【シリアル】コーンフレーク、グラノーラ、オールブラン…栄養バランスがいいのは?
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
公開日: 2018年04月19日

【シリアル】コーンフレーク、グラノーラ、オールブラン…栄養バランスがいいのは?

朝食やおやつに便利なシリアル。スーパーに行くと、いろいろな種類があって目移りしてしまうほどですよね。そこで今回は、シリアルのキホンと選び方をご紹介したいと思います!

食品雑貨 種類豊富なシリアルの違いや 選び方をご紹介します

食べやすいうえに、食物繊維やビタミンなどの栄養を手軽に摂れるシリアル。牛乳といっしょに朝食として食べたり、ヨーグルトにかけて食感を楽しんだり……何かと便利な食品のひとつですよね。
とはいえ、最近はいろいろな種類のシリアルがあって「どれを選べばいいか迷っちゃう!」という方も多いのでは? そこで今回は、シリアル選びに役立つヒントをご紹介します。

[シリアルの基本]

保存方法:
高温多湿を避け密封し、常温で保存

食べきりの目安:
開封後1~2週間程度

おもな原材料:
とうもろこし、小麦、オーツ麦、玄米、ドライフルーツ等

それではさっそく、シリアルについてみていきましょう!

食品雑貨 ①グラノーラもコーンフレークも 「シリアル」の種類のひとつ

コーンフレークやグラノーラ、ミューズリーなど、名称はさまざまですが、どれも穀物をそのまま食べられるように加工した「シリアル」の一種です。
使われる穀物の種類や副材料などによって、名称が違うんです。

食品雑貨 ②穀物の種類によって 栄養が大きく変わります

シリアルは、どの穀物がメインになるかによって、たんぱく質、ミネラル、ビタミン、食物繊維などの量が大きく異なります。砂糖やフルーツの量などが気になりがちですが、シリアル選びにおいてそれ以上に重要ともいえるのが、使われる穀物の違いなんです。

たとえばコーンフレークには良質な炭水化物が多く含まれていますが、グラノーラに使われるオーツ麦や玄米などに比べると、たんぱく質や食物繊維、ビタミンは少なめです。

以下の成分表をご参考にしてください。
※日本食品標準成分表2015年版(七訂)より、可食部100gあたりの数値を引用。炭水化物は食物繊維を含む総量、ビタミンEはα-トコフェロール当量を記載
※シリアルの一食分は約50 g

味や食感の好みで選ぶことも重要ですが、こうした違いを知って選ぶことで、効率よく健康補助に役立てることができます。

食品雑貨 タンパク質や食物繊維重視なら オーツ麦中心のものがベスト

原材料や食感、形状、使われる甘味料による風味の違いなどは、パッケージからわかることが多いので、要チェックです。たとえば、玄米フレークに小麦が使われていたりと、商品名に書かれていない穀物が使われていることもあるので、アレルギーのある人は原材料を必ずチェックしましょう。

それでは、スーパーなどで手に入るシリアルを穀物別にご紹介します。

[とうもろこし/コーンフレーク]
ケロッグ:コーンフレーク(180g)
ケロッグ
コーンフレーク(180g)
購入価格:296円
※Amazonパントリーの商品購入ページに移動します
コーンフレークは、良質な炭水化物を手軽に摂ることができます。糖質が中心で、脂質やビタミンなどの量はさほど多くありません。


[玄米/玄米フレーク]
ケロッグ:玄米フレーク(220g)
ケロッグ
玄米フレーク(220g)
購入価格:280円
※6袋セットの購入ページに移動します
玄米のほか、小麦などの穀物が加わったものもあります。ビタミンB1などが豊富です。


[小麦/小麦外皮フレーク]
ケロッグ:オールブラン(235g)
ケロッグ
オールブラン(235g)
購入価格:307円
※6袋セットの購入ページに移動します
ケロッグ
オールブラン(235g)
購入価格:307円

食物繊維が非常に豊富な小麦外皮(ふすま)が使われています。小麦は、他の穀物中心のものにも使われます。

[オーツ麦/グラノーラ]
カルビー:フルグラ(380g)
カルビー
フルグラ(380g)
購入価格:411円
※Amazonあわせ買いの購入ページに移動します
オーツ麦を使ったシリアルで、甘味を加えたものがグラノーラです。こちらは、フルーツなどの栄養も加わります。


[オーツ麦/オートミール]
日本食品製造:プレミアムピュア オートミール(300g)
日本食品製造
プレミアムピュア
オートミール(300g)
購入価格:384円
※4袋セットの購入ページに移動します
オーツ麦をフレーク化したものを、オートミールと呼びます。たんぱく質や食物繊維が豊富です。


[オーツ麦/ミューズリー]
ミューズリーもオーツ麦を使用していますが、甘味や油を加えないものになります。


以上、シリアル選びのヒントをご紹介しました。ふだん何気なく選びがちですが、メインとなる穀物によって栄養価が大きく変わってきますので、ぜひこちらをご参考にしてみてくださいね!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

こちらのコンテンツに登場する商品

関連記事