【Apple新製品】4年ぶり刷新の「Apple TV 4K」はどう進化した? 専門家が解説
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2021年06月11日

【Apple新製品】4年ぶり刷新の「Apple TV 4K」はどう進化した? 専門家が解説

2021年春、iMacやiPadをはじめ噂のAirTagなどAppleから多くの新製品が登場しています。そこで、新製品の気になる機能や進化したポイントを専門家に解説してもらいました。今回は、「Apple TV 4K」と新色が追加された「iPhone 12」のご紹介です。

AV機器ジャーナリスト
小寺信良 氏
AV機器から放送機器、メディア論、子供とITの関係まで幅広く執筆活動を行う。
フリーライター
小枝祐基 氏
スマホ・PC・Mac関連の書籍や記事執筆を精力的に行うフリーライター。
テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。


※情報は『MONOQLO』2021年7月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

AV機器 2021年春に登場!Apple新製品を紹介

2021年春に登場したAppleの新製品。iMacやiPadProは「M1」仕様に進化、さらに噂のAirTagも発売されるなど注目を集めています。

そこで、テストするモノ批評誌『MONOQLO』では、新製品はどこが進化したのか、スペックはどうなのかなど、専門家に解説してもらいました。

今回は、アップデートされた「Apple TV 4K」と新色が追加された「iPhone 12」のご紹介です。

AV機器 映像がよりくっきり滑らかに!「Apple TV 4K」

Apple TV 4K
実勢価格:32GB/2万1800円、64GB/2万3800円

サイズ・重量:W98×D98×H35mm・425g(本体)
チップ:A12 Bionicチップ
解像度:4K
Wi-Fi:Wi-Fi 6に対応
アップルのサービスをテレビで楽しむための専用デバイスである「Apple TV」。

4年ぶりにアップデートされた「Apple TV 4K」は時代に合わせた正常進化を遂げています。SoCがA12 Bionicチップにパワーアップしたほか、60fpsのHDR映像、ドルビービジョンにも対応。

また、iPhoneを使ったテレビ画面のキャリブレーション機能を新搭載。新しいSiri Remote(リモコン)も、かなり使いやすく進化していました。

進化ポイント1:iPhoneをテレビ画面に「タッチ」で色を調整

iPhoneをテレビ画面にタッチして、カラーバランスの調整が可能になりました。未来を感じる新機能です。

進化ポイント2:リモコンが使いやすくなりました

リモコンのデザインが変わり、使いやすくなりました。押し間違いが多かったのか、新しいリモコンではSiriの呼び出しボタンは本体の右側に移動。また、テレビの電源ボタンやミュートボタンも追加されています。
また、クリックパッドの外側のリング部分はジェスチャー操作に対応しています。見たいタイトルをスワイプで素早く探す、なんてときに便利です。
ちなみに、リモコンは単体でも購入することができます。

AV機器 プロはどう見た? Apple TV 4K新製品

さて、 Apple TV 4K新製品をプロはどのように見たのでしょうか。2名の専門家に解説していただきました。

プロセッサは2年前のiPhoneと同等だが進化としては十分

AV機器ジャーナリスト
小寺信良 氏
AV機器から放送機器、メディア論、子供とITの関係まで幅広く執筆活動を行う。
4年ぶりの更新となった4Kモデルで、プロセッサは2年前のiPhoneと同等。それほどプロセッサーパワーを使うアプリもないでしょうから、進化としては十分です。

ただ、Appleが提供するコンテンツサービス「Apple TV+」は、競合サービスに比べると我々日本人に対して「強いコンテンツ」が少ないです。一方、Apple TVにはiPadやiPhoneをミラーリングする機能があり、意外に教育現場では重宝されています。

映画などの視聴がメインなら買い替えを急ぐ必要はなさそう

フリーライター
小枝祐基 氏
スマホ・PC・Mac関連の書籍や記事執筆を精力的に行うフリーライター。
Apple TV 4K第2世代の進化のポイントは、フレームレート強化、Wi-Fi 6対応、リモコンのデザイン変更など。イベントで大きくアピールされたカラーバランスの自動調整機能については、2015年以降の全モデルに対応するようです。

ゲームやスポーツなど、動きの速いコンテンツの視聴にはアドバンテージがありますが、映画などの視聴がメイン用途なら、Apple TV 4K第1世代からの買い替えを急ぐ必要はなさそうに思います。

AV機器 11にあったカラーが復活!「iPhone 12(パープル)」

iPhone 12/iPhone 12 mini
(パープル)
▼実勢価格
iPhone12:9万4380円~
iPhone 12 mini:8万2280円~

サイズ・重量:W71.5×D7.4×H146.7mm・162g(iPhone 12)、W64.2×D7.4×H131.5mm・133g(iPhone 12 mini)
チップ:A14 Bionicチップ
新製品ではありませんが、これまで全5色で展開していたiPhone 12とiPhone 12 miniに、新色のパープルが追加されました。

パープル自体は先代モデルのiPhone 11にも採用されていましたが、淡い色味でした。12のパープルは、かなり鮮やかになっています。

楽天モバイルがiPhoneの取り扱いを開始!

Appleの新製品と直接の関係はありませんが、新色追加のタイミングで楽天モバイルがiPhoneの取り扱いを開始しました。キャッシュバックを含めると、Apple Storeよりわずかに安くなるので、できるだけ安く買いたい人は要チェックです。

※楽天モバイルはiPhone 12 miniのリンクです
以上、Apple新製品「Apple TV 4K」と「iPhone 12(パープル)」のご紹介でした。

▼iPadを使いこなす!おすすめのタッチペンはこちら

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事