バスマットで話題の素材…食器の水切りにも最高でした
ベストバイ
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
公開日: 2018年03月18日

バスマットで話題の素材…食器の水切りにも最高でした

食器の水切り用ラックやカゴって、下のトレイにたまった水を放置しておくとすぐにヌメヌメとした汚れが発生してしまうんですよね。マメに手入れをすればいいのは分かっていますが、ちょとメンドウ……。そこで今回は、手間なく食器の水切りができる話題のアイテムをご紹介したいと思います!

キッチン 置くだけで食器の 水気をぐんぐん吸収!

水切りラックの下のトレイのヌメヌメ汚れが気になる方には、バスマットでお馴染みの吸水素材「珪藻土(けいそうど)」を使った水切りボードをオススメします。
soil:GEM:ソイル ジェムシリーズ 珪藻土ドライングボード:バスマット
soil
GEM ソイル ジェムシリーズ
珪藻土ドライングボード
サイズ:295×240×9.5mm
重量:約600g
実勢価格:4720円
「 珪藻土 」と「 ひる石 」2つの素材配合により、さらに吸水性がアップしたというsoilの水切りボード。
洗い終わった食器を置くだけで、滴る水をぐんぐん吸収してくれます。ラックと違って水が溜まることがないので雑菌やヌメりが発生する隙を与えません。
シンプルで清潔感のあるホワイトカラーがキッチンに映えます。

以上、珪藻土水切りボードのご紹介でした。

洗い物を置いておくだけで水切りができて、いやなヌメリも発生しないのはうれしいですね。見た目もオシャレなので、これなら人目に触れる場所に置いてあっても大丈夫! これから新生活を始める人へのプレンゼントにもオススメですよ。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

こちらのコンテンツに登場する商品

関連記事