【2021年】サーキュレーターのおすすめランキング11選|おしゃれな人気商品を徹底比較
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2021年07月21日

【2021年】サーキュレーターのおすすめランキング11選|おしゃれな人気商品を徹底比較

サーキュレーターが活躍するのは、梅雨時の部屋干しだけじゃないって知ってました? まっすぐにパワフルな風を飛ばしてくれるため、クーラーの涼しい空気も循環させて快適環境の強い味方になってくれます。そこで今回は、雑誌『MONOQLO』が人気の11製品を徹底比較! 口コミではわからない本当のおすすめ商品を紹介いたします。

LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢
晋遊舎の専門テスト機関「LAB.360」の室長。消費者の視点で数多くの商品テストに従事。日用雑貨や家電製品が専門。
テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。


※情報は『MONOQLO』2021年7月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

家電 通年使えるサーキュレーターを探しました

サーキュレーターは、扇風機と違って風に直進性があり、遠くまで届くことが特徴です。

パワフルに空気を循環させるので、部屋の換気、エアコンの冷暖気の循環、洗濯物の部屋干しなど、通年で使用できます。特に部屋干しが増える梅雨時は1台あると便利ですよね。

ちなみに、どの製品も基本設計は似ていますが、モーターは細かい風量設定が可能なDCと従来型のACの2通りがあり、製品によって対応畳数も異なります。

今回はAmazonや楽天市場などネットショップで買える人気メーカーのサーキュレーター10機種をピックアップし、6項目のテストでベストバイを選出しました。

家電 2021年のテスト方法

以下の6つの項目を徹底的にテストしました!

テスト1:風質(30点満点)

格子状に風速を計測し、風の直進性・最大風速・全風量を分析しました。ムラなく、強く、多くの風が出るサーキュレーターを見つけました。

テスト2:気流+風速(10点満点)

スモークを使い、ファンから発生した風がどのように進むかを比較しました。リビングなどの広いお部屋で使うときや、洗濯物を乾かすサポートとして使うときは、風が隅々まで届くことが重要になります。

また、サーキュレーター本体から1、2、3m地点の中心風速も測定しました。

テスト3:速乾性(10点満点)

一定条件で湿潤させたタオルに、一定時間サーキュレーターで風を当てます。その後、タオルの重量がどれだけ変化したかを精秤し、乾燥率を算出しました。

テスト4:静音性(10点満点)

サーキュレーターを最強モードで運転させ、一定距離の騒音値を数地点計測し、採点しました。

睡眠時であっても使えるものを選ぶためには、使用音がうるさくないのは重要です。

テスト5:使い勝手(10点満点)

本体ボタンやリモコンの使いやすさ、風量調節機能であるインジケーターの見やすさなどの操作性を比較しました。

また、持ち運びのしやすさや軽さ、部屋干しなど扇風機以外の用途にも使えるかなどもチェックしました。

テスト6:コンパクトさ(10点満点)

製品のサイズと重量を比較し、部屋に設置する際の置きやすさを採点しました。

サーキュレーターは空気の入れ替えや洗濯物を乾かすのに使ったり、さらに扇風機代わりにするなど、いろいろな用途があります。そのため、家庭内のさまざまな場所へ持ち運びやすく、そして邪魔にならないことが重要なのです。

家電 プラスαの選び方のポイント

「風質」「気流+風速」「速乾性」「静音性」「使い勝手」「コンパクトさ」のほかにも見ておくといいポイントがあります。

音の質

実際に使ったときに静かだと思うかどうかは、騒音計で計れる数値だけで分かるものではありません。運転音が何dBなのかの値が同じであっても、音がストレスになるかどうかは音の質によるのです。

モーターから生まれる高周波音が気になるような音の質だと、ストレスになってしまいます。サーキュレーターは扇風機よりも音が大きくなりがちです。気になる音は人によって違うので、「音量の数値が小さかったから買ったのに、嫌な音がするから結局使えなかった」となってしまわないように、できれば店頭で確認ができるといいでしょう。

また、音を小さくできる「静音モード」機能が搭載されたサーキュレーターもあります。実際の音を聞きに行くことができない場合には、こういった機能があるサーキュレーターなら安心できるでしょう。

おしゃれな卓上式か扇風機にもなるスタンド式か

サーキュレーターの見た目は大きく分けて2種類あります。それが、卓上式かスタンド式かです。

サーキュレーターとしてイメージしやすい、広く知られているタイプは卓上式でしょう。扇風機よりも背が低く、首の部分が短いコロンとした印象のサーキュレーターです。小型である分、軽量で持ち運びもしやすくさまざまな場面で使えるため人気。無駄のない見た目で、きれいな色遣いのものなどおしゃれなデザインが増えています。

スタンド式のサーキュレーターは首が長く、扇風機のような見た目です。卓上式のサーキュレーターに比べると高い位置から空気が送れるので、実際に扇風機のように使えます。また洗濯物などを乾かしたいときにもしっかりと空気をあてられるため、より乾かしやすいでしょう。さらにスタンドを切り離して、卓上式としても使えるようになっているサーキュレーターもあります。

家電 便利な機能付きサーキュレーターも!

サーキュレーターの中には、あるとうれしい機能が付いたものもあります。どんな機能性なのか、確認していきましょう。

アロマでリラックスできるもの

まずは、アロマ機能付きのサーキュレーターです。サーキュレーターにアロマ機能があると、その香りが風に乗って部屋全体に広がります。アロマテラピーとして効果的で、リラックス作用なども期待できるのです。

このタイプには、アロマパッドが付いているものが多くあります。アロマ機能を使うには、そこにアロマオイルを振りかけるだけ。とても簡単に使うことができるのです。

タイマー機能や切り忘れ防止機能付きのもの

サーキュレーターには、タイマー機能や切り忘れ防止機能付きのものもあります。

サーキュレーターは洗濯物を乾燥させるために使う人が多いため、タイマー機能が付いていれば、洗濯物の乾燥が終わると思われる時間に自動で止めることができます。また、サーキュレーターを作動させ始める時間を設定できる、入タイマー機能付きのものも。帰る時間の少し前に起動させておくと、家に着いた瞬間から空気を循環させた後の快適な空間で過ごせます。

また、切り忘れ防止機能付きのものも便利です。長時間使いすぎたときに自動でスイッチを切ってくれるので、安心して使えます。無駄な運転をなくせるため、節電にも効果的です。

リモコン付きのもの

リモコン付きのサーキュレーターもおすすめです。リモコンがあれば直接触らなくても、離れたところから操作ができるようになるので、利便性が向上します。

家電 サーキュレーターおすすめランキング

それではいよいよ、6項目のテストから総合的に評価したおすすめサーキュレーターランキングを発表します!

記事1位BEST 【1位】アイリスオーヤマ「KCF-SDC151T」

アイリスオーヤマ
サーキュレーターアイ
KCF-SDC151T
実勢価格:1万9580円
サイズ:約幅21×奥行き21×高さ29cm
重量:約1.3kg
▼テスト結果
風質 22/30点
気流+風速 8/10点
速乾性 10/10点
静音性 2/10点
使い勝手 9/10点
コンパクトさ 8/10点
合計 59/80点
見事1位に輝いたのは、アイリスオーヤマ「KCF-SDC151T」でした。最大風速7・0メートルのパワフルな風が、正面に向けて直進。風のムラも少ないため、風のビームが部屋中を素早く循環していきました。小サイズながら適用畳数は24畳あり、空気をすぐに入れ替えたい時には最適です。

速乾性のテストでは、新機能である「衣類乾燥モード」を使用。自動首振り機能によって正面部分は風を抑え、左右は端へいくほど風が強く、風量も大きくなるため、短時間でまんべんなく洗濯物を乾かしていきます。

風量調整は10段階で、上下左右の首振り、リズム運転にも対応しています。リモコン、本体パネルともに使いやすく、コンパクトなので置き場所に困らず部屋間の移動も簡単にできます。

基本的には静かな駆動音ですが、風量MAXにすると、かなり音が大きくなるので注意が必要です。

高速で前へ押し出された風が、ムラなく遠くまで直進!

本体の真正面ではなく、正面やや左寄りの位置が、直進した風の中心となりました。若干上下に膨らんでいますが、ムラは少なく、標準より少し上のレベルの風質でした。

今回テストした機種は全体的に風質の高いモデルが多かったのですが、小サイズながら、全体3位と上々の結果になりました。

最大風速は10機種中No.1!

1m離れた地点の風速は4.6m/s、2mで2.2m/s、3mで0.8m/sと、本体と距離をおいても風に勢いがあり、最大風速では10機種中No.1を記録しました。

本体から遠くになるにつれスモークがやや膨らみましたが、基本となる直線的な気流は変わらず風のパワーを感じました。

30分で約6割が乾燥! ムラが少ないのも◎

部屋干しした洗濯物を使った、速乾性のテストでも満点評価となりました。

衣類乾燥モードでは、風速が首振り角度によってコントロールされるため、洗濯物の中心から端までムラなく乾きました。

操作名が書かれているので押し間違えもなし

モード調節機能も多く、シーンにあった使用が可能です。

リモコンは付属していますが、本体フロントにある簡略化された操作パネルで取説を見なくとも、直感的に操作が可能です。もちろん操作性は抜群でした。

記事2位BEST 【2位】山善「YAR-AD235」

山善
DCモーター 23cmサーキュレーター
YAR-AD235
実勢価格:9980円
サイズ:約幅36.5×奥行き24×高さ38cm
重量:約2.8kg
▼テスト結果
風質 26/30点
気流+風速 9/10点
速乾性 8/10点
静音性 4/10点
使い勝手 9/10点
コンパクトさ 2/10点
合計 58/80点
僅差で2位となったのが、山善「YAR-AD235」です。パワフルでムラの少ない円形状の風が遠くまで直進し、最大30畳の空間にも適応します。本体が重く、設置面積が大きいため、設置性の観点から惜しくも2位となりました。

円を描く力強い気流が最高の風質を作る

風の出方や風速は申し分なく、ファンのほぼ真正面に、きれいな円形で風が到達しました。風量は全機種中トップでした。

3m離れてもパワフル!

風速は1mで3.7m/s、2mで2.8m/s、3mで2.1m/sと、距離が伸びても勢いをキープしました。

記事3位BEST 【3位】ドウシシャ「FCW-180D」

ドウシシャ
CIRKILATOR(サーキレイター)
FCW-180D
実勢価格:1万1000円
サイズ:約幅28.5×奥行き22×高さ36.5cm
重量:約3.0kg
▼テスト結果
風質 20/30点
気流+風速 9/10点
速乾性 8/10点
静音性 6/10点
使い勝手 9/10点
コンパクトさ 4/10点
合計 56/80点
3位のドウシシャ「FCW-180D」は、基本性能が高いだけではなくメンテナンス性にも力が入れられており、工具なしでほぼ全てのパーツを取り外して水洗いが可能です。また、アロマの香りを部屋中に循環させる機能もユニーク。

記事4位 【4位】アイリスオーヤマ「PCF-MKC15」

アイリスオーヤマ
サーキュレーター 8畳 リモコン首振り
マカロン型 PCF-MKC15
実勢価格:4380円
サイズ:約幅24.1×奥行き17.7×高さ28.6cm
重量:約1.7kg
▼テスト結果
風質 20/30点
気流+風速 9/10点
速乾性 6/10点
静音性 4/10点
使い勝手 6/10点
コンパクトさ 8/10点
合計 53/80点
4位はアイリスオーヤマ「PCF-MKC15」でした。置き場所をとらない丸みのあるコンパクトサイズですが、風速は安定しており、ほぼ正面に向けて直進し、空気をしっかり循環させます。ただし速乾性は弱く、動作音も大きめでした。

ムラが少なく安定した風質

風は少し左寄りに進み広範囲に広がりました。場所によるムラは少なく、気流+風速項目では2位と並び最高得点を記録しました。

小サイズながら風はパワフル

3m離れても1.3m/sの風速を実現。気流は大きく膨らみましたがムラは抑えられていました。

記事5位 【5位】コーナン「PKT-CL18CFR」

コーナン
PortTech 3D サーキュレーター
PKT-CL18CFR
実勢価格:5478円
サイズ:約幅29.5×奥行き20×高さ32,7cm
重量:約2.4kg
▼テスト結果
風質 18/30点
気流+風速 7/10点
速乾性 8/10点
静音性 6/10点
使い勝手 7/10点
コンパクトさ 6/10点
合計 52/80点
4位となったのは、アイリスオーヤマ「PCF-MKC15」。簡単操作で使い勝手も抜群、8の字立体首振りで空気を循環させます。バランスのとれた性能で、お求め易い価格なのも◯。

記事5位 【5位】AND・DECO「360° 首振りサーキュレーター」

AND・DECO
360° 首振りサーキュレーター
実勢価格:5990円
サイズ:約幅25.4×奥行き24.4×高さ35cm
重量:約1.9kg
▼テスト結果
風質 20/30点
気流+風速 4/10点
速乾性 8/10点
静音性 8/10点
使い勝手 8/10点
コンパクトさ 4/10点
合計 52/80点
同率5位のAND・DECO「360°首振り サーキュレーター」は、DCモーター&10段階調整の高コスパモデル。風速こそ弱めですが、速乾性、静音性が優秀で、360°回転する首振り機能も魅力的です。

記事7位 【7位】山善「YAR-DW15」

山善
リモコン サーキュレーター
YAR-DW15
実勢価格:6028円
サイズ:約幅22.6×奥行き21×高さ31.5cm
重量:約2.0kg
▼テスト結果
風質 14/30点
気流+風速 7/10点
速乾性 6/10点
静音性 8/10点
使い勝手 7/10点
コンパクトさ 8/10点
合計 50/80点
7位だったのは、山善「YAR-DW15」でした。ACモーター型のサーキュレーターの中では静音性が高く、小型でお手入れもラクにできました。

記事8位 【8位】無印良品「MJ‐CF18JP‐W」

無印良品
サーキュレーター(低騒音ファン)
MJ‐CF18JP‐W
実勢価格:4990円
サイズ:約幅28.4×奥行き22.8×高さ29.7cm
重量:約2.2kg
▼テスト結果
風質 16/30点
気流+風速 3/10点
速乾性 6/10点
静音性 10/10点
使い勝手 5/10点
コンパクトさ 6/10点
合計 46/80点
8位の無印良品「MJ-CF18JP-W」はACタイプですが、羽根の前縁部に凹凸をあしらい、開口部を大きくするなど独自の工夫によって実現させて、DCタイプを遥かに超える静音性が高評価でした。

ただし、サイズの割に風量は弱く、部屋干しの速乾性も期待できません。使用感としてリモコンは欲しいところでした。

ムラが少なく風質は良好

中央の下側に集まってきましたが、ムラが少なく風質は悪くありません。風速は弱く、風量もないので部屋干しには不向きです。

2m先で煙が消え風速がゼロに

出だしに少し勢いはありますが、2m離れると風速はゼロ。最大風速も10機種中9位でした。

記事9位 【9位】ボルネード「360-JP」

ボルネード
サーキュレーター
360-JP
実勢価格:7450円
サイズ:約幅23×奥行き25×高さ29cm
重量:約2.0kg
▼テスト結果
風質 24/30点
気流+風速 6/10点
速乾性 4/10点
静音性 2/10点
使い勝手 3/10点
コンパクトさ 6/10点
合計 45/80点
9位のボルネード「360-JP」は、ムラの少ない安定した風質が10機種中2位を記録しました。しかし、静音性の点でマイナスとなりました。

記事10位 【10位】KEYNICE「エアサーキュレーター」

KEYNICE
エアサーキュレーター
実勢価格:2780円
サイズ:約幅18×奥行き17×高さ23cm
重量:約600g
▼テスト結果
風質 8/30点
気流+風速 5/10点
速乾性 4/10点
静音性 10/10点
使い勝手 6/10点
コンパクトさ 10/10点
合計 43/80点
10位のKEYNICE「エアサーキュレーター」は格安な6畳用タイプ。卓上と壁掛けで使える2Way仕様で、USB給電対応など機能も豊富です。

家電 【高級モデル】バルミューダも比べてみました!

サーキュレーターの高級モデルである、バルミューダ「GreenFan C2」。2万円超えの価格に見合った性能なのか、非常に気になるところです。今回は他の10製品と同条件で比較し、その性能をチェックしました。
バルミューダ
GreenFan
C2
実勢価格:2万4860円
Rentioレンタル価格(1ヵ月あたり):3,000円
サイズ:約幅32.0×奥行き23.0×高さ34.0cm
重量:約3.0kg
▼テスト結果
風質 22/30点
気流+風速 8/10点
速乾性 6/10点
静音性 4/10点
使い勝手 8/10点
コンパクトさ 4/10点
合計 52/80点
高級サーキュレーターのバルミューダ「GreenFan C2」は、正面を向けた状態から下10度・上110度に手動で首振り角度調節が可能。大きく上に向けられるので洗濯物の下から風を送ることができます。また、均一で安定した風を送ることができ、部屋干しに最適です。

円を描くような鮮やかな風質

本体の真っ正面に向かって風が直進しました。風がブレずに推進し、風のムラもまったくない高い風質を実現しています。

風のパワーを維持したまま進む

円筒形で、真っ直ぐ正面に突き進む風の様子がよくわかります。肌へのあたりもやさしいので、扇風機として使用しても問題ありません。

コードレスから有線への脱着も簡単

別売りのバッテリー&ドックを組み合わせれば、コードレスとしても使用可能。持続時間はジェットモードで約2時間ほどです。

十分な脱臭効果を発揮!

活性炭を含有した脱臭フィルターを搭載。脱臭力を計測すると、空気清浄機の基準値をクリアしていました。

家電 おわりに

以上、サーキュレーターおすすめ人気ランキングでした。

今回のランキングでは、風のムラが少なく風質と速乾性に優れ、コンパクトながら便利な機能が盛り込まれたアイリスオーヤマの「KCF-SDC151T」が見事1位に輝きました。

なお、今回のランキングは総合評価で決定していますが、「静音性」、「サイズ感」など特に重視している条件があれば、それを優先して選んでもいいでしょう。ぜひ、自分にとって最適なサーキュレーターを探してみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事