【2021年】カーリースのおすすめランキング15選 |専門家が徹底比較
ランキング
渡部 孝太
渡部 孝太/Test by the360.life編集部
公開日: 2021年07月09日

【2021年】カーリースのおすすめランキング15選 |専門家が徹底比較

みなさん、「カーリース」はご存知ですか? 月々の定額を払うだけで、好みの車を所持できる便利でリーズナブルなサービスです。しかし、さまざまなサービスがあるため、どれを利用すればいいのか迷ってしまいます。そこで今回は、カーリースの選び方と、おすすめのサービスをランキング形式でご紹介。予算や目的に合ったサービスを見つけて、快適なカーライフを楽しみましょう!

カーAV/自動車評論家
会田肇 氏
自動車雑誌編集者を経て1987年よりフリージャーナリストへ転身。カーナビをはじめとするカーAVを中心とした取材、執筆を行う一方で、ビデオカメラやデジタルカメラの評論活動も。大の旅行好きでもある。日本自動車ジャーナリスト協会会員。デジタルカメラグランプリ審査員。
制作会社
㈱雪か企画
カルチャー、旅、家電、グルメ、ビジネスなどが大好物の制作会社。代官山にて、少数精鋭で営業中。HPはこちら
本音でテストする商品評価サイト
the360.life
「いい」も「悪い」もわかる場所、the360.life(ザ・サンロクマルドットライフ)。テストするモノ誌『MONOQLO』『LDK』『家電批評』から生まれた「テストする買い物ガイド」です。


※情報はthe360.life2021年7月9日公開時点のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。価格は全て税込表記です。

自動車 いま人気のカーリースに注目!

まとまった頭金が不要で、リーズナブルにカーライフを楽しめることから人気を集めるカーリース。

月々一定金額を払うだけで、好みの車を所持できる便利なサービスですが、KINTO・オリックス・カルモなどさまざまなサービスがあるため、どこを利用すればいいのか迷ってしまう方も多いはずです。

そこで今回は、カーリースの選び方と、おすすめのカーリースサービスをランキング形式でご紹介。自分の予算や目的に合ったサービスを見つけて、快適なカーライフを楽しみましょう!

自動車 カーリースとは?

マイカーリースは、契約者が選んだ好みの車を月々定額支払いで乗れるサービスのこと。まとまった頭金が不要で、リーズナブルにカーライフを楽しめます。

カーリースはレンタカーとマイカーの中間のような位置づけで、車は借りている状態であるものの、契約期間中はマイカーと変わらず常に利用できるイメージです。

以前までカーリースは法人向けが主流で、個人向けが注目され始めたのはここ数年のこと。今では毎年のようにカーリース利用者が増加しており、市場が拡大し続けています。

カーリースの使い方

それでは、カーリースはどのように始めればいいのでしょうか。ここでは、個人向けカーリースの見積もり・申し込みから契約、そして納車までの基本的な流れを解説します。

▼カーリースを利用するための手順
1.Webサイトで申し込み・見積もり
2.審査
3.書類で契約
4.納車

まずは、カーリースサービスのWebから乗りたい車や貸出期間を選び、見積もりを行います。続いて、見積もり情報を元に、審査が行われます。見積もり終了後は、書類で契約。審査・契約についてはマイカー購入とほとんど変わりません。

契約を交わしてしまえば、あとは納車を待つのみ。レンタカーやカーシェアと違って「わ」「れ」のナンバーにならないのも人気ポイントです。

カーリースの使い方はマイカーを購入する時と比べてもあまり違いありません。

カーリースが人気の理由

カーリースが人気を集めるのは、第一に頭金が不要なことが理由にあげられます。マイカーローンを利用する場合、頭金を用意しないと全額ローンになることに加え、審査ハードルが上がります。カーリースには残価設定方式という仕組みがあり、頭金なしでも新車に乗ることができるんです。

このほか、定額支払いで支払い計画が組みやすいことや、車検や税金といった維持費が月々の支払い額に含まれており、予想外の出費をなくせることなども人気を集める理由です。

カーリースとサブスクリプションの違いは?

しいて違いを挙げるとすれば、
【カーリース】
毎月定額の利用料を支払うことで、リース会社が購入した(所有している)車を利用できるもの
【サブクリプション】
毎月定額の利用料を支払うことで、メーカーが提供する車を利用できるもの
となります。

しかし実際のところ、カーリースとサブスクリプションの境界は曖昧になりつつあります。この2つはほとんど同じであるという認識で大丈夫でしょう。

自動車 カーリースのメリット・デメリット

お得にカーライフを楽しめるカーリースですが、一体どんな人に向いているサービスなのでしょうか? まずは、カーリースのメリットとデメリットを見ていきましょう。

カーリースのメリット

好みの車を指定期間リースできるマイカーリース。最大のメリットは、まとまった頭金やメンテナンス料金が不要なことです。リース期間内にかかる金額が明確なので、資金繰りがしやすいのもメリット。メンテナンス対応のお店なら、安全に乗り続けることもできます。

また、見積もりがインターネット上でできる手軽さも魅力。乗りたい車種や色も見ることができるので、おうちで車を探したい方にはぴったりです。

カーリースのデメリット

リース期間中の予想走行距離に応じて料金を設定するため、車を頻繁に使用する場合は、月々の支払い金額が高くなってしまうこともあります。全損などの事故を起こした場合は中途解約となり、まとまったお金が必要となるケースも。

事故などは起こさないよう、注意して運転しましょう。

また、リース満了時は内装の状態もチェックされますので、臭いやひっかき傷などは請求対象となることがあります。特にペットを乗せる機会が多い人は注意しましょう。

こんな人におすすめ

インターネットでサクっと契約できるので、「自宅で車を探して選びたい!」という方にはうってつけです。

また、頭金が不要で、資金繰りもしやすいマイカーリース。初期費用を抑えて好みの車に乗りたい人や、車の維持管理が面倒な人、一定期間で車を乗り換えたい人にも最適でしょう。

自動車 カーリースを選ぶポイント

カーリースを上手に利用するには、車の利用頻度や利用シーンにあった最適なサービス・プラン選ぶことが重要。というわけで、まずは、カーリースの選び方を整理してみましょう。

ポイント1:車種

マイカーリース会社によって選べる車種が異なるため、どのような車に乗りたいのか、重視したいポイントと合わせて選びましょう。

最新の車種から選びたいなら、取り扱い車種が多いサービスおすすめ。店頭やサイト上に表示がない場合でも、取り寄せてもらえる場合があります。

お店によっては緊急自動ブレーキ付きの車や、ハイブリッドカーなどの導入に力を入れているケースも。同じ車種でもグレードによって乗りやすさが変わってくるため、先進安全装備や最新技術を搭載した乗りやすい車を探している人は装備もチェックしておきましょう。

ポイント2:リース期間

毎日の通勤や送迎など、普段使いする車をリースしたいなら、「長期リース」がおすすめ。2年間・5年間・7年間など定められた期間内は、車を自由に使用することが可能です。一般的に、リース期間が長いほど月々の支配額を安く抑えられますが、金利分が上乗せされるので総支払額は割高になります。

リース期間満了時には、「買取」や「返却」「リース期間延長」などの選択ができるため、こちらも契約前に確認しておくのがおすすめです。特に、車両の残存価値、いわゆる残価買取に関しては各サービスや利用プランによって条件が異なるケースもあるため、あらかじめ検討しておきましょう。

また、リース期間が長いほど、故障の可能性や消耗品交換の必要性が出てくるので、手厚い保証が用意されているサービスを選ぶことが大切です。

ポイント3:価格

毎月の支払金額に含まれているサービスの内訳はしっかり確認しておきましょう。追加コストをかけたくないなら、車両代だけでなく、自賠責保険代や自動車税・車検代などが含まれているサービスを選んでおくと安心です。

なかには、車検代やメンテナンス代が有料となっていたり、別途のサービスパックに加入することで安くなるというケースもあります。車の使用頻度と受けたいサービスを加味しながら、必要なサービスをお得に受けられるサービスを選択することが重要です。

ポイント4:契約方法

解約時の支払いが変わらないクローズドエンド契約と、解約時の価値(残価)がおおよそで設定され、実際には解約時に差額を支払うオープンエンド契約があります。

リースの手続きを行う前に、カーリース契約の内容や、リース代の内訳を必ず確認しておきましょう。

自動車 カーリースランキングの採点基準

今回は、上述した「カーリース選びのポイント」を踏まえたうえで、各サービスを評価・比較しました。評価項目は以下の7つです。

評価項目1:月額料金(最低金額)

月額リース料金の最低金額を比較しました。

評価項目2:残価がわかる内容か

リース期間満了時の車の価値(残価)が明示されるオープンエンド方式、明示されないクローズエンド方式かを確認し、オープンエンド方式を高評価としました。

評価項目3:選べる車種

選べる車種が豊富なほど高評価としました。

評価項目4:新車か中古車か

リース車は新車なのか中古車なのか、もしくはどちらも選べるのかを比較しました。

評価項目5:リース期間

リース期間の長さや選択可能プランの多さを評価しました。基本的にリース期間は5年、もしくは7年がおすすめです。

評価項目6:対象地域

カーリースの対象地域課全国なのか、一部地域限定なのかを比較しました。

評価項目7:走行距離の上限、有料サポートの有無

走行距離の上限や有料サポートの有無を比較しました。

では、評価結果に基づき、注目のカーリースサービスをランキング形式で発表していきましょう。

記事1位BEST 11年の長期リースも可能!|カルモくん

カルモくん
カルモくんは、車種ごとに料金が決まる月額定額制のサービス。実店舗を持たず、全国が対応エリア。申し込みから審査までネットで完結するのが便利で、車は自宅まで届けてくれます。

また、リース期間が1~11年まで1年ごとに設定できるのも魅力です。

専任のマイカーコンシェルジュに装備やオプションの変更などを相談しつつ、プランを決められるのが魅力。中古車~新車まで幅広く扱っているので、好みの1台がきっと見つかります。

会田肇 氏 カーAV/自動車評論家
会田肇 氏のコメント

総合的に見ると、長期プランがあるカルモがもっとも使いやすいですね。
▼評価結果
月額料金 12860円~
残価設定 クローズエンド方式
選べる車種 国内全メーカー
新車/中古車 新車/中古車
リース期間 1~11年(1年単位)
対象地域 全国
走行距離の上限 なし

記事2位BEST 輸入車も選べる!|SOMPOで乗ーる

SOMPOで乗ーる
SOMPOで乗ーるは、車の使用頻度に合わせた2つのプランを用意しています。いつでも乗ーるプランでは、バッテリーやタイヤの交換・メンテナンス時の代車などのサービスが含まれます。たまーに乗ーるプランには、2回分の車検費・オイル交換などの基本的なサポートが揃っています。
▼評価結果
月額料金 20900円~
残価設定 オープンエンド方式
選べる車種 国内全メーカー+輸入車
新車/中古車 新車
リース期間 3年/5年/7年
対象地域 全国
走行距離の上限 あり

記事2位BEST 契約満了時にクルマをもらえる|MOTAカーリース

MOTAカーリース
MOTAカーリースは、契約満了時に車を返却せず、乗りなれた愛車をそのままもらうことが可能です。契約期間は11年まで選択可能ですが、契約が終わるまでは乗り換えやキャンセルはできないので注意が必要。国産メーカー全車種を選択可能なので、軽自動車からオープンカーまで、好みの車が手に入ります。

通常プランでは車検整備費が含まれませんが、メンテナンスパックを選択することで、24か月の車検整備のサービスを受けられます。上位サービスであるプレミアムでは、ブレーキオイル・タイヤ・バッテリー・ブレーキパッドなどの交換も可能です。
▼評価結果
月額料金 11550円~
残価設定 オープンエンド方式
選べる車種 国内全メーカー
新車/中古車 新車/中古車
リース期間 5年/7年/11年
対象地域 全国
走行距離の上限 なし

記事4位 2年経過すれば他の車種に乗り換えられる|オリックスカーリース

オリックスカーリース
中古車販売・レンタカー・カーシェアリングなどを行うオリックス自動車のオリックスカーリース。予算や用途、好みに合わせて新車・中古車両方から選べます。

リース契約は5年/7年/9年の3プラン。それぞれのプランには、オイル交換や車検の無料クーポンなどがついています。また、5年契約のいまのりくんプランの場合、契約開始から2年経過すれば他の車種に乗り換えられるので、家族構成やライフスタイルの変化に合わせてベストな車を選べますよ。
▼評価結果
月額料金 11000円~
残価設定 オープンエンド方式
選べる車種 国内全メーカー
新車/中古車 新車/中古車
リース期間 5年/7年/9年
対象地域 全国
走行距離の上限 あり

記事5位 燃油割引サービスが受けられる|コスモMyカーリース

コスモMyカーリース
ガソリンスタンドでおなじみ、コスモ石油のコスモMyカーリース。3つのプランから使用頻度やコストに合わせて選択できます。車は国内メーカーのほとんどの車種から選ぶことができます。全国のコスモ石油で燃油割引サービスが受けられるのも魅力。
▼評価結果
月額料金 21670円~
残価設定 オープンエンド方式/クローズエンド方式
選べる車種 国内全メーカー(レクサスを除く)
新車/中古車 新車
リース期間 3年/5年/7年
対象地域 全国
走行距離の上限 あり

記事6位 リーズナブルな価格設定が魅力|ニコニコマイカーリース

ニコニコマイカーリース
日本マーケティングリサーチ機構2020年度の調査で「おすすめのカーリース会社」を始め3冠を達成した、ニコニコマイカーリース。リーズナブルな価格設定が魅力です。

走行距離制限・料金に含まれる定期点検をリース条件に含むことで、車両の価格を維持。契約終了時の予測車両価格分を値引きし低価格を実現しています。HPに記載されているプラン以外のリースもカスタマイズ可能なので、気軽に相談してみてくださいね。
▼評価結果
月額料金 5500円~
残価設定 オープンエンド方式/クローズエンド方式
選べる車種 国内全メーカー
新車/中古車 新車/中古車
リース期間 原則5年
対象地域 全国
走行距離の上限 あり

記事7位 オプションも充実|カーコンリース

カーコンリース
板金修理や自動車整備など、トータルサービスを行うカーコンビニ楽部のカーコンリース。月々の出費を抑えたい人のための、7年・9年の長期リースが用意されています。

契約満了の2年前から乗り換え・返却ができるので、家族構成やライフスタイルの変化にも対応できます。リースが満了するとそのまま車両が譲渡されるのもうれしいポイント。カーアクセサリーセットやメンテナンスパックなどのオプションも充実しています。
▼評価結果
月額料金 8030円~
残価設定 オープンエンド方式
選べる車種 国内全メーカー(レクサスを除く)
新車/中古車 新車/中古車
リース期間 7年/9年
対象地域 全国
走行距離の上限 あり

記事8位 スピード納車!|リースナブル

リースナブル
頭金・登録料0円のリースナブル。Ju×Oricoの年間総合グランプリで1位に選ばれているカーリースです。スピード納車、メーカー保証5年付きも特徴のひとつ。全国のディーラーでサポートが受けられ、好きな時に解約(乗り換え)ができるのも人気の理由です。

ただし、走行距離制限は750km/月と短く、傷に対する査定も厳しいので注意しましょう。
▼テスト結果
月額料金 6600円~
残価設定 オープンエンド方式
選べる車種 トヨタ、マツダ、日産、ホンダ、ダイハツ
新車/中古車 新車
リース期間 3年/5年
対象地域 全国
走行距離の上限 あり

記事9位 消耗品交換可能なフルメンテプランを用意|オートフラット

オートフラット
使用頻度や予算に合わせて、メンテなしプラン・マイメンテプラン・フルメンテプランから選択可能なオートフラット。特にフルメンテプランは、消耗品の定期的な交換や故障修理にまで対応してもらえるので、車を使う機会が多い人におすすめ。
▼評価結果
月額料金 13540円~
残価設定 オープンエンド方式
選べる車種 国内メーカーの軽自動車~ワゴン車・軽トラック
新車/中古車 新車
リース期間 3~7年
対象地域 全国
走行距離の上限 あり

記事10位 日産の手厚いサービスが受けられる|日産clickMobi

日産clickMobi
日産のサブスクリプションサービス日産clickMobi。車両本体だけでなく、車の維持にかかるメンテナンスや車検、税金などもコミコミなので安心です。手続きはネットから簡単に行え、車は自宅まで届けてくれます。
▼評価結果
月額料金 27390円~
残価設定 オープンエンド方式
選べる車種 日産
新車/中古車 新車
リース期間 3年/5年7年
対象地域 全国
走行距離の上限 あり

記事11位 免許返納時、海外赴任時は解約手数料免除|KINTO

KINTO
レクサスを含む各種トヨタ車を検討している方におすすめのKINTO。月額料金には保険料・メンテナンス費・車検代などが含まれます。店舗に足を運ぶ必要がなく、Webで契約が完結するのもうれしいポイント。申し込みから1.5~2か月ほどで納車されます。

会田肇 氏 カーAV/自動車評論家
会田肇 氏のコメント

免許返納時や海外赴任時に手数料なしで途中解約できることが光ります。
▼評価結果
月額料金 33000円~
残価設定 クローズエンド方式
選べる車種 トヨタ・レクサス
新車/中古車 新車
リース期間 3年/5年/7年
対象地域 全国
走行距離の上限 あり

記事12位 リーズナブルな価格設定が魅力|フラット7

フラット7
契約期間が7年のフラット7。新車の軽自動車なら月額8800円と、リーズナブルな価格設定が魅力です。リース契約時に設定した残価(車輌売却予想額)と、リース満了時の車輌査定価格の差額を清算し、査定価格が残価を下回った場合、差額はお客様のご負担となるオープンエンド方式を採用。月々の走行距離が800kmと短いので、週末に買い物に車を利用するなど、短距離での使用がメインとなる人におすすめ。
▼評価結果
月額料金 8800円~
残価設定 クローズエンド方式
選べる車種 国産全メーカー
新車/中古車 新車
リース期間 7年
対象地域 全国
走行距離の上限 あり

記事13位 短期利用におすすめ|ニチゴカーリース

ニチゴカーリース
月額15000円で利用できるニチゴカーリース。ニチゴカーリースは、月単位で利用できるので、短期滞在時や、代車として、また、社用車の不足などの短期契約に利用しやすいサービスです。車は中古車リースとなります。
▼評価結果
月額料金 15000円~
残価設定 クローズエンド方式
選べる車種 ホンダ・日産・SUBARU・スズキ・ダイハツ
新車/中古車 中古車
リース期間 1か月~
対象地域 関東
走行距離の上限 なし

記事14位 短期利用にぴったり|Honda Monthly Owner

Honda Monthly Owner
ホンダが提供しているHonda Monthly Owner。契約期間が月単位なので、短期滞在時や、代車としてなど、短期契約に利用しやすいサービスです。
月額料金 29800円~
残価設定 クローズエンド方式
選べる車種 ホンダ
新車/中古車 中古車
リース期間 1~11か月
対象地域 全国
走行距離の上限 あり

記事15位 対象地域が限られる|SUBARUサブスクリプション

SUBARUサブスクリプション
SUBARUが提供しているSUBARUサブスクリプション。料金が高めなうえ、利用できる地域が神奈川と新潟に限定されるため、点数が伸び悩みました。
月額料金 39820円~
残価設定 クローズエンド方式
選べる車種 SUBARU
新車/中古車 新車
リース期間 1年/2年
対象地域 神奈川、新潟
走行距離の上限 あり

自動車 おわりに

以上、マイカーリースおすすめランキング15選でした。気になるサービスがあれば、ぜひご活用くださいね!

【改めてカーリースの魅力】
・まとまった頭金やメンテナンス料金が不要
・リース期間内にかかる金額が明確なので、資金繰りがしやすい
・メンテナンス対応のお店なら、安全に乗り続けられる
・インターネットで手軽に契約できる

今回の特集では、これらの魅力をきっちり押さえた「カルモくん」が1位に輝きました。用途や予算に合ったサービスを選んで、お得に賢くカーライフを楽しんでくださいね。

▼今回1位になった「カルモくん」

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事