グンゼ、無印じゃダメ? 「長~く使えるタイツ」圧倒的No.1はあのメーカー!
テスト
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
公開日: 2018年03月02日

グンゼ、無印じゃダメ? 「長~く使えるタイツ」圧倒的No.1はあのメーカー!

タイツは消耗品ですが、長く履けるにこしたことはないですよね。洗濯による縮みや毛玉を気にせず長くはけるタイツを調査しました!

ビューティー お気に入りだから いつまでもはきたい!

前回までは、タイツについて「脚がキレイに見えるかどうか」「はき心地がいいか」に焦点を当てて検証してきました。

タイツ比較・美脚効果編
タイツ比較・はき心地編


他にタイツで気になる要素といえば、やっぱり「耐久性」ではないでしょうか。せっかくお気に入りが見つかったのに、そればかりはいて縮んだり毛玉ができたりすると、もう外へはいていけなくなってしまいますよね。最悪は破れてもいないのに処分することに……。

そこで、長持ちするタイツを探すべく、タイツの耐久テストを行いました!

[検証方法]

①洗濯耐久性
すすぎ1回設定で5回洗濯。洗濯前後でどれだけサイズに変化があるかを調べました。

②摩擦耐久性
カーペットに2000回こすりつけ、毛玉の出来やすさをチェック。

これらの項目を検証した結果、なんと5回連続の洗濯も2000回摩擦にも耐え抜く1本が見つかったんです! それでは結果をどうぞ。

※店舗によっては在庫がない場合があります。ご了承ください。

A評価 あらゆるダメージに へこたれない1本!

ATSUGI:引き締め発熱タイツ:タイツ
ATSUGI
引き締め発熱タイツ
実勢価格:864円
テスト結果

①洗濯耐久テスト:◎
下は洗濯前、上に重ねているのは洗濯後のタイツです。5回洗濯しても長さはわずか1cmの変化。

ウエストに関しては衝撃の±0cm(!)という結果でした。


②摩擦耐久性:◎
白い糸はカーペットの糸くずがくっついたもの。2000回もこすりつけたのに、毛玉一つ出来てないってすごくありません? 生地の傷みも出ず、長くはき続けられることを見事証明しました!

B評価 1位に迫る高い耐久性 ATSUGI強し!

ATSUGI:温感発熱タイツ:タイツ
ATSUGI
温感発熱タイツ
実勢価格:864円
テスト結果

①洗濯耐久テスト:◯
洗濯による縮みはつま先が-2cm、ウエストは±0cmで変化なしでした。これなら許容範囲内で頻繁に買い換える必要ナシ!

②摩擦耐久性:◯
若干小さな毛玉になりそうな毛羽立ちは見えるものの、目立った毛玉はなく合格点です。

C あと一歩! な 惜しいタイツたち

ここからご紹介するのはどちらか一方のテストが低評価だった惜しいタイツたちです。
GUNZE:Tuche:マイクロフリース調タイツ:タイツ
GUNZE
Tuche マイクロフリース調タイツ
実勢価格:864円

テスト結果

洗濯耐久テスト:△
5回の洗濯後ではつま先が-5cm、ウエストが-2cmという結果でした。
GUNZE:Tuche:ぬくもり調温タイツ:タイツ
GUNZE
Tuche
ぬくもり調温タイツ
実勢価格:848円

テスト結果

摩擦耐久性:×
摩擦テストは糸がほどけて長い毛玉が出来ました。


どちらか一方のテスト結果が気になるタイツは、少しずつですが確実にダメージが蓄積していきます。これらのタイツは何足か買い揃えておくのがベターですよ。

D 一番ガッカリだった 無印のタイツ

無印良品:オーガニックコットン混:足なり直角タイツ:タイツ
無印良品
オーガニックコットン混
足なり直角タイツ
実勢価格:990円

テスト結果

①洗濯耐久テスト:×
洗濯後はウエストが-1cm、つま先にいたっては-7cmともはや別のタイツのようになってしまい、洗濯のたびに不安になりそうな残念な結果に!

②摩擦耐久性:△
こすると無数の毛羽立ちが生まれ、太い糸が傷んでケバケバに……。

以前の「はき心地」テストではベストに輝いた無印良品ですが、耐久性は残念な結果に……。

これでは早くはけなくなる日が来てしまう……? と不安になってしまうかもしれませんが、実は洗濯時のちょっとした工夫で、型くずれしないワザがあるんです!

それでは最後にご紹介しましょう。

ビューティー 伸びない縮まない タイツの正しい洗い方

型くずれしないタイツの洗い方はカンタンです!

つま先が外になるようにたたむor巻いてネットに入れ、いつものように洗います。
たたんでネットへ。
もしくは、巻いてネットへ。

たったワンステップで、型崩れは劇的に解消されます。
ワーストだった無印のタイツをこの方法で5回洗濯したところ、つま先-3cm、ウエスト±0㎝とかなり型崩れを軽減できました!

なぜ型崩れを防げるのかというと、たたんだり巻いたりするとタイツが強い水流に揉まれすぎなくなるからです。ちなみに、衣類にやさしい液体中性洗剤で洗えばさらにGOOD。ぜひお試しくださいね。


いかがでしたでしょうか? タイツがいくら消耗品とは言え、せっかく買うのだからやっぱり長く使いたいもの。ぜひ、タイツを選ぶ際の参考にしてください!


the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

こちらのコンテンツに登場する商品

関連記事