なんで「飲む点滴」って呼ばれてるの?  甘酒が体にいい理由
ベストアイデア
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
公開日: 2018年05月12日

なんで「飲む点滴」って呼ばれてるの? 甘酒が体にいい理由

飲む点滴として一躍有名になった、日本古来からある甘酒ですが、その栄養素は知っているようでいて実はあまり知らないかも? 今回は甘酒の栄養成分となぜ体にいいかを内科の先生に聞いてみました!

ヘルスケア 甘酒を飲むと どうして体にいいの?

甘酒って体にいいとは言うけれど、どんなふうに体にいいのかは、あまり良くわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は内科の先生にお話を伺ってみました。

ヘルスケア 米麹甘酒って どんな栄養があるの?

甘酒には腸を元気にするオリゴ糖や食物繊維、エネルギーとなるブドウ糖やビタミンB群、必須アミノ酸などが含まれています。

特に必須アミノ酸は体内で合成できないので、積極的に摂りたい成分。

飲みやすい甘酒はこれらの成分を無理なく摂取できるので、とてもありがたい飲み物なんです。

ヘルスケア 甘酒が飲む点滴 と呼ばれるのはなぜ?

実は甘酒には点滴と同じくブドウ糖とビタミンB群が入っているんです。甘酒は点滴の中身にとても良く似ているんですよ。

点滴と甘酒に共通する成分のメリットはこんなかんじです。

・ブドウ糖:すぐにエネルギーになる
・必須アミノ酸:疲労回復効果が高い
・ビタミンB群:吸収率が90%

ヘルスケア 1日にどのくらい 飲めばいいの?

コップ1杯が1日の限度です。

甘酒は栄養だけでなく、カロリーも結構あるので、飲み過ぎると肥満や生活習慣病の危険につながってしまうおそれがあります。

コップ1杯でも十分な効果を得られるので、飲みすぎないように注意しましょう。


いかがでしたか? 手軽に栄養が摂れる甘酒が「飲む点滴」と言われているのは、決して比喩ではなく、本当に点滴と同じ成分が入っているからなんですね。


【ご協力いただいた方】
内科医 桑島靖子先生
香川県東かがわ市の桑島内科医院副院長。漢方や栄養療法、点滴療法を取り入れた内科疾患の治療・予防を推奨されています。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事