【ドンキの4K】中身は東芝レグザ? “解体”でわかった決定的な違い
2018年06月15日(金)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
【ドンキの4K】中身は東芝レグザ? “解体”でわかった決定的な違い
価格破壊が進む4Kテレビ。その代表格とも言える「ドンキの4K」は、以前の調査でも報じたとおり、低価格ながら東芝製メインボードを搭載しています。東芝製「本家レグザ」との価格差は3万円以上。何がどう違うのか? バックパネルを開けて、現役テレビエンジニアと共に中身を比較してみました。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 開けてみたら一目瞭然
    本家レグザってやっぱり凄い!
東芝 
REGZA M500X
40インチモデル
実勢価格:9万1068円
発売:2016年6月
「家電批評」にてベストバイに選ばれたM510Xの前モデルです。高画質映像処理エンジン「4KレグザエンジンHDR」を搭載しており、基本スペックはほぼ同等です。
これが東芝製「本家レグザ」の中身です。一言で言うなら「ムダのない、しっかりとした設計」のテレビ。メインボード(写真右側)や電源部(写真左側)は、配線にムダが出ないように整然と並んでいることがわかります。配線もずれ落ちたりすることがないように、結束バンドとフックでしっかりと固定されています。

テレビの心臓部となるメインボードを始めとして、各種基板も東芝製。基板自体も部品配置を含め、すっきりと設計されています。液晶パネルのドライバー(写真中央下)とは、コントロール用回路へ映像信号を送るインターフェースで接続。内部の基板構成は激安機種と変わりありません。
  • 4K対応チップはダテじゃない
    画像以外にも差が出ます
映像や機能に差をつけるのは、基板に搭載されているチップの性能ということになります。東芝製のメインボードには、中央に台湾・Mスター社製の4K用チップが見えます。4K用チップから配線が伸びた先にあるのは、4つの4K対応HDMI端子。すべての端子から4K映像を出力できます。これは4K用チップだからこそできることで、格安4Kテレビには1つしかない場合が多いのです。
この中には2K映像を4K映像にアップコンバートするコンバータ(CPU)や、レグザの映像エンジン、録画のためのソフトウェア等が組み込まれています。

現役テレビエンジニアC氏
「このチップで、地デジの4K最適化や4K映像の入力を管理しています」
  • メインボードは確かに東芝製
    だけど他が、全然違うんです!
ドン・キホーテ:情熱価格PLUS 5060TS:テレビ
ドン・キホーテ 
情熱価格PLUS 5060TS
実勢価格:5万4800円
発売:2017年3月

「ドンキ4K」の2代目モデル。メインボードは、東芝製を搭載しています。比較した「本家レグザ」より、こちらの方が後発です。
ドンキ4Kを一言で表現すれば、「汎用品のパーツで構成された、安さの理由がよくわかる」テレビです。メインボードは確かに東芝製ですが、システム的には古いモデルを採用しています。他の基板は東芝製ではなく、汎用部品を搭載してコストを抑えた設計になっています。
メインボードには、2つの画像処理用チップが搭載されています。基板上部にあるのが2K画像を4K画像にコンバートして出力する「2K→4Kチップ」。基板下部にあるのが「2Kチップ」です。東芝の「本家レグザ」には4Kチップ1個が搭載されていましたが、こちらは2個使いで画像を処理しています。
メインボード上部にある「2K→4Kチップ」は、地デジの2K画像を4K画像にアップコンバートする役割を持っています。また、メインボードに3基あるHDMI端子の1つはこのチップに繋がっているので、4K入力ができるHDMI端子は1基のみです。
こちらはメインボード下部にある、東芝製の「2Kチップ」です。地デジやフルHDの画像はまずこのチップに入力され、上部のチップに送られます。番組表が「本家レグザ」にそっくりなのは、このチップが東芝製だからかもしれません。チップに繋がる2基のHDMI端子は、4K非対応。「ドンキ4K」の画質が「本家レグザ」と違うのは、このチップ構成にあると思われます。東芝製ではあるけれど、数世代前のシステムを採用し、コストダウンを図っているというわけです。
  • 画像処理チップだけじゃない
    電源の数も違ってました
内部を比べると、電源の数にも違いがあります。東芝の「本家レグザ」は2つ、「ドンキ4K」は1つです。東芝に1つ多い電源は、バックライト用の電源(写真中央上)です。
この2電源仕様は、これまで高級機にしか搭載していませんでした。メイン電源を安定させるため、普及機にも採用したようです。ドンキ4Kと比べて、LEDバックライトへと繋がるケーブルの本数が多くなっています。
「ドンキ4K」の電源は1つ(写真左側)で、本体とLEDバックライトに電力を供給しています。
コストを抑えるために電源を1つにしていると思われますが、部品自体は大容量で高価なものを使っています。容量が足りないと電源が不安定になりやすいので、突然のシャットダウンを防ぐ目的です。トラブルになりやすい部分には、しっかりお金をかけています。
現役テレビエンジニアC氏
「LEDバックライトへと電力を供給するケーブルは、4本だけでした」
  • 違いはまだありました
    バックライトの方式にも差が!
レグザとドンキ4Kの差は、バックライト部分にもありました。東芝はエッジ型LEDバックライトと呼ばれる方式。ドンキは直下型LEDバックライトです。
東芝のエッジ型LEDバックライトは、液晶パネルの下の端(エッジ)にしかLEDが配置されていません。そのため、7枚の導光板を使って、LEDの光を画面の隅々まで拡散させています。また、高画質エンジン処理を行い、画質と明るさを調整しているので、暗さを感じることは少ないと思われます。
「ドンキ4K」は直下型LEDバックライトの名前の通り、液晶パネルの直下にLEDが配置されています。
全体に配置されたLEDの光を、4枚のシートで画面の隅々へ拡散させています。ただし部分駆動機能が非搭載なので、つねに画面全体が明るく、コントラストはあまり出ません。映像によっては、画面の背後に発光しているLEDが見えてしまうこともありました。
東芝製メインボードを搭載していることから、「ドンキ4K」=「本家レグザ」と考えてしまいがちですが、中身はかなり違っていました。それは実際の画質にもハッキリと現れていて、東芝の技術力に驚かされたテストでした。

価格差があるため、どちらがオススメとは言い切れませんが、その性能には大きな差があります。お値段が張ってでも実力のある製品を選ぶか、コスパ重視で選ぶか、大切にしたいポイント次第で決めてください。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら