【4Kモニター価格破壊】Amazonパトロール隊員がうなった1台がコレ
ベストバイ
阿部 淳平
阿部 淳平/Test by 家電批評編集部
公開日: 2018年02月27日

【4Kモニター価格破壊】Amazonパトロール隊員がうなった1台がコレ

美麗映像の4Kモニターは高価なイメージがあるかもしれません。最近は価格破壊が進み、お手頃価格の製品が登場しています。今回はプロユースで高価でありながら、神コスパといわれる4Kモニターをご紹介します!

パソコン 4K UHDで破格の安さ BenQの本気を見た!

今回ご紹介する「BenQ SW271」は、4K UHD解像度やHDRに対応する超高性能モニター。10-bitパネルを採用し、色空間も広いんです。
BenQ:SW271:4Kモニター
BenQ 
SW271
実勢価格:13万9800円
●サイズ/W613.8×H504.49~610.95×D213.43mm
●質量/約9.3kg
本来のメーカー希望価格は18万円前後ですが、Amazonは海外に合わせて13万円台とかなりお値打ち。とはいえ、決してお手頃価格とは言えません。では、なぜ神コスパなのでしょうか?

パソコン HDRで映像を さらに美しく表現

「SW271」のベゼルは極薄で、これが画面を際立たせます。また、10億以上の色を映し出す10-bitディスプレイ、黒から白までのダイナミックレンジを広げてよりリアルな表示を行うHDR、ディスプレイ内の画像処理チップにより環境に合わせて最適な色調整を行えるハードウェアキャリブレーション対応など、同価格帯の製品に比べて抜きん出た性能を誇っています。
通常(Adobe RGB)
Adobe RGBカバー率99%で自然に近い色彩を再現。プロ用途に耐える性能です。
HDRオン
黒から白までのダイナミックレンジを広げるHDR対応でより鮮やかに!
HDRや3段階のモノクロ、sRGBなどのワンタッチモードに加え、色温度や色域なども細かく手動で調節できるうえ、ハードウェアキャリブレーションにも対応します。選べるメニューが豊富で、どこまでもこだわれるんです。

パソコン 筐体の造りのよさも一段うえ! デスクワークをより快適に

優れているのはスペックだけではありません。まず、金属質なスタンドは見た目にも美しい! ピボット、チルト、スウィーベルといった調節機能はもちろんのこと、無段階の高さ調節も可能で、作業ごとに最適なポジションに容易に変更できます。

付属品も豪華で、表示モードの切り替えを手元で行えるOSDコントローラーや、縦・横それぞれの向きに対応する遮光フードも用意されています。入力端子が充実しているのもありがたいですね。
無段階の高さ調節に対応。角度調節もでき、いつでも最適なポジションに。
取り外し可能な遮光フードを標準装備し、周辺光の影響による色ムラを軽減。HDMI2.0やUSB Type Cなど端子類も充実しています。
スタンドは安定感と見た目のよさを兼ね備え、左右45度のスウィーベルにも対応。背面のコード類の取り外しもしやすい設計です。
画面を回転させてタテ表示もこなします。



モニターに並々ならぬこだわりを持つ家電批評PC担当も、思わずうなるほどの高性能モニターのご紹介でした。このモニターなら、仕事もはかどるのではないでしょうか。UHDブルーレイにも対応しているので、Netflixも4Kで観られて、エンタメにもオススメです! 

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事