「Macにしようかな」という人へ、知っておくべきRetinaの基本
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2018年05月17日

「Macにしようかな」という人へ、知っておくべきRetinaの基本

Macの中でも、MacBookシリーズにはいくつかのモデルがありますが、大きく異なるのはディスプレイの仕様です。迷いがちなMacBookシリーズの中からどのモデルを選ぶときに備えて、ディスプレイの違いを理解しておきましょう!

パソコン アップル製品は高い… だけどハイパフォーマンス!

MacもiPhoneやiPadといったアップル製品と同様に、値段は高いですが、その分性能が良いものなんです。陳腐化することなく長く使えるうえに、定評のあるデザインも、長きにわたって変わらない特徴があります。

パソコン Macで人気なのは MacBookシリーズ

MacBookシリーズは、大きく分けるとMacBook、MacBook Air、MacBook Pro 13インチ、MacBook Pro 15インチの4つのモデルがあります。それぞれのモデルの中で、CPUやメモリの違いでグレード分けされています。

パソコン どこが違うの? モニターの大きさと解像度です

MacBook Airを除くMacBookがRetinaディスプレイを搭載していて、それぞれモニターの大きさと解像度が異なります。

パソコン Retinaディスプレイの方が やっぱりキレイ?

実は、Retinaディスプレイで使われている液晶パネルの解像度と、macOSで設定できる解像度は違うんです。例えば、MacBook Pro 15インチがMacBookシリーズ最大の解像度ですが、液晶パネルが2880×1800に対して、macOSで設定できるのは最大1920×1200なんですね。
1920×1200の解像度って、フルHDモニター並みなんですよね。

パソコン じゃあRetinaじゃなくてもいい? いや、文字がめちゃくちゃキレイです

なんだか、スペックを活かしきれていなくて、もったいないように思えますが、実はRetinaディスプレイの表示では、複数のドットを1ピクセルとして処理するので、文字やアイコンがものすごくキレイで読みやすく、疲れないんです。
比べてみると一目瞭然。一般的なディスプレイの表示だと、どうしてもギザギザが目立ってしまいますが、Retinaディスプレイではとてもなめらかです。
Retinaディスプレイと非Retinaディスプレイは、その違いは一目瞭然ですが、仕組みの違いを理解すると、価格差に対する理解が深まるのではないでしょうか。同じMacBookシリーズでも、非RetinaディスプレイのMacBook Airがありますので、こういった点もふまえて検討してみることをオススメします。
the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事