はこちら
※メルセデス・ベンツ日本オフィシャルサイトに移動します。


[④CLAクラス]
都市部での利用がメインで人とは違うスタイルを好む人向け。

CLA 180 AMG Styleの購入シミュレーション
車両価格:404万円~
一括支払い総額:425万9120円
ローン時支払い総額:457万624円

<ローン内訳>
頭金:150万円
初回支払額:3万724円(×1回)
月々支払額:2万6100円(×59回)
ボーナス月加算金額:15万円(×10回)
ローン支払総額:307万624円(分割払い手数料:31万1504円)

CLA 180 AMG Styleの見積もりシミュレーションの詳細はこちら
※メルセデス・ベンツ日本オフィシャルサイトに移動します。

自動車 【参考】Aクラスを新車で 購入した場合の維持費

もしAクラスを新車で買ったら、どれくらい維持費がかかるのか計算してみました。クラスに限らず、メルセデス・ベンツはハイオク仕様。もちろんコンパクトカーで、小排気量車なのでAMGモデルを除けば燃費性能に優れており、自動車税や保険に関してもリーズナブルではあります。
車検代やタイヤ交換代は、ちょっと高めになってしまいますが、安い業者を見つけるのも手。その一方で、メルセデス・ケアに加入しているなら6カ月/1年/2年の定期点検は無料(オイル代なども無料)なので、正規販売店に持ち込むのがベターです。今回の試算では、Aクラスの場合、年間のランニングコストは約38万となりました。

以上、年収300万円台~おすすめのメルセデス・ベンツをご紹介しました。

運転のしやすさでいえば、やはり車高が高いほうがより遠くを見ることができる分、運転がしやすいため、女性が運転する場合は、GLAやBクラスを選んでおくとよさそうです。ぜひご参考にしてみてください!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事