初めてでも簡単! お手軽燻製を作ってキャンプで楽しもう
2018年06月14日(木)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
初めてでも簡単! お手軽燻製を作ってキャンプで楽しもう
キャンプ場で人気のおつまみといえば、やっぱり燻製ですよね。しかし、準備が大変だったりするので簡単にチャレンジしづらい人も多いでしょう。でも、実は簡単に燻製をつくれる方法があるんです。キャンプですぐに実践したいお手軽な燻製のつくりかたを紹介します。
  • 燻製は誰でも
    簡単に作れます!
燻製はキャンプだからできる調理方法の1つではないでしょうか。煙が大量に発生するので家ではなかなか行う機会がないですし、スモーキーな風味になったお肉やチーズはお酒との相性がバッチリです。
そんなキャンプ栄えする燻製ですが、手間がかかるせいかBBQほど市民権を得ていないように思います。でも実は、燻製を簡単につくる方法があるんです。そこで今回、お手軽な燻製のつくり方を紹介していきます。
  • 燻製作りの
    基本の「き」
燻製は大きく「熱燻」「温燻」「冷燻」の3種類に分類されます。これらの違いは、燻製時の温度です。燻製は基本的に、高温で行うほど味がジューシーになります。しかし高温での燻製は短時間で行うため、素材に水分が多く残り保存性は低くなります。一方で、低温での燻製は、長時間かけて行われます。そのため、素材の水分は抜けて保存性が高まります。代表的なものでいえば生ハムでしょう。ちなみに高温の燻製の代表例は、ベーコンやソーセージなどです。
そして燻製をつくるときは、木材を燃やしてその煙を利用するわけですが、その木材のことを「燻製材」といいます。燻製材は、形状の異なる「チップ」と「ウッド」の2種類あり、さらに木材の種類によって風味などが変化します。燻製はチップとウッド、木材の使い分けが重要です。

スモークウッドは、燻製材の木材を粉状にして棒状に固めたものです。
SOTO
スモークウッド こだわり派 純粋くるみ
実勢価格:598円
サイズ:W9.5×H30×D50mm
重量:約100g
使い方は、スモークウッドに直接火をつけるだけと非常にシンプル。それだけで煙が出るので、ほかに道具はほとんど必要ありません。熱源が温燻や冷燻に向いています。

スモークチップは、燻製材を細かくチップ状にしたものです。
SOTO
スモークチップス 燻製の素 純粋くるみ
実勢価格:480円
容量:400g
こちらは直接火をつけるのではなく、熱源で炙ることにより煙を出す仕組みとなっています。そのため燻製中は加熱し続ける必要があり、短時間で燻製する熱燻に向きです。
【オススメのスモークチップ】
※Amazonで現在発売されている製品とパッケージが異なっています。

SOTO
スモークチップスりんご
実勢価格:480円
容量:500g
「りんご」は、淡泊な白身魚や鶏肉などにピッタリな燻製材です。燻製にすると優しい香りになります。
※Amazonで現在発売されている製品とパッケージが異なっています。

SOTO
スモークチップス ヒッコリー(オニグルミ)
実勢価格:317円
容量:500g
「ヒッコリー」を使うと個性的な香りになります。ハムやベーコンなどの肉類や、サーモンなどに使用するのがオススメです。
※Amazonで現在発売されている製品とパッケージが異なっています。

SOTO
スモークチップス さくら
実勢価格:480円
容量:500g
「さくら」は香りがつきやすいので、臭みが強い食材に使いましょう。豚肉や魚、ラム、カモによく合います。
  • ビギナーには
    温燻がオススメです
燻製を作ったことがない人でも、簡単にできるのが「温燻」です。春から夏のシーズンであれば、スモークウッドを燻製材に使うだけで自然に温度があがるため簡単に燻製ができます。ちなみに下処理さえしっかり行えば、生の豚肉をベーコンにすることすら可能です。

それでは温燻の手順をご説明していきます。

【STEP1】食材を並べる
チーズや玉子など、網のうえに好みの食材を乗せてください。魚や肉など大き目の食材は、フックやたこ糸を使ってつり下げましょう。

【STEP2】燻製材に着火
ガスバーナーなどを使い、スモークウッドに着火してください。先端だけでなく、真ん中もあぶって着火させると効果的です。

【STEP3】燻製材を設置
燻製材を乗せたお皿を網の下などにセットしましょう。あとはスモーカーを密閉させて、煙を閉じ込めればOKです。

【STEP4】味見をしつつ完成
そのまま所定の時間まで放置すれば完成します。食材によって火の周り方が違うので、時々味見をして確認するのがオススメです。
  • 30分で完成!
    お手軽燻製レシピ
最後に、「お酒のおつまみに最適!」な編集部秘伝「鶏胸肉の燻製」のレシピを特別に公開します!

【材料(4人分)】
・鶏胸肉:1枚
・調味料
水:1L
砂糖:100g
塩:100g
酒:100cc
ハーブ:適量

【STEP1】調理液につける
最初に鍋で水を沸騰させ、火を止めます。鍋へ調味料を入れ、かき混ぜて、冷めたら肉と一緒に密閉袋に入れてください。その後、クーラーボックスなどで冷やしてください。

【STEP2】水気をとる
肉を取り出したら、キッチンペーパーで水気をしっかりとりましょう。

【STEP3】網に置いて燻煙する
食材を網に置き、フタをして燻煙をはじめます。完成までの間、ときどきフタを開けて燻り具合を確認をしてください。
熱燻させる場合は、燻製材を熱するために炭を使いましょう。

【STEP4】完成&実食
燻すだけでさっぱりした香ばしさと、意外なうま味が楽しめる極上の鶏肉に早変わりします。

また、鶏胸肉以外にも、厚切りベーコンや……、
ベビーチーズに……、
しらすなんかもオススメです。
ほかにも玉子や鮭、ホタテもアリです。ぜひお好みの食材を燻製にしてみてください。


今回ご紹介したお手軽な燻製のつくりかたは、すぐにでも実践可能なものばかりです。キャンプをよりエンジョイするために、試してみてはいかがでしょうか。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [燻製・スモーカー用品]
    燻製器が千円チョイ! 初心者にもってこいの“楽ちん紙製スモーカー”試してみました
  • [燻製・スモーカー用品]
    【燻製デビュー】は「安くて小さい」この燻製機がバッチリでした
  • [コンロ・焚き火台]
    組み立て簡単&BBQ併用! 一生モノの“万能焚き火台”おすすめランキング10選|選び方...
  • [バーベキュー用品]
    【意外すぎる組み合わせ】骨までウマい“豚肉×マーマレード”の技ありバーベキュー|...
  • [バーベキュー用品]
    【見た目からウマい!】ブラジルのBBQ・シュラスコ入門|うまいッ!キャンプめしレシ...
  • [バーベキュー用品]
    いつものBBQに革命! ラク&美味なローストビーフ入門|うまいッ!キャンプめしレシピ...
  • [コンロ・焚き火台]
    ズボラさん必見! 準備5分ではじめるお手軽バーベキューグッズおすすめ3選|グリルが...
  • [バーベキュー用品]
    【包んで放置】ほったらかしカレーの極意、教えます|うまいッ!キャンプめしレシピ v...
  • [燃料]
    すぐ着火で長~く燃える! バーベキュー炭おすすめランキング6選|18秒で火がつく最強...
  • [コンロ・焚き火台]
    ホットプレートとは一味違う! 肉好きが絶賛するAmazonの“焼肉セット”はいかが?【...
  • [バーベキュー用品]
    もう戻れない。アウトドア初心者が慢心する大傑作3選
  • [コンロ・焚き火台]
    電車で運べる! Amazonの焚き火台でBBQもできるなんて…
  • [コンロ・焚き火台]
    秋キャンプで100%使える! 最速火起こしで家族に尊敬されるベストテク
  • [バーベキュー用品]
    BBQシーズン到来! 初心者におすすめバーベキュー道具7選
  • [バーベキュー用品]
    「栓抜きがない!」……じつは紙で開けられるってご存知ですか?
  • [バーベキュー用品]
    コールマン派もロゴス派も必見! 初夏のアウトドアおすすめアイテム8選
  • [バーベキュー用品]
    1ポンドステーキにかぶりつき! BBQの「手間なしゴージャス」化が止まらない!
  • [バーナー]
    男を上げる! コツすら不要のバーベキュー火おこし裏技
  • [バーベキュー用品]
    「BBQはコールマンを選んでおけば全員が幸せになる」説がガチである理由
  • [バーベキュー用品]
    焼肉名店「ゆうじ」がプロデュースした 炭火焼グリルのリアル感が飯テロすぎた!
  • [バーベキュー用品]
    脱・マンネリなバーベキュー! 他と差がつく“人気ミニ鉄板”検証レビュー|ヨコザワ...
  • [コンロ・焚き火台]
    孫の代まで受け継ぎたい、 おれんちのスゴい焚き火台、育てませんか。
  • [バーナー]
    「パパすごい!」ゴミだったビール缶をキャンプ道具に変える裏ワザを公開!
  • [テント]
    はじめてキャンプに最適! ドームテントおすすめランキング10選|高コスパ&組み立て...