【加工じゃない!】空が青くなるカメラフィルターが効果抜群でした。
ベストアイデア
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by カメラ部
公開日: 2017年05月04日

【加工じゃない!】空が青くなるカメラフィルターが効果抜群でした。

快晴の日、目の覚めるような青空を写真に撮ると、思ったような「青」にならないことはないでしょうか? 実は、それはカメラやレンズのせいではありません。今持っていている機材でも、手軽に青空を撮れるアイテムをご紹介します。
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。

カメラ 高級レンズを買い足さずとも 「フィルター」で美しい青空が撮れます

カメラの周辺機器で手軽に高い効果が得られるのがフィルターです。「PLフィルター」は空気中のチリやホコリに光が乱反射するのを抑え、被写体の色を正しく表現できます。
デジカメ:一眼:フィルター:PL:レンズ:写真:撮影:ケンコー・トキナー:サーキュラーPL
<製品情報>
ケンコー・トキナー
サーキュラーPL
対応:デジタル用、フィルム用あり 
サイズ:フィルター径別に複数種類あり
購入金額:4280円(72mmサイズの価格です)
※価格は変動します。ご了承下さい。

コントラストをハッキリ色鮮やかに写します

通常は光の乱反射などの要因で空が白っぽく見えますが。
PLフィルターを使うと全体的にトーンがハッキリし、色が濃く見えるようになりました。

水面やガラスもハッキリ見えます

光が反射して中が見えないガラス造りの建物も。
フィルターを装着して撮影すると、光を除去し中の様子が見えるようになりました。水面など光の反射性がある対象の撮影に活躍します。

カメラ プロにとっては当たり前の 超定番アイテムです

PLフィルターはフィルターの中でも一番使用頻度が高いと言われています。カメラが重くなることも、使い勝手が変わることもなく利用でき、効果も高いため、アマチュアカメラマンにも必須クラスのアイテムでしょう。

また、PLフィルターの反射除去は、フィルター枠を回すことで調節もできます。空の青さや草木の緑の深さなど、過剰すぎてもよくないこともありますので、微調整できる点も非常に便利です。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

こちらのコンテンツに登場する商品

関連記事