高画質な格安4Kテレビはどっち? モダンデコVSハイセンス|『家電批評』が比較
テスト
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2021年07月21日

高画質な格安4Kテレビはどっち? モダンデコVSハイセンス|『家電批評』が比較

コンサートやスポーツ観戦など、ライブで楽しみにくい今日この頃。人気を集めているのが動画配信コンテンツです。そこで自宅で最高のエンタメコンテンツを楽しむための、最新テレビやAV機器に注目。今回は、4~6万円台と格安なのに高画質な4Kテレビで人気の「モダンデコ」と「ハイセンス」を比較してみました。

AVライター
折原一也 氏
オーディオ・ビジュアルを活動のフィールドとしていて大画面テレビ、BDレコーダーを中心としたデジタル機器全般の取材と画質・音質を含めた製品記事、最新テクノロジーのトレンド解説記事を手がけている。
本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2021年7月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

AV機器 AV家電アップデートで最強の部屋を作ろう!

好きなアーティストのコンサートやスポーツの試合観戦、映画やお笑いのライブなど、数々のエンターテインメントが今や高クオリティな配信ライブやサブスク動画で手軽に体感できる時代。

そんな進化するエンタメに対し、それを楽しむためのAV機器の性能やコスパは急激に上がっています。AV機器のアップデートを検討するなら、今が好機。ライブに近い臨場感を、おうちで味わってみませんか?

AV機器 人気格安4Kテレビ2製品を比較!

リビングの主役といえば、真っ先に思いつくのはテレビですよね。最近はスマホやタブレットで動画を見る人も多いですが、迫力の大画面や高精細な映像を楽しむなら、やっぱりテレビが圧倒的に有利です。
とはいえ、いま売れ筋の4Kテレビは10万円台、20万円台の製品もザラ。いくら性能がよくても、テレビにそんなに投資できないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、テレビに10万も20万も投資できない人のために、人気の格安4Kテレビ「ハイセンス」「モダンデコ」の2製品をガチで比較しました。

AV機器 ハイセンスとモダンデコのテスト結果

ハイセンス 50A6G
ハイセンス
50A6G
実勢価格:6万2800円
サイズ・重量:W111.7× D22.5×H70.9cm・9.8kg(スタンド含む)
▼テスト結果
画質  :24/30点
操作性 :18/20点
音質  :16/20点
機能性 :26/30点
総合評価:84/100点
モダンデコ SUNRIZE 4K
モダンデコ
SUNRIZE 4K
フレームレステレビ
50V型
実勢価格:4万8500円
サイズ・重量:約W111.2×D23.8×H68.6cm・約10.2kg(スタンド含む)
▼テスト結果
画質  :23/30点
操作性 :12/20点
音質  :16/20点
機能性 :10/30点
総合評価:61/100点

ハイセンスにモダンデコはおよびませんでしたが、画質は大健闘しています。それではテストの結果から、詳細をみていきましょう。

ポイント1:近い価格帯でも画質は結構差があります

ハイセンスの画像
ハイセンス「50A6G」は、画質に定評のあるハイセンスのエントリーモデル。ひとつ上のクラスにあたる50U7Fと比べると、地デジでのノイズ処理や4Kでの輝度などに若干不満を感じる部分はあるものの、色バランスのよさや高精細な映像はさすがと感じさせてくれます。
モダンデコの画像
モダンデコ「SUNRIZE」の4KHDRの映像は、発色のバランスが良好で、暗部階調もつぶさずにしっかり出ています。それに色再現も優秀です。また、地デジも含め、画面が明るくはっきりしており、見やすいのもポイント。ほかの製品と比べてかなり高画質です。

ポイント2:違いは4Kチューナーの有無だけじゃない

2製品はチューナーの有無だけでなく、細かい機能も以下のように違います。
ハイセンス「50A6G」
ハイセンス「50A6G」の主な機能

画面:パネル方式/VA/RGB、バックライト/直下型、コントラスト比/4000:1、HDR/対応(HDR10&HLG)、視野角/178°
チューナー:BS 4K/110度CS 4K×1、地上デジタル×2、BS・110度CSデジタル×2
入出力端子:HDMI入力端子×3、ビデオ入力端子×1、光デジタル音声出力端子×1、ヘッドホン出力端子×1、USB×2(USB2.0)、LAN端子×1
VOD:Netflix、YouTube、Prime Video、ABEMA、hulu、dTV、U-NEXT、DMM.com、スカパー!オンデマンド、TSUTAYA TV、Rakuten TV、Paravi
スピーカー:10W×2
その他:ゲームモード搭載、VIDAAプラットフォーム採用、スマートスピーカー対応、Eilex PRISM採用、Dolby Audio対応
モダンデコ「SUNRIZE 4K フレームレステレビ」
モダンデコ「SUNRIZE 4K フレームレステレビ」の主な機能

画面:パネル方式/ADS、バックライト/直下型、コントラスト比/1200:1、HDR/対応、視野角/178°
チューナー:地上デジタル×2、BS・110度CSデジタル×2
入出力端子:HDMI入力端子×3、ビデオ入力端子×1、光デジタル音声出力端子×1、ヘッドホン出力端子×1、USB×2(USB2.0)、LAN端子×1
スピーカー:10W×2

ポイント3:操作が快適なのはハイセンス

ハイセンス2
独自のプラットフォーム「VIDAA」の最新版を採用し、選べるVODサービスの数が増加。UIも進化してより快適に操作できるようになりました。リモコンにはVOD専用のボタンも付いて視聴がはかどります!
ハイセンス3
ダイレクトボタンが便利です。

ポイント4:ハイセンスは4K録画も可能

ハイセンス4
モダンデコにないハイセンスの魅力が4Kチューナーを搭載していること。外付けHDDをつなげば4K録画も可能。
ハイセンス5
こんな感じで4K放送を録画可能。
ハイセンス6
4K録画以外にも、録画関連の機能を多数備えています。スロー再生など録画の再生時に役立つ機能もあります。

ポイント5:どちらも音質はイマイチ

ハイセンス7
ハイセンスは最先端の音響補正をうたっていますが、声はそれなりにクリアといった感じです。格安ということを考えればよくできていますが、音の出どころに違和感があります。
モダンデコ2
モダンデコは声の厚みが出ていて、高域を立てたハリのある音で聞き取りやすいです。放送を観るぐらいなら気になりませんが、やはり音質強化は必要なレベル。

折原一也 氏 AVライター
折原一也 氏のコメント

モダンデコは国内大手メーカーのエントリーモデルに迫る音質で、激安4Kテレビのなかでは高音質

AV機器 【まとめ】多機能なハイセンスは音質強化さえすれば他は不要!

ハイセンス「50A6G」
以上、画質良しな格安4KテレビのモダンデコVSハイセンスの比較でした。

ハイセンスとモダンデコはどちらも高画質ですが、機能面ではかなり差があります。テレビ以外で機能を追加することもできますが、ハイセンスは4Kチューナーを搭載しており、4K放送の録画に対応。

また、多数のVODを搭載しているため、新たにSTB(セットトップボックス)を買い足す必要もありません。テレビセットを作るときにできるだけシンプルな構成にしたいなら、ハイセンスを選ぶのがベスト。あとは音質を強化すればOKです。

格安テレビを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

AV機器 4Kテレビの売れ筋ランキングもチェック!

4KテレビのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事