ゆったりキャンプは「ロースタイル」で作るテーブル&チェア4選
テスト
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2018年06月02日

ゆったりキャンプは「ロースタイル」で作るテーブル&チェア4選

時間を気にせず、空の下でゆっくり仲間と語らうのもキャンプの楽しみの1つ。今回はそんなくつろぎ空間を作ってくれるグッズのご紹介です。沈み込むような座り心地のローチェアにウッドテーブルを組み合わせて、自然に溶け込むリビングを作りましょう。

アウトドア ラグに座っても目線が近い ロースタイルのすすめ

キャンプ場やバーベキュー場でのくつろぎ方は人それぞれですが、今回提案したいのは「ロースタイル」。芝生との距離感も近く、自然を感じながらアウトドアを楽しめるのが魅力です。また、人数が増えてもラグを敷くことで対応でき、目線の差が出ないのも嬉しいポイント。

ということで、超ド良い「CAMP」道具特集の第5回は、「ロースタイルグッズ」です。

◎シリーズ第1回「ハンモック」はコチラ
【ハンモック】初心者でも失敗しない始め方、おすすめ5製品

◎シリーズ第2回「タープ」はコチラ
「THE開放感」キャンプで持っていくべき、1人でも建てられるタープ

◎シリーズ第3回「底冷え対策グッズ」はコチラ
「山岳キャンプでもぐっすり」を実現するテント泊のベストアイデア

◎シリーズ第4回「アウトドア珈琲」はコチラ
至福の一杯…「アウトドア珈琲」を存分に味わう5つの道具

アウトドア 自然のなかでゆったりするなら メインはローウッドテーブル

ローウッドテーブルの相場は1万~3万円ほど。しかし、キャプテンスタッグに1万円以下で買えるテーブルがありました。
キャプテンスタッグ:CSクラシックス FDパークテーブル 60:テーブル
キャプテンスタッグ
CSクラシックス FDパークテーブル 60
実勢価格:3481円
サイズ:W59×H53×D27cm
収納サイズ:W59×H53×D6cm
重量:2.7kg
耐荷重:10kg
材質:天然木(表面加工 オイルステイン)
キャプテンスタッグのこちらのテーブル、なんと3481円というお手頃価格。さらに脚を広げてビスを留めるだけの簡単設営で、人数が増えたときにも対応可能です。
ラグと組み合わせればピクニック風に楽しめます。地面でも快適に使うことができました。
キャプテンスタッグ:CSクラシックス ロールテーブル 70:テーブル
キャプテンスタッグ
CSクラシックス ロールテーブル 70
実勢価格:7009円
サイズ:W70×H70×D31cm
収納サイズ:W70×H23×D12cm
重量:5.5kg
耐荷重:10kg
材質:天然木(表面加工 オイルステイン)
こちらのローウッドテーブルは、肩掛け用バッグに収納できるのです。持ち運びがラクにできるだけでもポイントが高いのに、その大きさはメインテーブルにピッタリ。
肩に掛けて持ち運べる便利さは大きな魅力です。

アウトドア ゆったりするときは地面に近い ローチェアでくつろいで

ゆったりキャンプには欠かせないローチェア。地面に座り込んでいるかのような感覚になります。
キャプテンスタッグ:キャンプアウト アルミ背付きベンチ カモフラージュ:ベンチ
キャプテンスタッグ
キャンプアウト アルミ背付きベンチ カモフラージュ
実勢価格:4927円
サイズ:W104×H56×D66.5cm、座面の高さ28.5cm
収納サイズ:W104×H64×D8.5cm
重量:3.7kg
耐荷重:140kg
材質:構造部材/金属(アルミニウム)、表面加工/構造部材-アルマイト、張り材/ポリエステル、その他の材料/ひじ掛け部-天然木
キャプテンスタッグのロースタイルベンチは丈夫で軽量なアルミ製。折り畳みができる2人用のベンチです。
キャプテンスタッグ:キャンプアウト コンパクトチェア カモフラージュ:コンパクトチェア
キャプテンスタッグ
キャンプアウト コンパクトチェア カモフラージュ
実勢価格:1154円
サイズ:W34.5×H34.5×D48cm、座面の高さ25cm
収納サイズ:W11×H11×D48cm
重量:1.1kg
耐荷重:60kg
材質:構造部材/金属(鋼)、表面加工/構造部材エポキシ樹脂塗装、張り材-ポリエステル
組み立てが簡単にできて、携帯性は抜群。背面にはポケットも付属されているので、小物の収納に使いましょう。

アウトドア あぐら感覚で座れるのが ローチェアの魅力です

その場に座り込んでいるような超ローチェアは。背もたれ部分の角度が重要になってきます。身体を包み込んでくれるような安心感を、ぜひ体験してみてください。
横から見ると、あぐらをかいているような地面スレスレの低さです。横幅があるので、男性でも窮屈さを感じずにゆったりとくつろげました。
以上、ゆったりキャンプ派のためのテーブルとチェアのご紹介でした。自然のなかでのんびり過ごすためのロースタイルファニチャー。いつものんびりしている人も、たまにはのんびりしてみようという人もお試しください。

◎シリーズ第1回「ハンモック」はコチラ
【ハンモック】初心者でも失敗しない始め方、おすすめ5製品

◎シリーズ第2回「タープ」はコチラ
「THE開放感」キャンプで持っていくべき、1人でも建てられるタープ

◎シリーズ第3回「底冷え対策グッズ」はコチラ
「山岳キャンプでもぐっすり」を実現するテント泊のベストアイデア

◎シリーズ第4回「アウトドア珈琲グッズ」はコチラ
「山岳キャンプでもぐっすり」を実現するテント泊のベストアイデア
the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

こちらのコンテンツに登場する商品

関連記事