本家を超える激旨モノ発掘! Amazonイクラ頂上決戦はコスパが決め手に
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2018年01月18日

本家を超える激旨モノ発掘! Amazonイクラ頂上決戦はコスパが決め手に

イクラというと、一般的に鮭の魚卵をイメージする人が多いのではないでしょうか。でも実は、鱒の魚卵も「鱒イクラ」と呼ばれ、イクラとして流通しているんです。味は遜色ないといわれていますが、本当のところは……!?

食品雑貨 [本家vs鱒]通販イクラを 4つの項目で比較!

訳あり、鱒イクラ、そして本家イクラ。Amazon上で燦然と輝くイクラたち。ぜひ口にしてみたいけれど、試すにはちょっとお値段が……、というわけで、今回、その3種を食べ比べ、評価してみました。


[検証方法]
スーパーエコごはん研究家の桃世真弓さんと共に、それぞれの製品の色、形、味、コスパを比べ、総合的に判断しました。

さて、それでは最強のAmazonイクラをご紹介します!

S評価 鱒いくらは小粒ながら しっかりした味わい!

築地の王様:イクラ醤油漬け:いくら:イクラ:魚卵
築地の王様
イクラ醤油漬け 500g
実勢価格:4980円
[検証結果]
色:8pt
形:8pt
味:7pt
コスパ:8.5pt
こちらは、鮭ならぬ鱒のイクラです。しかし、その味わいは「全体的に小粒な感じですが、粒もしっかりしていて、味のバランスも◎!」(スーパーエコごはん研究家・桃世真弓さん)と高評価!

皮はしっかりと堅め、プチプチとした食感が楽しめました。しっかりしょう油もなじんでいて、美味しくいただけます。ガチのイクラには手が出しにくいけど……、という方に最適な逸品といえるでしょう。

今回は、確かな味わいとコスパの良さを評価し、ベストに選定いたしました!

A評価 ごはんの友に最適 価格無視ならこちらが最強!

豊村海産:北海道産いくら醤油漬:いくら:イクラ:魚卵
豊村海産
北海道産いくら醤油漬 500g
実勢価格:8888円
[検証結果]
色:6.5pt
形:6.5pt
味:7pt
コスパ:4pt
続いての評価を受けたのは、ごはんにのせて食べるなら、こちらがNo.1! 本家(?)鮭のイクラです。

塩味もあり、美味しくいただけました。Amazon上での評価もオール★5と絶頂モノ。……気になるのは値段だけです。問題なければこちらでGO!

B評価 甘みの強さが特徴 ごはんよりおつまみ向き

尾張まるはち:いくら醤油漬け:いくら:イクラ:魚卵
尾張まるはち
いくら醤油漬け 冷凍 500g
実勢価格:6780円
[検証結果]
色:6pt
形:6.5pt
味:6pt
コスパ:4.5pt
こちらはいわゆる「訳あり」商品。皮は薄めで口当たりはいいのですが、甘みがやや強いので、ごはんとの相性はそこそこ、といったところです。


鱒イクラは、鮭イクラに比べて全体的に小粒な感じでした。とはいえ、粒もしっかりしていて、味のバランスも良く、鮭イクラに遜色ないという評価に。コスパを考えれば、本家イクラを凌駕する、というのが今回の結論です。お値段抑えめで美味しく食べられる鱒イクラ、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事