無印にそっくり!…だけど、ニトリのボウルはオススメできない理由
テスト
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
公開日: 2018年01月25日

無印にそっくり!…だけど、ニトリのボウルはオススメできない理由

木製ボウルはパンやサラダを盛り付けるだけで少し贅沢な朝を味わえるアイテム。だからこそチープなものは避けたいところ。そこで、今回は人気の無印良品と無印に激似の木製ボウルを実際に使い、どちらが「買い」か比較してみました。

キッチン 同じアカシア材のボウルも 仕上がりで無印に軍配です

同じ素材を使う無印とニトリの木製ボウルは、フチのカットひとつで料理映えに差が……。丸みをおびたフチの無印は、上品なイメージで、料理をいっそう引き立たせてくれます。

一方、切りっぱなしのフチのニトリは、無骨なうえ、厚みの分、容量もダウン。高くても無印のほうが使い勝手がいいとう結論になりました。それでは、もう少し詳しく両者の違いを見ていきましょう。
無印良品:アカシア ボール:食器
無印良品:アカシア ボール:食器
(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

無印良品
アカシア ボール
実勢価格:2490円/1490円
約直径24×高さ9cm
約直径16×高さ7cm

アカシア材を使用したボウル。やわらかなフォルムが印象的で、手のひらサイズから大皿までサイズも豊富にそろっているのも便利です。
ニトリ
アカシア ボウル
実勢価格:1990円/799円
約直径23.4×高さ8.3cm
約直径14.4×高さ6cm

無印と同じくアカシア材を使用した手作りの品。切りっぱなしの印象が強いフチが、無骨なイメージを与えがちです……。
実際に2つのボウルを比べてみました。形や厚みこそ違うものの、アカシアの持つやわらかな風合いや色味はそっくりです。

キッチン 「フチの厚み」が容量の決め手 たくさん入るのは無印です

ニトリのボウルはフチに厚みがあるせいで、お皿が大きいにも関わらず内容量が少なくなってしまいます。
対して無印は厚みがないため、ニトリより小ぶりなのにたくさん入ります。

以上、ニトリ、無印良品の木製ボウル比較でした。使ってみた結果、見た目も実用性でも無印が上。値段は少々高くてもこちらを選びたいところです。
the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事