【2021】顔用の日焼け止め(UV下地)おすすめランキング14選|雜誌『LDK』が徹底比較
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK the Beauty編集部
公開日: 2021年06月21日

【2021】顔用の日焼け止め(UV下地)おすすめランキング14選|雜誌『LDK』が徹底比較

日焼け止めは紫外線から肌を守る必須アイテム。でも口コミを参考に今年の1本を選ぼうと思っても、数が多すぎてどれを選べばいいか迷ってしまいませんか? そこで雑誌『LDK the Beauty』が、SPF50+の新作や人気、定番のデパコスやプチプラの顔用(UV下地)日焼け止め14製品を徹底比較。ランキングでご紹介します!

元化粧品メーカー勤務
石渡比奈子 氏
元大手化粧品メーカーの研究員。クリーム、ジェル化粧品、化粧水など基礎化粧品の新製品開発に携わっていた。
ヘアメイク
辻有見子 氏
(株)BELLEZZA代表。芸能人のヘアメイクを多数担当。化粧品の成分講習活動も実施している。
LAB.360(ラボドットサンロクマル)研究員
塩原みゆき
晋遊舎の専門テスト機関「LAB.360」の研究員。博士(学術)を持つ。化粧品、洗剤等の生活雑貨、生活家電等の評価に携わる。専門は衣服材料、界面化学。
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢
晋遊舎の専門テスト機関「LAB.360」の室長。消費者の視点で数多くの商品テストに従事。日用雑貨や家電製品が専門。
コスメを本音で評価する雑誌
LDK the Beauty
コンセプトは、「世界でただ1つ、コスメを本音で評価する雑誌」。テストする生活情報誌「LDK」から生まれた広告なしの辛口美容誌です。


※情報は『LDK the Beauty』2021年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ビューティー そもそも日焼け止めって塗ったほうがいいの?

今年の日焼け止めの準備はできていますか? 一年中降り注ぐ「紫外線」ですが、とくに夏に向かっては急増するので、これからの季節はマストアイテムです。

紫外線は浴びすぎると肌に炎症を起こしたり、肌の内部で活性酸素を発生させます。それによって細胞がダメージを受け、シミ、シワ、開き毛穴などの肌老化につながってしまうんです。
紫外線を浴びた肌にはたくさんの潜在シミが!
紫外線から肌を守るためには、日焼け止めを塗って肌に直接紫外線を浴びない紫外線対策が大切。美肌のためにも、日焼け止めは必須のスキンケアですよ。

ビューティー 今年オススメの完璧な日焼け止めを探しました!

日焼け止めは、UVをしっかりカットするのはもちろんですが、肌にやさしくて崩れに強い製品を選びたいもの。さらに使い心地も重視したいですよね。

また日焼け止めには、化粧下地としても使える「顔用」と、全身に使える「顔・ボディ用」があります。でも、製品がたくさん出ていて、どれを選べばいいか迷ってしまいませんか。
そこで、雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ雑誌の『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部が、ドラッグストアやAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、デパート・百貨店で買えるデパコス・プチプラ・人気・定番の製品などから、今回は化粧下地としても使えるSPF50+の「顔用」日焼け止めを14製品ピックアップし、オススメはどれか、徹底比較。

シミ・くすみのもとになる紫外線をしっかりカットしてお肌の透明感を守り、汗でも崩れない完璧な日焼け止めを探しました!
▼テストしたブランドはこちら
・アリィー
・インプリファイン
・エリクシール ルフレ
・ザ・ボディショップ
・セザンヌ
・ドクターシーラボ
・パルガントン
・B.A
・d プログラム
・DEW

ビューティー SPFとPAってなに? 数値が高ければいいワケじゃない!

日焼け止めには、紫外線をカットするパワーの指標として「SPF値(Sun Protect Facter)」と「PA値(Protection grade-of UV-A)」が表示されています。SPFは「UV-B(紫外線B波)」、PAは「UV-A(紫外線A波)」をカットする効果があります。
UV-BとUV-Aは紫外線の種類で、UV-Bは肌の表皮にダメージを与えて赤みやシミの原因となり、UV-Aは肌の真皮まで届いてシミやシワの原因となります。UV-Aは窓ガラスを通り抜けて真皮に届くので、室内でも油断できません。

また、「SPFとPAの数値は高い方がいいの?」と思うかもしれませんが、実はそうでもないんです。普段から数値が高い日焼け止めを使用していると、肌の負担になってしまうこともあるんです。
ちなみに、SPF1でUV-Bを20~25分間防ぐことができ、PAは+の数が多いほど長時間UV-Aを防止できます。

それでは「SPFとPAの数値が高い方がいいの?」と思うかもしれませんが、実はそうでもないんです。普段から数値が高い日焼け止めを使用していると、肌の負担になってしまうこともあるんです。
UVカット効果の高いSPF50+ですが、散乱剤やUV吸収剤の濃度が高い製品が多く、肌への負担は若干高め。逆にSPF30は肌への負担が低めです。

日本化粧品工業連合会の資料によると、SPF50程度は「炎天下のレジャーやリゾート地でのマリンスポーツなど」の場面に適したものとされています。
上記の表を参考にして、使うシーンに合った日焼け止めを選びましょう。ちなみに、紫外線量(UVB)は季節で大きく変わりますし、日中でも時間帯で変化します。また、天気でも大きく変わります。

では次に、今回のテスト方法をご紹介します。

ビューティー 顔用日焼け止め10製品を徹底検証!

日焼け止めを選ぶときは、焼けにくさはもちろん大切ですが、崩れやすかったり、肌への刺激が強いものは避けたいですよね。そこで今回は、「焼けにくさ」「成分」「崩れにくさ」「使用感」の4点に注目して、テストしました。

テスト1:焼けにくさ

日焼け止めの実力を検証すべく、UVカット率を独自チェック。紫外線に反応するUVラベルを使い、直射日光に当ててUVカット率を算出しました。
紫外線の量で色が変わるUVラベルで計測。
陽に当てるとみるみる色が変わります。
各製品をツヤ消しプラスチック板に塗り、その下に紫外線を浴びるほどピンクに色づくUVラベルを設置。屋外で日光に当てて色の変化をチェックしました。

塩原みゆき LAB.360(ラボドットサンロクマル)研究員
塩原みゆきのコメント

一定時間、太陽光に当てました。
さらに参考として、人の背中に日焼け止めを塗り、日焼けサロンで焼いてみました。
高評価製品は境目がくっきり出ました。

テスト2:成分

紫外線をカットするための成分は大きく分けて紫外線散乱剤紫外線吸収剤の2つです。散乱剤は鏡のように紫外線を反射させてカットするもので、吸収剤は化学反応を利用して紫外線をブロックします。

紫外線散乱剤は刺激になる可能性が低いのですが、紫外線吸収剤は散乱剤と比べて刺激が強く敏感肌用というわけではないので、敏感肌の人は要注意です。
そこでプロが成分表を確認して、肌へのやさしさを基準に採点しました。

さらに保湿、美白、抗炎症などのよい成分を加点、エタノールなどの注意成分を減点して評価しました。

石渡比奈子 氏 元化粧品メーカー勤務
石渡比奈子 氏のコメント

肌へのやさしさを重視して評価しました。

テスト3:崩れにくさ

どんなに焼けにくくても、化粧崩れしたら台無しです。そこでメイクの崩れにくさも検証しました。日焼け止めとファンデーションを重ね塗りし、人工皮脂をかけてから最後にスチームをあてて検証しました。
崩れにくい製品
崩れにくい製品は塗った状態のままで、輪郭までくっきりしています。
崩れやすい製品
一方、崩れやすい製品は皮脂に溶けて汗で流れてしまいました。

テスト4:使用感

30名のモニターに協力してもらい、塗り心地や仕上がりを厳しくチェックしました。
年齢や肌質がさまざまな約30名のモニターが、塗り広げやすさ、塗り心地、白浮きしないかなどをチェック。香りのよさや、容器の使い勝手も考慮しました。より多くのモニターに好評だったものほど高評価としました。

ビューティー 参考テストとして3つのテストも行いました

参考テスト1:下地効果

「厚塗りになるのが嫌なので下地を兼ねるものが欲しい」という声にお応えして、赤みや毛穴もカバーできるものを探しました。

モニターに各製品を塗って、プロのメイクが下地効果のアリ・ナシをジャッジしました。

辻有見子 氏 ヘアメイク
辻有見子 氏のコメント

補整効果がありトーンアップもできるものがいいですね。

参考テスト2:撥水性

夏のレジャーに海やプールは外せません。海やプールでの使用にも耐え得るか、耐水性をチェック。
人工皮革に製品を塗って色水を垂らし、どれくらい弾くかをテストしました。
撥水性が高い製品は色が残りません。
色が残ったのは撥水性の低い製品です。

参考テスト3:バリア機能

花粉やホコリなど空気中の微粒子が肌に付着するのを防いでくれる、バリア機能をもった日焼け止めが昨今ブームになっています。そこで、微粒子付着を防ぐ機能をうたっている製品の実力をテストしました。
※d プログラム アレルバリア エッセンス N公式HPより

日焼け止めを塗った人工皮革をアクリル板で仕切った空間に入れて、送風機で人工花粉を一定量飛ばします。実験後、マイクロスコープで花粉の付着を観察しました。
送風機で花粉を一定量飛ばします。
以上のテストより総合的に評価し、ランキングを決定しました。なお、総合評価は「テスト1:焼けにくさ」と「テスト3:崩れにくさ」を重視ししています。

それでは、顔用日焼け止めのランキングを1位から発表します!

記事1位BEST 実力も価格も優秀!セザンヌ「UVトーンアップベース」

セザンヌ化粧品:セザンヌ(CEZANNE) UVトーンアップベース:日焼け止め
セザンヌ化粧品
セザンヌ(CEZANNE)
UVトーンアップベース
SPF50+/PA++++
実勢価格:748円
容量:30g
タイプ:クリーム
UVカット率:98.7%
▼総合評価
焼けにくさ 5/5点
成分 5/5点
崩れにくさ 5/5点
使用感 3.5/5点
セザンヌ「UVトーンアップベース」は焼けにくさ、成分、崩れにくさすべての項目で満点! 価格からは想像できない贅沢な成分配合になっていて、エタノールも不使用です。顔だけでなく、首やデコルテにも使えます。

使用感は若干ペトペトするものの及第点。下地としては自然なトーンアップが叶いますが、補整力は物足りない印象です。

[焼けにくさ]
塗った場所は白い肌のままです。

[成分]
UVカット成分:散乱剤
その他の成分:保湿・エタノール不使用

保湿成分としてセラミドのほか抗炎症成分が配合されています。

[崩れにくさ]
ファンデーションをしっかりキープ!

[下地効果(参考)]
トーンアップ効果で白くなりますが、毛穴までは隠せませんでした。

記事2位BEST 敏感肌には dプログラム「アレルバリア エッセンス N」

資生堂インターナショナル:dプログラム アレルバリア エッセンス N:日焼け止め
資生堂インターナショナル:dプログラム アレルバリア エッセンス N:日焼け止め
資生堂インターナショナル
dプログラム
アレルバリア エッセンス N
SPF50+/PA+++
実勢価格:3300円
容量:40ml
タイプ:ミルク
UVカット率:99.5%
下地効果アリ
▼総合評価
焼けにくさ 5/5点
成分 4.5/5点
崩れにくさ 4.5/5点
使用感 3/5点
デリケート肌でも使える成分のd プログラム「アレルバリア エッセンス N」は、花粉やほこりから肌を守る機能がウリ。

製品ジャンルは日中美容液ですが、UVカット力が高く日焼け止め(UV対策)としても優秀です。紫外線カット成分は散乱剤のみの肌にやさしい処方で、肌を保湿しながら日焼けを予防。乾燥肌さんも使いやすそうです。

皮脂崩れにも強く、真夏の使用でも安心。テクスチャーはサラサラですが、こっくりと重くオイリーなので、好みは分かれるでしょう。

[焼けにくさ]
日焼けをきちんと防いでくれました。

[成分]
UVカット成分:散乱剤
その他の成分:保湿・エタノール不使用

保湿効果の高いヒアルロン酸を配合し、肌の乾燥を防いでくれます。

[崩れにくさ]
わずかに変化して程度で、ファンデーションの崩れはありません。

[下地効果(参考)]
ワントーンアップして肌が白く見えます。ただし、補正効果は高くはありません。

[バリア機能(参考)]
あちこちに花粉が付着しました。しかし、塗った方が花粉やホコリは防げます。

記事3位BEST シカ成分配合のパルガントン「トーンアップクリーム」

ドド・ジャパン:パルガントン シカRCトーンアップクリーム:日焼け止め
ドド・ジャパン:パルガントン シカRCトーンアップクリーム:日焼け止め
ドド・ジャパン
パルガントン
シカRCトーンアップクリーム
SPF50+/PA++++
実勢価格:1680円
容量:30ml
タイプ:クリーム
UVカット率:99.7%
▼総合評価
焼けにくさ 5/5点
成分 3.5/5点
崩れにくさ 4.5/5点
使用感 3.5/5点
パルガントン「シカRCトーンアップクリーム」UVカット力が高く、皮脂にも強いUV下地。肌に塗るとクリームが緑からベージュにカラーチェンジするUVクリーム。

ただしグレーが強く血色を打ち消すので、ファンデーションと合わせて使うほうがよさそうです。

[焼けにくさ]
しっかり紫外線をカットしました。

[成分]
UVカット成分:散乱剤+吸収剤
その他の成分:エタノール不使用

美肌成分のナイアシンアミドのほか、ツボクサエキスや植物オイルを配合しています。

[崩れにくさ]
ファンデーションをしっかりホールドし、崩しません。

記事4位 毛穴を隠すインプリファイン「スキンバリアベース M」

常盤薬品工業:インプリファイン スキンバリアベース M:日焼け止め
常盤薬品工業:インプリファイン スキンバリアベース M:日焼け止め
常盤薬品工業
インプリファイン
スキンバリアベース M
(01 ヌードベージュ)
SPF50+/PA++++
実勢価格:1650円
容量:30g
タイプ:クリーム
UVカット率:99.6%
下地効果GOOD!
▼総合評価
焼けにくさ 5/5点
成分 4/5点
崩れにくさ 3/5点
使用感 4/5点
「毛穴パテ職人」などで有名なSANAから誕生した新ブランドのインプリファイン「スキンバリアベース M」は肌を外的環境ストレスから守るとのコンセプトどおり、紫外線をしっかりカットしてくれました。

皮脂への耐久性と撥水性は高くはありませんが、下地効果はバツグンで、自然なツヤで毛穴を隠してくれます。近所のお出かけならこれ1本でOK。さらにビタミンC配合で、美白効果も期待できちゃいます。

[焼けにくさ]
肌に塗った部分は白いまま。紫外線をしっかりブロックできました。

[成分]
UVカット成分:散乱剤+吸収剤
その他の成分:美白・エタノール不使用

美白効果が期待できるビタミンCが配合されています。

[崩れにくさ]
ファンデーションが皮脂で流れてしまいました。

[下地効果(参考)]
ツヤ感が出て毛穴が隠れました。

記事4位 肌悩みをクリアに DEW「UVデイエッセンス」

カネボウ化粧品:DEW ブライトニングUVデイエッセンス 【医薬部外品】:日焼け止め
カネボウ化粧品:DEW ブライトニングUVデイエッセンス 【医薬部外品】:日焼け止め
カネボウ化粧品
DEW
ブライトニングUVデイエッセンス
【医薬部外品】
SPF50+/PA++++
実勢価格:3850円
容量:40g
タイプ:ジェル・エッセンス
UVカット率:99.2%
下地効果アリ
▼総合評価
焼けにくさ 5/5点
成分 3.5/5点
崩れにくさ 3/5点
使用感 4.5/5点
うるおいと美白がウリのDEW「ブライトニングUVデイエッセンス」は、保湿成分と美白成分を配合し、UVカット力も優秀です。

使用感のよさはトップクラスで、塗り心地はモニターに大好評。プルプルのジェルがスルスル塗れてベタつきもなく、しっとりと肌になじみます。

皮脂でファンデがやや崩れ、撥水性もさほど高くないので、レジャーよりは普段向きかもしれません。

[焼けにくさ]
軽い付け心地でも紫外線をしっかりブロックしました。

[成分]
UVカット成分:散乱剤+吸収剤
その他の成分:保湿・美白

美白成分としてカモミラETを配合しています。

[崩れにくさ]
ファンデーションが崩れてハゲた部分がありました。

[下地効果(参考)]
ワントーンアップして赤みも消えました。毛穴などの補整効果は低いものの、トーンアップして肌をキレイに見せてくれます。

記事6位 肌なじみのよさは秀逸 B.A「ライト セレクター」

ポーラ(POLA):B.A ライト セレクター:日焼け止め
ポーラ(POLA):B.A ライト セレクター:日焼け止め
ポーラ(POLA)
B.A
ライト セレクター
SPF50+/PA++++
実勢価格:1万2100円
容量:45g
タイプ:ジェル・エッセンス
UVカット率:99.1%
▼総合評価
焼けにくさ 5/5点
成分 3/5点
崩れにくさ 3.5/5点
使用感 4/5点
B.A「ライト セレクター」は今回の最高額アイテム。さすが高級品だけあって塗り心地がよく、みずみずしいテクスチャーがスッと肌に浸透して、華やかな香りに癒されます。ただし、日焼けはしっかり防いでくれますが、下地効果は低めです。

公式サイトによれば、太陽光のなかで肌によい光だけを通すという技術がウリとのことです。

[焼けにくさ]
ほんのりピンク色に変わった部分がありますが、しっかり紫外線をブロックしています。

[成分]
UVカット成分:散乱剤+吸収剤

[崩れにくさ]
溶けるほどではありませんが、やや崩れました。

記事7位 上品なツヤ肌 ボディショップ「スキンディフェンス」

ザボディショップジャパン:ザボディショップ スキンディフェンス プロテクションローション:日焼け止め
ザボディショップジャパン:ザボディショップ スキンディフェンス プロテクションローション:日焼け止め
ザボディショップジャパン
ザボディショップ
スキンディフェンス
プロテクションローション
SPF50+/PA++++
実勢価格:3080円
容量:40ml
タイプ:ミルク
UVカット率:99.6%
下地効果GOOD!
※AmazonとQoo10は60mlの販売ページです。
▼総合評価
焼けにくさ 5/5点
成分 2/5点
崩れにくさ 4/5点
使用感 3.5/5点
ザ・ボディショップ「スキンディフェンス プロテクションローション」はこっくりとしたミルクで、乳液感覚で使えるUVミルクタイプ(乳液タイプ)です。上品なツヤでほどよくトーンアップし、オトナ肌でもキレイに見せられる下地効果は優秀。

ただしUVカット成分は吸収剤のみ。UVカット力が高いのはうなずけるものの、肌への刺激がやや気になります。

[焼けにくさ]
目視では変化がわかりません。

[成分]
UVカット成分:吸収剤
その他の成分:美白

[崩れにくさ]
少し浮き出ましたが、崩れは少ないです。

記事8位 自然な血色のドクターシーラボ「エンリッチリフト」

ドクターシーラボ(Dr.Ci:Labo):UV&WHITE エンリッチリフト 50+:日焼け止め
ドクターシーラボ(Dr.Ci:Labo):UV&WHITE エンリッチリフト 50+:日焼け止め
ドクターシーラボ(Dr.Ci:Labo)
UV&WHITE
エンリッチリフト 50+
SPF50+/PA++++
実勢価格:4180円
容量:40g
タイプ:クリーム
UVカット率:99.6%
下地効果GOOD!
▼総合評価
焼けにくさ 5/5点
成分 4/5点
崩れにくさ 2/5点
使用感 4/5点
ドクターシーラボ「UV&WHITE エンリッチリフト 50+」は、エイジングケアクリームをうたっているだけあり、コエンザイムQ10、プラセンタエキスなど、オトナ肌に欲しい美肌成分を配合しています。

ピンクがかった色みで自然な血色感を与え、若々しい印象が叶います。こっくりとしたクリームタイプなので、若い世代には重めかもしれません。

[焼けにくさ]
しっかり紫外線をカットしました。

[成分]
UVカット成分:散乱剤+吸収剤
その他の成分:保湿・美白・エタノール不使用

エイジングケアにぴったりなコエンザイムQ10やプラセンタエキスなどが配合されています。

[崩れにくさ]
スチームを当てたらファンデーションがハゲてしまいました。汗や皮脂で崩れてしまうのは残念です。

記事9位 ノーファンデOKのエリクシール「おしろいミルク」

資生堂:エリクシール エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク C:日焼け止め
資生堂:エリクシール エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク C:日焼け止め
資生堂
エリクシール
エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク C
SPF50+/PA++++
実勢価格:1980円
容量:35g
タイプ:ジェル・エッセンス
UVカット率:99.5%
下地効果アリ
▼総合評価
焼けにくさ 5/5点
成分 2.5/5点
崩れにくさ 2.5/5点
使用感 4/5点
エリクシール ルフレ「バランシング おしろいミルク C」は「おしろい効果」をうたう人気製品です。下地がいらない乳液というだけあり、これ1本でナチュラルにトーンアップし、ツヤ感もプラス。UVカット力も高く、ノーファンデで過ごしたい日にぴったりです。

ただし崩れやすく、エタノール配合で塗るとスーッとするので敏感肌さんは注意しましょう。

[焼けにくさ]
見た目では変化がわからないレベルです。

[成分]
UVカット成分:散乱剤+吸収剤
その他の成分:保湿

[崩れにくさ]
一部ファンデーションが溶けだしました。

記事9位 焼けにくさは満点 アリィー「カラーチューニング PU」

カネボウ化粧品:アリィー カラーチューニングUV PU:日焼け止め
カネボウ化粧品:アリィー カラーチューニングUV PU:日焼け止め
カネボウ化粧品
アリィー
カラーチューニングUV PU
SPF50+/PA++++
実勢価格:1980円
容量:40g
タイプ:ジェル・エッセンス
UVカット率:99.5%
▼総合評価
焼けにくさ 5/5点
成分 2.5/5点
崩れにくさ 2.5/5点
使用感 4/5点
アリィー「カラーチューニングUV PU」は焼けにくさが優秀で、しっとりとした使用感も好評でした。ただし「儚げ顔仕上げ」が叶うというパープルカラーの色みが強めで、顔色が悪く見えてしまうこともありそうです。

[焼けにくさ]
わずかに色が変わった程度です。

[成分]
UVカット成分:散乱剤+吸収剤
その他の成分:保湿

ヒアルロン酸が配合されています。

[崩れにくさ]
皮脂でファンデーションがけっこう落ちました。

ビューティー 【番外編】2020年の顔用日焼け止めの"ど定番アイテム"

新作も気になりますが、迷ったときは安心感のある定番アイテムを選ぶのもいいでしょう。『LDK the Beauty』が2020年に検証した、顔用日焼け止めの"ど定番アイテム"をご紹介します。

UVカット力が高くてカバー力もファンデ並み!

ラ ロッシュ ポゼ:UVイデア XL プロテクション トーンアップ ローズ:日焼け止め
ラ ロッシュ ポゼ
UVイデア XL
プロテクション トーンアップ ローズ
SPF50+/PA++++
実勢価格:3740円
容量:30ml
UVカット率:98.1%
下地効果GOOD!
ラ ロッシュ ポゼ「UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズ」は紫外線をばっちりカットしつつ、赤みもしっかり補整する優れもの。ピンクすぎない肌色が日本人の肌にマッチして、白浮きもしないので、これだけでナチュラルメイクが完成。指が吸いつくほどのしっとり感が続きます。

うるおいとハリ&ツヤ感は理想的

アルビオン(ALBION):ポール&ジョー プロテクティング ファンデーション プライマー:日焼け止め
アルビオン(ALBION)
ポール&ジョー
プロテクティング
ファンデーション
プライマー
SPF50+/ PA++++
実勢価格:3850円
容量:30ml
UVカット率:98.1%
下地効果GOOD!
※Amazonと楽天とQoo10は「01」のカラーの販売ページです。
スルスル伸びてツヤが出ると称賛の声が多かったポール & ジョー「プロテクティング ファンデーション プライマー」。保湿力が高いので、エアコンなどの乾燥が気になる環境で使うのがオススメです。ただし皮脂ヨレには注意しましょう。

UVブロック率は高く下地としては満足

花王:ソフィーナiP UVレジスト スムースミルク:日焼け止め
花王
ソフィーナiP
UVレジスト スムースミルク
SPF50+/PA++++
実勢価格:3300円
容量:30ml
UVカット率:98.3%
下地効果アリ
ソフィーナiP「UVレジスト スムースミルク」は、「花王独自の保湿成分が働いてうるおう」とプロが太鼓判を押したアイテム。モニターもこぞってうるおいを実感しました。UVカット率も非常に高いのですが、皮脂と水分への弱さが見受けられました。

うるおって年齢肌ケアができる

富士フイルム:アスタリフト D-UV クリア アクアデイセラム:日焼け止め
富士フイルム
アスタリフト
D-UV クリア アクアデイセラム
SPF50+/PA++++
実勢価格:4290円
容量:30g
UVカット率:98.0%
下地効果GOOD!
アスタリフト「D-UVクリア アクアデイセラム」は、とにかくうるおうとネットの口コミでも人気の日焼け止めです。モニターテストでも「ツヤがすごい!」と好評でした。UVカット率も高評価ですが、水分や汗で崩れやすいので、真夏の使用は気をつけましょう。

ビューティー 《売れ筋ランキングもチェック》

日焼け止めのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

ビューティー 【まとめ】顔用日焼け止め(UVカット下地)のベストは「セザンヌ」!

透明美肌を守って焼けない&崩れない日焼け止めの1位は、セザンヌ「UVトーンアップベース」でした。
セザンヌ化粧品
セザンヌ(CEZANNE)
UVトーンアップベース
SPF50+/PA++++
実勢価格:748円
容量:30g
タイプ:クリーム
UVカット率:98.7%
焼けにくさ、成分、崩れにくさすべての項目で満点評価。自然なトーンアップが叶い、首やデコルテにも使えます。実力もコスパの高さも優秀です。

以上、顔用日焼け止めのおすすめランキング14選をお届けしました。

▼顔・からだ用の日焼け止めのおすすめランキングもチェック!
シミやシワなど、紫外線による肌悩みを増やさないためにも日焼け止めはマスト。記事を参考に、自分の肌に合った日焼け止めを選んで、しっかりUVケアしてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事