【電子辞書】シャープなの? カシオなの? 比べてわかった最強の1台!
テスト
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2018年05月11日

【電子辞書】シャープなの? カシオなの? 比べてわかった最強の1台!

多くの語句を収録した紙の辞書やスマホ。「コレがあれば十分」と考えている声も少なくないようですが、ここであえて電子辞書を推したい理由があるんです! 手のひらサイズに膨大な情報を収録した電子辞書の魅力を探ってみました。

文房具 スマホ&タブレットの全盛時代に あえて「電子辞書」を使う理由

電子辞書とは、簡単にいうと「複数の辞書をまとめて引くことができる、軽量かつコンパクトな電子ツール」です。文字や単語を入力するだけで、素早く語源や意味を調べられるほか、最近の機種は英語をはじめ他言語の音声が聞けたり、「ジャンプ」機能を使って項目から項目へすぐに移動できるなど、多種多様な機能が搭載されています。

とはいえ編集部には、

編集部 阿部
「スマホでも辞書アプリは あるけど、わざわざ電子辞書って必要?」

編集部 松田
「辞書はやはり紙が いいっていいますが、どうなんですかね?」
といった疑問の声もあります。
岩波書店:広辞苑(第七版):辞書
広辞苑(第七版) 
完成記念特別定価:9180円(本体8500円+税)
定価	9720円(本体9000円+税)
確かに10年ぶりに改訂、新たに1万もの項目が増えた言葉の百科事典『広辞苑』第七版は、発売後まもなく、アプリも紙もアマゾンでベストセラーとなっています。
ただ、電子辞書には「スマホとは違い電波の届かない場所でも使える」「分厚く重く、持ち歩き不可能な辞書が複数搭載されている」など、アプリや紙にはマネできないメリットがあります。そこで電子辞書の利点ポイントを詳しく見てみましょう。

文房具 紙の辞書やスマホとはここが違う! 電子辞書の特筆すべき3ポイント

[ポイント1]脱線をせずに情報収集ができる
スマホだと、検索途中で画面に通知が出る、アラームが鳴るなど、ちょっとしたことで気を取られやすい。いい意味で、機能がシンプルな電子辞書なら、余計なことに気を払わずに辞書に集中できます。

[ポイント2]複数の辞書を横断して検索できる
紙やアプリの辞書の場合、そこに掲載されていなければ終了ですが、電子辞書なら、複数の辞書をまたいでの検索が可能。知りたいキーワードを他で調べることができます。また辞書によって、様ざまな解説を見られるのも利点。 

[ポイント3]携帯性とコスパ面で圧倒的に有利
収録コンテンツ数がかなり豊富。そのため、紙やアプリで個別に辞書を購入するよりも低価格。またコンパクトで持ち運びに優れ、過去に検索したキーワードを呼び出せるなど、紙の辞書にはマネできない便利な使い方が可能です。
これらのポイントを踏まえて、電子辞書の2大メーカーといわれる「カシオ」と「シャープ」を徹底比較していきます。

文房具 [比較機種1]センター試験の 6教科に対応した高校生向けモデル

カシオ:カシオ計算機 X-word XD-Z4800:電子辞書
カシオ計算機
X-word XD-Z4800
サイズ・質量:W148×H16.7×D105.5mm・約270g 
画面:5.3型タッチパネル
本体メモリー容量:約100MB
実勢価格:2万2628円 
英語力強化サポート機能で基礎から応用まで成績アップが見込めると人気の機種です。

文房具 [比較機種2]圧倒的コンテンツ数 で学生から社会人まで満足!

カシオ:カシオ計算機 EX-word XD-Z20000:電子辞書
カシオ計算機
EX-word XD-Z20000
サイズ・質量:W148×H16.7×D105.5mm・約270g
画面:5.3型タッチパネル
本体メモリー容量:約100MB
実勢価格:4万5000円 
通常の辞書には載っていないような専門用語も多数収録されています。

文房具 [比較機種3]高精細液晶画面を 搭載した英語学習に役立つ本格派

シャープ:Brain PW-SB5:電子辞書
シャープ
Brain PW-SB5
サイズ・質量:W152.4×H17.9×D96.5mm・約270g
画面:5.5型WVGA+カラー液晶
本体メモリー容量:約500MB
実勢価格:2万9670円
大学生から社会人までの英語学習に役立つモデル。本格的なコンテンツを多数収録しているのが特徴です。

この編集部がオススメする電子辞書を、4つの機能で比較してみました。

文房具 [視認性テスト]見栄えはシャープ でも液晶の反射が目立ちます

視認性を比べてみたところ、シャープは見栄えがよく、特にカラー写真はスマホやタブレットのような自然な色合いで再現します。ただ、液晶に反射が目立ち、外出先など自然光の下では画面が見づらく感じました。
シャープ:Brain PW-SB5:電子辞書
シャープ
Brain PW-SB5
評価:△
カシオ:カシオ計算機 X-word XD-Z4800:電子辞書
カシオ計算機
X-word XD-Z4800
評価:〇
カシオ:カシオ計算機 EX-word XD-Z20000:電子辞書
カシオ計算機
EX-word XD-Z20000
評価:〇
カシオの画面は少々暗め。「写真や図をはっきり見る」という感じではなく、あくまで資料として見ることが前提にあるようです。とはいえ、自然光の下では見やすい印象。暗闇ではどちらのメーカーも、液晶画面が見づらくありませんでした。

文房具 [操作性テスト]手書きモードは シャープが便利に見えたけど?

手書きについては、多くの文字が書けるシャープが便利のようです。しかし、認識までに多少時間がかかるという点で、かえって1文字ずつ書き込むカシオの方がスムーズに入力できそうです。その反面、シャープはボタンの反応が軽快。カシオはコンテンツ多数搭載しているせいか、動作が重く感じられました。なお、キーボード分離型のカシオの方が、誤入力は少ないようです。 
カシオ:カシオ計算機 XD-Z4800/XD-Z20000:電子辞書
カシオ計算機
XD-Z4800/XD-Z20000
評価:◎

上記の2機種は1文字ずつ手書きする仕様。1文字ずつ認識していくので、2つの文字が1文字として認識されることなく、誤認が少ないといえます。
シャープ:Brain PW-SB5:電子辞書
シャープ
Brain PW-SB5
評価:〇

一度に多くの文字を手書きできるタイプですが、読み込むのに多少タイムラグがあります。文字間が狭いと、2つの文字が1文字として認識されてしまいました。

文房具 [検索性能テスト] 最新人名はシャープが得意でした

カシオは収録コンテンツ数が多いため、専門的な言葉でも検索できました。しかし、人名検索については大きな差がありました。
シャープ:Brain PW-SB5:電子辞書
シャープ
Brain PW-SB5
評価:◎
カシオ:カシオ計算機 X-word XD-Z4800:電子辞書
カシオ計算機
X-word XD-Z4800
評価:△
カシオ:カシオ計算機 EX-word XD-Z20000:電子辞書
カシオ計算機
EX-word XD-Z20000
評価:〇
両社とも収録されている辞書は同じですが、シャープには写真が追加されています。たとえば、「ナポレオン」や「長嶋茂雄」などは両機ともヒットするのですが、「金正恩」「荒川静香」といった最近の人物になると、シャープだけが写真を表示。また自社の検索をかけた場合、シャープのほうが詳しく解説されていました。 

文房具 [写真・音声コンテンツテスト] 専門性はXD-Z20000がトップ

カシオ:カシオ計算機 EX-word XD-Z20000:電子辞書
カシオ計算機
EX-word XD-Z20000
評価:◎

野鳥図鑑といった専門コンテンツが入っているため、詳細はもちろん、鳴き声などもしっかり収録されています。
カシオ:カシオ計算機 X-word XD-Z4800:電子辞書
カシオ計算機
X-word XD-Z4800
評価:×

1色イラストとカラー写真の2パターンで掲載。ただし鳴き声などの音声は再生できません。 
シャープ:Brain PW-SB5:電子辞書
シャープ
Brain PW-SB5
評価:〇

大きく見えるカラー写真が特徴。一般的な野鳥の鳴き声などの音声も収録されています。
1つの単語に対して図版に写真、イラストを含め複数パターンが収録、鳥の鳴き声なども多数聞くことができました。写真や音声コンテンツの表示や再生ではカシオ「XD-Z20000」が断トツです。

S評価 専門性の高い辞書が搭載されている カシオ「XD-Z20000」が他機を凌駕

評判の最新電子辞書を4つのポイントから比較して、シャープ、カシオともにかなり使いやすいことがわかりました。特に便利だと感じたポイントは「手書き認識」機能です。例えば、書籍や新聞を読んでいて「匝瑳(そうさ)」という言葉が出てきた場合、読み方がわからず、スマホでも読み方を検索できないときに非常に役に立ちます。
今回ベストバイに輝いたカシオ計算機の「XD-Z20000」は、とにかく収録コンテンツ数が多く、1つの単語を検索すると、さまざまな辞書で意味を調べられるのでとても便利!

たとえば、「右」を検索したときに、「PW-SB5」では『大辞林』掲載の意味しか表示されません。「XD-Z20000」では4種類の国語辞典で意味を調べることができるうえに、それぞれの解説の違いを比較することができるのも非常に良い点です。また「エバーロール」といった、かなり専門的な単語も掲載されています。 
矢印キーと決定キーの間に隙間が空いているため、入力しやすいキーボードです。文字キーは手前に向かい、傾斜を持って配置されているので、不安定な場所でも入力しやすくなっています。

文房具 国語だけでも4種類の辞書を収録! 音声情報も豊富なカシオの電子辞書

さらに、言葉だけではなく、音声コンテンツも豊富に収録されており、先述の野鳥の鳴き声のみならず、「クラシック名曲のフレーズ」も検索できます。これがあれば、「名前は知っているけど、どんな曲だっけ」という場合、簡単に答えを見つけられます。

これ以外にも「手紙文例集」や「数え方の辞書」など多方面で役立つコンテンツが収録。

文房具 難しい漢字も教科書体で チェックできます

パソコンやスマホではわかりにくい文字や漢字を拡大して見る機能を搭載。資料や手紙などの作成時、書きにくく、画数の多い漢字などが出てきた場合も安心です。ハネやハライまで判別できます。

文房具 「広辞苑」第七版も収録 最新情報も調べられる

さらに10年ぶりに改定された『広辞苑』第七版を収録。新語も追加されており、広辞苑らしい的確かつ簡潔な短文で、「今を知ること」ができるのも大きな魅力です。

文房具 コスパの高さが光るシャープの辞書 スマホ感覚で気軽に使えると人気

「XD-Z20000」には及ばないとはいえ、収録コンテンツは100と充実しています。コスパの高い電子辞書を探しているのなら、3分の2価格のこちらを選ぶのもオススメ。またシャープは電子辞書というよりも、スマホライクな使い方ができるのも特徴です。
360度のオープンデザインで、辞書だけでなく小説なども追加コンテンツとして入れられます。読書もこの一台でこなせちゃいます。
あらためて電子辞書に注目してみると、学生やビジネスマンにとどまらず、あらゆる人に重宝するアイテムではないでしょうか。一家に一台、生活に役立つといった点でも、「XD‐Z20000」はイチオシの電子辞書です!
the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

こちらのコンテンツに登場する商品

関連記事