バッファロー版の「nasne」も神レコーダーなのか|『家電批評』が検証
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2021年07月03日

バッファロー版の「nasne」も神レコーダーなのか|『家電批評』が検証

日常が大きく変わった昨今、新しいニーズに応えるさまざまなヒット家電が生まれています。そこで、口コミだけではわからない実力をプロの目線でジャッジ。今回は、「神レコーダー」とたたえられていた「nasne」が発売元をソニーからバッファローに変えて復活したため、ヒットの理由や何が変わったかをレビューします。

プロが本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。
AVライター
折原一也 氏
オーディオ・ビジュアルを活動のフィールドとしていて大画面テレビ、BDレコーダーを中心としたデジタル機器全般の取材と画質・音質を含めた製品記事、最新テクノロジーのトレンド解説記事を手がけている。


※情報は『家電批評』2021年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

AV機器 生活がラクになる!"ヒット家電"は買っても良い?

コロナウイルスの影響で日常が大きく変わりました。「もっとこうしたい」「ここがラクになれば」といった新しいニーズに応えるさまざまな“ヒット家電”が生まれています。そこで、生活をラクにするそんなアイテムを、本当に買っていいのか、テストとプロの目線でジャッジしました。

今回は、発売元を変えて復活した快適すぎるレコーダー、バッファロー「nasne」の検証レビューをお届けします。

スマートフォン ゲームの感覚で操作できる超快適レコーダー! バッファロー「nasne(ナスネ)」

バッファロー
nasne(ナスネ)
実勢価格:2万9800円
サイズ・重量:W44.5×D187×H135mm・約460g
対応チャンネル:地上デジタル、BS/CS110度
バッファロー「nasne(ナスネ)」はかつてPS3、PS4などプレイステーション系の周辺機器として販売されていた録画デバイスです。

PSファミリー製品向けの「torne」(トルネ)というアプリを経由して動かすという特殊なものでしたが、動作が非常に快適で、ユーザーから神レコーダーと讃えられていた製品です。

SCEからは2019年で出荷停止となっていましたが、今年バッファローが改めて発売。初回&2次出荷分が瞬く間に完売するなど、人気の製品です。

ソニー版(旧モデル)との違いは?

バッファロー「nasne(ナスネ)」はPS4と組み合わせるテレビ録画デバイスで、主な対応ハードウェアはPS4とスマホです。

ソニー版ナスネにあったPS3/PS Vita対応は削除されており、PS5には年末対応予定となっています。

▼旧モデルとの違い
・内蔵HDDが倍の2TBに
・B-CASカードがmini化
・本体のPSマークが消える
・外付け可能ストレージが2TBから6TBへ
・ポータブルHDD/SSDに対応
・「torne mobile」の画質が480pから720pに

折原一也 氏 AVライター
折原一也 氏のコメント

若干パワーアップはしていますが、機能はないのでリバイバル発売です

B-CASカードが小さくなりました

地デジ時代で必須だったB-CASカードはminiB-CASに変更され、かなり目立たなくなっています。

セットアップの際にminiB-CASをセット。最近のBD/DVDレコーダーと同じです。

本体サイズも変わりました

一見同じように見えますが、ソニー版が約W43×D189×H136mmに対して、バッファロー版は約W44.5×D187×H135mm。正面にあったPSのロゴもなくなっています。

AV機器 試してわかったヒットの理由3つ

それでは、実際の使用でわかった、「nasne(ナスネ)」のヒットの理由をあげていきましょう。

ヒットの理由1:圧倒的なレスポンスは感動レベル

バッファロー版になっても、「nasne(ナスネ)」はテレビで利用するのにPS4と無線LANが必要で、視聴ソフトにアプリ「torne(トルネ)」を使用します。

「torne(トルネ)」は、ゲーム級にチューンされた超高速レスポンスが特徴。番組表を上下左右に操作しても、カーソル送りが見えないレベルで高速です。これより快適な番組表はいまだに存在しておらず、番組表を操作しているだけで気持ちいい!

ヒットの理由2:ストレスがたまらない! シンプルで便利な機能

ユーザー動向が見える

「torne(トルネ)」はネットワーク連動も特徴。トルミルによって番組表から他のユーザーの視聴数がわかります。

超高速な検索機能

検索表示でもミルを基準に絞り込みができるので、みんなが録画予約している番組を探すのもカンタンです。

追加機能が買える

STORE(トルネ屋)があり、デザイン変更などのちょっとした機能の有料コンテンツも用意されています。

3倍録画にも対応

録画モードはDR(高画質)モードと標準(3倍録画モード)の2パターン。内蔵HDDによる最大録画時間は約386時間あります。

ヒットの理由3:スマホ連携でどこでもテレビが観られる

PS周辺機器として語られがちな「nasne(ナスネ)」ですが、視聴アプリtorne mobile(有償)がiOS/Androidに提供されています。

これにより、セットアップから視聴まで、一切PS製品ナシでも運用が可能。スマホさえあれば、予約から番組再生までひと通りの操作ができます。

▼遠隔視聴も解禁されます!
PlayStation Mobile Inc.
torne mobile
再生機能:610円
有料となりますが、nasne(ナスネ)で観られる番組はスマホでも観られます。HD画質で視聴できるので十分高画質。
外出先でのモバイル回線の視聴だけでなく、家庭内のテレビのない部屋でもWi-Fiがあればカンタンに番組の視聴が可能。どこでもフル活用できますよ!

AV機器 【まとめ】バッファロー「nasne(ナスネ)」はテレビ好きなら買うべき

さいごに、バッファロー「nasne(ナスネ)」のよかった点と残念だった点をまとめてみました。
バッファロー「nasne(ナスネ)」
【総合評価】S

▼よかった点
・史上最高のサクサク操作
・2TBHDD内蔵
・コンパクトな本体
・アプリが便利すぎ

▼残念だった点
・アプリの主要機能が有料
・4K放送未対応
・有線LANが必要
・PS5対応が年末

よくよく考えると、シングル録画、4K非対応、Wi-Fi非搭載ととんでもなく古い機能ですが、この高速レスポンスによる快適さを味わってしまうと、そんなことはどうでもいいと思わせる魅力があります。

ほとんど旧モデルと変わってないのに、入荷しては即販売という人気もうなずけます。テレビ好きは買う価値ありですよ!        

以上、バッファロー「nasne(ナスネ)」の検証レビューでした。

AV機器 『家電批評』2021年6月号

『家電批評』2021年6月号
晋遊舎
『家電批評』
2021年6月号
実勢価格:700円
『家電批評』2021年6月号では、『爆ヒット家電!買って良いモノダメなもの』を大特集。ぜひチェックしてみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事