【掃除スゴ技】カーペットの醤油・コーヒージミは「ぞうきん+掃除機」でした|「LDK」が比較
テスト
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
公開日: 2021年06月18日

【掃除スゴ技】カーペットの醤油・コーヒージミは「ぞうきん+掃除機」でした|「LDK」が比較

日頃のお掃除はこまめにしていても、見て見ぬふりをしている部分がありませんか? そこで、身近なアイテムで面倒なエリアもラク~にきれいにしてしまうお掃除のスゴい技をご紹介。今回は、床! ラグやカーペットにこぼした醤油やコーヒー&オレンジジュースのシミを落とすテクニックです。

テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。


※情報は『LDK』2021年4月号特別付録「おそうじの超ベストアイデア2021」掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ホーム 疲れない掃除の超スゴ技を集めました

やってもやっても終わらないのが家事。とくにお掃除はキレイにしたと思っても、またすぐ散らかったり汚れたりして、もう少しラクにできないかなあと思いませんか?

そこで今回は、ちょっと面倒なエリアの汚れも、ラク~にきれいにできるお掃除のベストアイデアを集めました。使うアイテムは家にあるものや身近なものばかりなので、気軽にマネできちゃいます。

疲れないでできるお掃除のスゴ技として、今回はカーペットやラグの上にこぼしてしまった「醤油のシミ」「コーヒーやオレンジジュースのシミ」を落とすテクニックです。

ホーム ラグのシミは掃除機+ぞうきんで広がりを抑える

ラグに垂れてしまったしょうゆは、ぞうきんでたたいたりこすったり、何度か拭いてみたりしてもうっすら残ってしまうもの。

そんな厄介なしょうゆジミをしっかり除去してくれるのが、掃除機とぞうきんの組み合わせです。
汚れをぞうきんに移したら掃除機でしっかり吸いあげましょう。

汚れ落としのメカニズム:汚れをぞうきんに移動させる

洗剤でしょうゆジミをゆるめ、ぞうきんの上から掃除機で吸いあげ、汚れを移していきます。

BEFORE

AFTER

ラグの繊維にしみついたしょうゆジミが、なにもなかったかのようにサッパリ!

それでは、もう少し詳しくやり方をみてみましょう。用意するのは、洗濯用洗剤と掃除機とぞうきんです。

おすすめの洗剤はこちら!

洗濯用洗剤はライオン トップ クリアリキッドを使いました。

ホーム 【ハウツー】ぞうきんで広がりを抑えて掃除機で吸い取る

洗えないラグでも水濡れOKな素材なら、この方法がおすすめ。力がいらないから女性でも簡単にマネできるうえ、繊維も傷まないのがポイントです。

ステップ1:ぬるま湯で溶かした洗濯用洗剤を塗る

液体の洗濯用洗剤をぬるま湯で溶かしたものを、汚れの上に指で塗っていきます。ラグの下にぞうきんを敷いておくと床が汚れず◎。

薄めのラグだと、汚れが裏までしみてフローリングを汚してしまうので、ラグの裏側にもぞうきんを敷きましょう。

ステップ2:汚れの上にぞうきんをのせ掃除機で吸う

汚れの上にぞうきんをのせたら、掃除機で汚れ部分をしっかり吸い込んでいきます。シミが広範囲にわたるときは、ぞうきんではなく、タオルをのせて。

汚れを吸い取るようにしっかり吸引させると、ぞうきんにしょうゆジミが移動して、ラグは元のキレイな色に!

また、ラグの汚れはしょうゆだけではなく、ジュースやお菓子、食事系といろいろあります。続いては、コーヒーやオレンジジュースのシミの落とし方です。

ホーム コーヒーオレンジジュースは洗剤なしでOK

しょうゆを筆頭に、コーヒーやオレンジジュースといった飲み物もうっかりこぼしがちですが、もちろん、落とせます。これらは水溶性の汚れなので、洗剤は使わなくてもちゃんとキレイになります。

BEFORE(コーヒー)

AFTER(コーヒー)

BEFORE(オレンジジュース)

AFTER(オレンジジュース)

水だけでここまで落ちるとはうれしいですよね。

それでは、詳しいやり方をご紹介します。

ホーム 【ハウツー】水をしみこませて掃除機で吸い取る

うっかりこぼしがちなコーヒーやオレンジジュースといった飲み物は、水だけで落ちちゃいます。

ステップ1:汚れに水をつける

まずは急いでこぼれた汚れを拭き取ります。次に少量の水をスプレーして汚れた部分になじませます。ゴシゴシすると広がるので注意しましょう。

ステップ2:ぞうきんで押さえる

乾いた布やぞうきんをこぼした汚れの上へ被せ、押さえながら汚れを拭き取ります。濡れたぞうきんを使うと、かえって汚れが広がるので乾いたものを使って。

ステップ3:掃除機を当てる

シミ部分に乾いたぞうきんを上から被せたら、掃除機の「強」で一気に吸いあげます。掃除機を使う場合は、故障の原因になるので、十分水気を取ってから!

シミは適切な処理をしないと、かえって汚れを広げてしまったり、取れなくなってしまうことも。こぼしたときにすぐに取り掛かりましょう。

以上、床掃除のスゴ技をご紹介しました。手が届きにくい場所も汚れを浮かせば、今までの悩みが嘘みたいに解決。ぜひお試しください!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事