【サプリの真実】プロが飲むビタミンCは推奨量の30倍です
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部

【サプリの真実】プロが飲むビタミンCは推奨量の30倍です

サプリを毎日摂取しているという方も多いと思いますが、実はいろいろと勘違いしていることってあるんです。そこで、今回は知られざるサプリの真実について学びましょう。話を聞いたのは、栄養士でありながらプレイヤーでもあるモデル・奈保さん。サプリにおけるプロの常識について教えていただきました。

本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。

ヘルスケア 経験を活かしたサプリ開発に加え 栄養士としても活躍するプロに聞きました

サプリや食事のプロとして今回話を聞いた奈保さんは、世界初の男女の年齢別ミスター&ミスコンテストであるベストボディジャパンで2015年グランプリを獲得した経験の持ち主。

自身がプレイヤーということもあり、知識だけでなく、経験に基づいて解説してくれるため、奈保さんの話はリアリティがあってわかりやすく、説得力がありました。
栄養士・モデル 奈保さん [プロフィール] 世界初の男女の年齢別ミスター&ミスコンテストである「ベストボディジャパン」にて、2015年のグランプリを獲得。現在は、栄養士としての執筆活動やサプリメントの開発などにも携わる。アパレルショップ「KAPUA(カプア)」の経営も行う。
女性らしさを競うベストボディジャパンの2015年大会ではグランプリを獲得。

サプリメント企業でのキャリアもあり、成分の配合、パッケージなど、アドバイス領域は多岐にわたり、現在も企業とのサプリメント開発やアドバイザーとして参加しているという奈保さん。

今回は実践経験に基づいた確かな理論と定評のある奈保さんに、サプリにおけるプロの常識を教えていただきました。

ヘルスケア ビタミンCは10粒飲んでもOK? 基準値はあくまで最低限です

サプリは1日に摂取する目安量が決められていることが多いため、1日10粒飲んでもいいと言われてもにわかに信じられないかもしれませんが、奈保さんに言わせると、これには確かな理由があるとのこと。

例えば、一般的なマルチビタミン&ミネラルサプリの1回あたりのビタミンCの含有量は75㎎。日本の成人男性が1日に摂取すべき100㎎という基準からみると、十分なようにも思えます。
しかし、「基準値はあくまで人間が生きていく上での最低限の量。カラダに目に見える形で効果を出したいなら、2~3粒じゃ意味ありません。私はビタミンCを3000㎎摂っています」と、奈保さん。なんと、基準値の実に30倍!

また、仮に摂りすぎだったとしてもビタミンCは水溶性のため、吸収されずに尿として排出されます。
ただ、「ビタミンB6」「葉酸」「ナイアシン」、この3種類は過剰摂取に注意が必要です。

厚生労働省が定める上限値があり、ビタミンB6の場合は成人で100mgとなっています。ただ、これは一般的なマルチビタミンサプリ(※ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラルで算出)で摂取するには100粒という分量。1日10粒程度では上限値にはほど遠いことがわかりました。そのため、あまり心配することなく、積極的に摂ることが重要です。

ヘルスケア プロの間でニンジンはデザート? 野菜=ヘルシーとは限りません

トレーニングをする人たちの間で、冗談半分に言われている格言的なものではあるそうですが、割と真理をついていたりもします。

その一例として、「野菜=ヘルシーと思われがちですが、そうとも限らない」と、奈保さんは言います。特にニンジンは野菜の中でも糖質が多く、制限食には不適切なのだそう。同じくジャガイモやトウモロコシもこれに当てはまります。
米やパンを食べていないというだけで、糖質制限をした気になっていたりしますが、実は……なんてことになりがちなので注意したいところです。

プロとしては、「サプリを積極的に摂るのは、食事だけに頼ると不必要な栄養も摂ってしまうから」(奈保さん)ということもあるんだそうです。

ヘルスケア 海外産は不安? でもどうせ、 国内メーカーも生産が海外かも…

サプリメントというと、なんとなく「海外産は不安……」と思っている人は多いでしょう。でも、その思い込みは確実に損。まず、そもそもの話、サプリメントは国内メーカーであっても国内生産しているとは限りません。

逆をいうと、どこで作っていようが成分さえ正しければ得られる効果は同じなので、海外産でも評価が高いものを選んでいれば問題ないといえます。
さらに、奈保さんいわく「海外でも特に保険のきかないアメリカはサプリ大国。競合メーカーも多く、品質が高いです。1粒の含有量が高く、効果が出やすいのもいいですね」とのこと。

また、ハーブ類などのサプリはモノによっては国産では手に入らない、または高価であることも多く、その点も海外産のメリットといえます。ちなみに、海外産サプリでは定番の個人輸入サイトなどを使うと国産サプリよりも安く入手できます。
海外のサイトは成分が英語であったりなどのデメリットはありますが、うまく使えれば魅力大。たとえば、トレーナーの定番サイトとなっているのが、種類の多さと価格の安さに加え、日本語表記で使いやすいことで人気の「iHerb(アイハーヴ)」。

「iHerb(アイハーヴ)」の詳しい記事はこちら
【サプリ】Amazonでは買えない「iHerb」のおすすめ3選

ヘルスケア 【番外編】プロおすすめのサプリは 脂肪燃焼系サプリCLAとカルニチン

今回お話を聞いた奈保さんのおすすめは、脂肪燃焼効果が注目されているCLA。

蓄積した脂肪を分解・燃焼・抑制する働きがあるといわれています。体内ではほとんど作られないため、乳製品を食事に取り入れたり、サプリで摂取することが理想です。
ゴールドジム:CLA
ゴールドジム
CLA
実勢価格:3870円

そして、このCLAの働きを助けるといわれているのがカルニチン。2つのサプリを一緒に飲むことで脂肪燃焼効果が高まりやすくなります。どちらも食事だけで必要量を摂るのはなかなか大変ですが、サプリだと毎日手軽に取り入れられます。
ゴールドジム:カルニチン
ゴールドジム
カルニチン
実勢価格:5184円

奈保さんに話を聞いてサプリにおけるプロの常識を学ぶことができました。効果を出すためには必要な量を1日に飲むべきことや野菜=ヘルシーはまさに勘違い。目からウロコの貴重な話が聞けました。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

こちらのコンテンツに登場する商品

関連する記事はこちら