知らなきゃ損! 後悔しない“毛玉取り”の選び方
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2018年09月01日

知らなきゃ損! 後悔しない“毛玉取り”の選び方

まだまだ暑いけど、タマに涼しい日がある。となると、そろそろ衣替えも近づいているということ。久しぶりにクローゼットから取り出したニットが毛玉だらけ……なんて状況を前に無手ではのぞめません。そう、今こそ、毛玉取りを準備しておくべき時期なのです。

ホーム 毛玉取りは、洋服によって 選ぶのが正解です!

ニットやジャケットなど、お気に入りの洋服を自分でお手入れするときに便利な「毛玉取りアイテム」。ネットなどで探してみると、多くのメーカーからいろいろな種類のものが発売されていて、正直どう選べばいいのか悩ましいところです。

そこで今回は、電気タイプ、ブラシタイプなど、各アイテムの特徴や選び方をご紹介します!

ホーム ①「面の広いタイプ」は 均一にムラなく取れます

「泉精器製作所」や「テスコム」の毛玉取り器のように、毛玉を取る面が広いタイプは、均一にムラなく毛玉を取ることができます。
テスコム:KD778-H:毛玉取り
テスコム
KD778-H
実勢価格:2979円
泉精器製作所:KC-NW87:毛玉取り
泉精器製作所
KC-NW87
実勢価格:3978円
手早く取れるので、忙しい朝には大助かり なタイプだといえます。

ホーム ②「高さ調節機能付き」は 生地を傷めません

ニットは、どうしても繊維が傷みやすいのですが、刃との高さを調節できるものを使用すれば傷めず取れます。前出の「テスコム」と「泉精器製作所」の毛玉取り器には調節機能が付いています。


そのほか、とくに優しくケアしたい服があるときはブラシがオススメです。

ホーム ③「ブラシタイプ」は 服を傷めたくない人向け

刃で取るタイプに比べると、毛玉の取れる量は少ないですが、ブラシタイプの毛玉取りなら、大事な生地を傷めにくいのがメリットです。
コジット:洗濯塾の毛玉取りブラシ:毛玉取り
コジット
洗濯塾の毛玉取りブラシ
実勢価格:1814円
コジット:クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ:毛玉取り
コジット
クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ
実勢価格:1399円
刃で切り取るか、ブラシで優しく取るか、毛玉取りはは、服の大切さによって使い分けることをおすすめします!


なお、こちらの記事では「電動の毛玉取り製品比較」をご紹介しております。あわせてご覧ください!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事