「PCゲームをモバイルする」その最適解がコチラです
テスト
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2018年03月31日

「PCゲームをモバイルする」その最適解がコチラです

屋外でもマウスなどを使わずに携帯ゲーム機感覚でプレイできる、ゲームパッド付きの超小型PC GPD WIN。ゲーマーの間でも高く支持され、PCゲーム歴数十年のITライター佐久間氏も愛用しています。2018年6月にGPD WIN2の発売が発表されたことを受けて、あらためてGPD WINの魅力をレビューしたいと思います。

AV機器 ゲーマー期待GPD WIN2が6月発売 初代の欠点を改善して生まれました

テレビやパソコンでしかプレイできなかったゲームを、ポータブル携帯ゲーム機としてはじめて実現した初代GPD WIN。

しかし、これにとどまらず、放熱や消費電力、バッテリー寿命などのウィークポイントを完全にカバーしたのが第2世代のGPD WIN2。超大作のPCゲームを円滑にプレイできるとされています。
GPD:GPD WIN 2
GPD 
GPD WIN 2
実勢価格:7万9800円

AV機器 どんなゲームも快適なGPD WIN ゲーム歴数十年のゲーマーも絶賛です

来たる6月に発売されるGPD WIN 2ですが、初代の存在なしでは語ることができません。初代GPD WINはPCゲーム歴数十年のゲーマーであるITライターの佐久間氏も愛用しており、PS Vitaのような操作性でアナログスティックをコントロールできて非常にレベルが高いです。

ゲームパッド部分はアクションのようなスピードが必要なものからFPSのように正確性が求められるものまで、「幅広いゲームを快適にプレイできる」とPCゲーム歴の長い佐久間氏も絶賛しています。
GPD:GPD WIN
GPD 
GPD WIN
実勢価格:4万1000円
サイズ:W155×D23.5×H96mm
重量:380g 
OS:Windows 10 Home (64bit) 
プロセッサ:Intel Atom x7-Z8700 Processor 
メモリ:4GB 
ストレージ:64GB
Bluetooth:Bluetooth 4.1 
バッテリー:6700mAh
「キーボードは小さいですが、慣れれば実用に耐えられます」と、ITライターの佐久間康文氏。

AV機器 超小型ノートPC GPD Pocketは ポケットに入れて持ち運べます

GPD WINと同じく、佐久間氏がクラウドファンディング時代に購入して使い続けているのがGPD Pocket。こちらはゲーム用途ではなく、8GBメモリやフルHD超えの液晶を搭載の性能面に妥協のない本格派です。
GPD:GPD Pocket
GPD 
GPD Pocket 
実勢価格:5万7900円
サイズ:W180×D18.5×H106mm・
重量:約500g 
OS:Windows 10 Home (64bit) 
プロセッサ:Intel Atom x7-Z8750 Processor 
メモリ:8GB
ストレージ:128GB 
Bluetooth:Bluetooth 4.1 
バッテリー:7000mAh
※下記リンク先は液晶保護フィルム付属品です。
ジャケットのポケットに入るサイズ感!

6月に発売されるGPD WIN2は初代の不満点を完全に洗い出し、それをすべて改善して、新たに設計したというから期待感が高まります。公式予約の販売は規定数量に達した時点で締切ですので、お早めに。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事