バルミューダを超えた! クロワッサンを
日本一美味しく焼くコンベクションオーブン
ランキング
青山 卓弥
青山 卓弥/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2017年03月25日

バルミューダを超えた! クロワッサンを 日本一美味しく焼くコンベクションオーブン

お店で買ったクロワッサンを自宅のオーブンで焼くと、冗談抜きで誰もが笑顔になる味わいになることをご存知でしょうか。毎日に幸せを届けてくれる、クロワッサンを日本で一番美味しくリベイクするトースター、BEST10の発表です!
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。

キッチン クロワッサンをトースターで焼くと ギョッとするほど美味しくなりますが……

お店で買ったクロワッサンは、そのまま食べても美味しいけれど、トースターで焼き上げると仰天するほど美味しくなることをご存知でしょうか。
サクサクした皮はなんとも香ばしく、噛み締めるとジューシーなバターの香りが溢れる、それはもう至福の味わいになるのですが、しかし、その度合いもトースターでだいぶん変わってしまいます。

そこで、とにかくクロワッサンを美味しく焼く、というテーマのもと、オーブントースター全27台で厳正なる検証を行いました。すると、知る人ぞ知る高級トースターであるバルミューダのザ・トースターは、なんと4位。

6人の識者が思わず爆笑するほどの味わいに仕上げたのは、タイガーのコンベクションオーブン、KAS-G130だったのです!

キッチン [テスト方法]6名のプロが 焼きたてを食べて採点しました

識者のひとりである根本さんのお店「ネモ・ベーカリー&カフェ」のクロワッサンを、適正な焼き上がりに調整したうえで6名のプロに実食していただきました。

[採点項目]
外側のサクサク感
中のジューシーさ
(各10点満点、計120点がMAX評価です)

それでは、KAS-G130を含めた全27台の中から選び抜いた、クロワッサンが超おいしくなるトースターランキングBEST10を発表致します!

記事1位BEST [第1位]タイガー KAS-G130 検証現場を笑顔で満たした至福の1台

タイガー魔法瓶:コンベクションオーブン&トースター:KAS-G130
タイガー魔法瓶
コンベクションオーブン&トースター KAS-G130
実勢価格:8845円
サクサク感:57pt ジューシー感:55.5pt
ほおばるたびに、パリッサクッとした歯ごたえがあり、噛み締めるとジューシーな旨味が溢れる。実食した食のプロが、思わず笑い出すほどの仕上がりになりました。

美味しく仕上がる理由は、庫内上部の遠赤(黄色いヒーター)を含む3本のヒーターと、2つのファンによる効率的な熱循環。
「庫内が立体的なつくりで、おいしいパンを焼く条件が揃っています」(ネモベーカリー&カフェ シェフ・根本孝幸さん)と、著名なパン職人が認める構造で、かつ、2ヶ月間パンを焼き続けたテスターが「これが一番焼き色の調整がラクです」口を揃えた秀逸な操作感。クロワッサンはもちろんですが、パン派の方には、ぜひご注目いただきたい1台です。

余談ですが、クロワッサンの美味しさに「コクがスゴい!」(バタートースト評論家・梶田香織さん)という表現があることを知ったのは今回が初めてでした。

記事2位BEST [第2位]パナソニックNT-T500 効果的な熱循環が本領発揮

パナソニック:オーブントースター:NT-T500
パナソニック
オーブントースター NT-T500
実勢価格:6333円
サクサク感:51pt ジューシー感:53pt
一度にトーストを3枚焼くために庫内が広くつくられていますが、そのぶん、U字石英管ヒーターやディンプル加工が施されるなど、熱循環を促す立体的な構造になっています。
そのため、「油分がきちんと感じられて、しっとりとした食感。非常にバランスが良いですね」(ネモベーカリー&カフェ シェフ・根本孝幸さん)と、クロワッサンをつくった当人が絶賛する焼き上がりになりました。

現場では「パン以外を焼いても美味しそう」との声もでるほど、構造に対する評価が高い1台でした。コレで7000円って、超狙い目なのではないでしょうか。

記事3位BEST [第3位] 象印こんがり倶楽部GS30 5本のヒーターでじっくり焼き上げる!

象印マホービン:オーブントースター:こんがり倶楽部:ET-GS30
象印マホービン
オーブントースター こんがり倶楽部 ET-GS30
実勢価格:6764円
サクサク感:48pt ジューシー感:55pt
トーストよりも、クロワッサンやバゲットのように、厚みがあるパンを焼き上げるときに真価を発揮する1台です。
下段3列、上段2列のヒーターは強力そうですが、どうやら一気に焼き上げるよりも、じっくり時間をかける方が美味しく焼けるタイプのようです。

その影響か、クロワッサンは「中のふんわり感と香りがいいです! もうちょっとパリッとしていたらベスト」(家電コンシェルジュ・神原サリーさん)と、サクサク感が惜しいという評が多くなりました。

使い方にコツが必要なタイプですが、ポテンシャルが高いことは間違いありません。

記事4位 [第4位]バルミューダ ザ・トースター 香りとジューシーさはバツグンです

バルミューダ:ザ・トースター:K01A-KG
(画像をクリックすると公式ページへ移動します)

バルミューダ
ザ・トースター K01A-KG
実勢価格:2万4732円
サクサク感:49.5pt ジューシー感:50pt
エントリーモデル中、知名度もお値段も最高峰の1台。蒸気の力で失われたパンの水分を補うというコンセプトが、比較的油分の多いクロワッサンとマッチしきらなかったのかもしれませんが、「中は弾力がありジューシーです」(科学する料理研究家・さわけんさん)など、おおむね好評ではありました。

クロワッサンをリベイクする際は、ほんのちょっと、投下する水分量を減らすと、よりサクサク感が増しますので、どうぞお試しを。

記事5位 [第5位]アラジン グラファイト 短時間調理がクロワッサンと相性◎

アラジン:グラファイトグリル&トースター:AET-G13
アラジン
グラファイトグリル&トースター AET-G13
実勢価格:1万6400円
サクサク感:46pt ジューシー感:44pt
銅の2~4倍の熱伝導率を持つという独自素材「遠赤グラファイト」をヒーターに採用。加熱が速く、短時間かつ高温で焼き上げることができるためか、油分が多いクロワッサンとは相性よし。特にサクサクっとした食感は高評価を得ました。

1度に4枚のトーストを焼ける広い庫内ですが、熱のまわりが早い! これも、美味しいパンを焼く秘訣のひとつです。

記事6位 [第6位]コイズミ KOS-1012 格安モデルのダークホース

コイズミ:オーブントースター:KOS-1012
コイズミ
オーブントースター KOS-1012
実勢価格:2480円
サクサク感:45.5pt ジューシー感:43pt
2000円台という格安価格ながら、クロワッサンの評価は上位にランクイン! 「ふんわり感はそこまでないけれど、バターの香りがたっています」(家電コンシェルジュ・神原サリーさん)と、若干物足りなさがありつつも、全体的には及第点といった評でした。

食パンを2枚載せるのがギリギリな小さな庫内に、熱を閉じ込める工夫がチラホラ。お値段を考えれば、焼き上がりは上々です!

記事7位 [第7位]三菱電気 BO-R65JB 表面のサクサク感はバッチリでした

三菱電機:BO-R65JB:トースター
三菱電機
BO-R65JB
実勢価格:9800円
サクサク感:46pt ジューシー感:40.5pt
庫内にディンプル加工が施され、小振りながら1200Wというパワーで表面はサクッと仕上がりますが、中がジューシーというより、少し重たい印象になりました。

ちなみに、扉を開けるときに網が大きくせりだすので、パンを取り出しやすくて助かりましたことを補足しておきます。

記事8位 [第8位]象印 こんがり倶楽部VB22 こんがり焼き上がるも香りに欠けます

象印マホービン:オーブントースター:こんがり倶楽部:ET-VB22
象印マホービン
オーブントースター こんがり倶楽部 ET-VB22
実勢価格:3886円
サクサク感:43.5pt ジューシー感:42.5pt
見た目はこんがり焼き上がりますが、味わいは無難。「風味がイマイチ広がりません」(料理家・風間章子さん)と、香りに欠けるという指摘も。

ロールパン検証時には、むっちりとした仕上がりが高評価でしたが、クロワッサンのポテンシャルを引き出すことは少々難しいようです。

記事9位 [第9位]ビタントニオ VOT-1 遠赤ヒーターがちょっと強すぎた?

ビタントニオ:オーブントースター:VOT-1
ビタントニオ
オーブントースター VOT-1
実勢価格:8988円
サクサク感:41.5pt ジューシー感:43pt
表面はカリカリ、中もふんわりと、見た目は非常に美味しそうに焼き上がります。ただ、「サクッと噛み切れる軽やかさがないですね」(バタートースト評論家・梶田香織さん)と、味わいは今一歩物足りなさがありました。

トーストを1度に4枚焼ける使用ですが、広い庫内をカバーするハイパワーの遠赤ヒーターが、クロワッサンには向かないのかもしれません。

記事10位 [第10位]東芝 HTR-L6 しっとり感が物足りない……

東芝:HTR-L6-S:トースター
東芝
HTR-L6-S
実勢価格:6945円
サクサク感:44pt ジューシー感:38pt
サクっとした食感はよいものの、中が少し堅くなって、ジューシーさを感じにくい焼き上がりになりました。「中がぺしょんとしてしまっています。ジューシーというより、ベタつく感じ」(料理家・風間章子さん)と、クロワッサン的には厳しいという指摘も。

熱を反射するミラーガラスを扉に採用しているので熱の循環は良さそうなのですが、ヒーターとのバランスがクロワッサンにはあまり向いていないようです。

キッチン 試食していただいたパンのプロの方々です。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事