【最新EV自動車】アウディ「e-tron Sportback」は圧倒的な静粛の世界に浸れます|実走レビュー
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2021年05月28日

【最新EV自動車】アウディ「e-tron Sportback」は圧倒的な静粛の世界に浸れます|実走レビュー

世界の自動車産業において注目を集めているのがEV(電気自動車)です。ガソリン車からの移行を控え、現状その実力はどうなのでしょうか? 今、購入できる人気車種10モデルを一気に実走テストし、本音でレビューします!今回は、アウディ「e-tron Sportback」です。

カーナビ伝道師
高山正寛 氏
カーナビやITS、先進技術が得意分野で、デジタルガジェットにも精通。自動車評論家としても活躍中で、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。
プロが本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2021年5月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

自動車 電気自動車、現行車種10モデルを試乗しました

ここ数年で急速に進化をしているEV(電気自動車)。興味はあるけど「実際に乗ってみたらどうなんだろう?」と思っている方も多いかもしれません。

そこで今回は、未来のクルマの現実を探るため、現在購入できるEVの中でも人気モデルを10台実走し、その内容をプロと編集部が本音でレビューしました!

自動車 EV(電気自動車)の基礎知識

EVが欲しいと思っても意外と知らないことって多いもの……。まずは、今更聞けない基礎中の基礎も含めて確認していきましょう。

1:ガソリンを使わず電気で走ります

EVはガソリンや軽油などの化石燃料を燃やしてエンジンを回し、動力を得るのではなく、電気を大容量バッテリーに充電しモーターを駆動させます。

電気代は1kWhでおおよそ10~30円ほどになり、ガソリンと比較してもかなり出費を抑えることができます。

2:充電スタンドや自宅で充電可能

公共施設やディーラーなどに設置された充電スタンドや、自宅に充電器を設置することで充電でき、自宅の場合は200Vの普通充電器となります。充電方法は「普通」と「急速」の2種類あります。
ちなみに、機種によりますが自宅に充電器を設置する場合、補助金が適用されます。詳細はディーラーで相談するのがいいでしょう。

3:新車購入時は最大40万円の補助金あり

一般社団法人次世代自動車振興センターの「CEV補助金」を活用するか、また自治体によっては独自の助成により10万円のサポートが受けられるケースもあります。

自動車 EVにも個性あり! 3つのカテゴリー

最近のEVは、ユーザーのライフスタイルに応じて車種を選べるほど、多様化しています。大きく3つにカテゴライズすることができます。

1:ファーストカー

航続距離が長く1台でほとんどの用が足すことができます。1台ですべて完結しようとするならばこちらのモデルがベストです。

2:街乗り・セカンドカー

航続距離が短く取り回しがいいモデルで、平日は駅までの送迎や近所までの買い物など街乗りや郊外での利用をメインとした近距離での利用におすすめです。

3:富裕層向けスポーツカー

価格も含め「富裕層向けのスポーツカー」は、路上ではややオーバースペックですが、驚異的な加速や、高い次元のコーナリング性能など、まさに新次元のスポーツカーといえます。

今回は「ファーストカー」タイプの中から、アウディ「e-tron Sportback」をレビュー。10車種の中で電費計測は間に合わなかった車種なのですが、「走り・取り回し」「バッテリー」「コネクテッド」「先進性」など性能はしっかりチェックしました!

自動車 スポーティ&ラグジュアリー アウディ「e-tron Sportback」

アウディ
e-tron Sportback
実勢価格:1119万4000円~

サイズ・重量:全長4900×全幅1935×全高1615mm・2560kg
駆動方式:4WD
電動機:交流電動機
最高出力(システム):408ps
最大トルク(システム):664Nm
バッテリー容量:95kWh
走行可能距離(WLTCモード):405km
交流電力量消費率:245Wh/km
タイヤサイズ:265/45R21
▼評価
一充電走行距離:318km~
バッテリー:◎
走り:◎
取り回し:◎
コネクテッド:◎
先進技術:〇
総合評価:A

アウディ「e-tron Sportback」は、高い運動性能と圧倒的な静粛性で非常に完成度が高いモデル。先進装備は少し扱いづらい部分もあります。

自動車 走り・取り回し:2.5トン超えの大型ボディながら余裕の加速と取り回し

アウディの電動化戦略の重要車種であるe-tronの第1弾として導入されたのがスポーティなSUVであるスポーツバックです。2.5トンを超えるボディでも軽くアクセルを踏み込むだけで瞬時に加速、全幅もあるボディですが見切りが良く、取り回しが思ったより楽なのには驚きます。
2グレード構成ですが、同じモーターでも制御を変えることで出力を変えてあります。軽量ボディに高出力モーターの加速は強烈の一言。加速のよさはスポーツカー級です!

自動車 バッテリー:新モデルでも大容量バッテリーを搭載

導入初期のモデルは95kWhの大容量タイプでしたが、2021年モデルからは71kWhの「50」に統一されました。

自動車 コネクテッド:ネット接続や車内Wi-Fiなども充実

インフォテインメントの核となる「MMI」やスマホから各種操作を可能にする「マイカーマネージャー」も搭載します。

自動車 SUV版e-tronも加わり、選択肢が増えたのが魅力

2021年からは前述した71kWhの「50」に統一されましたが、軽量化と価格を下げることで販売の裾野は広がるはずです。e-tronの魅力は走りの良さと乗り心地を両立させたアウディらしい味付けです。

バッテリーに関しても熱管理がしっかりしており、充電効率も高いです。SUV版も登場したことで選択肢が増えたことも大きな魅力と言えるでしょう。

以上、アウディ「e-tron Sportback」の「走り・取り回し」「バッテリー」「コネクテッド」「先進性」のご紹介でした。スポーティ&ラグジュアリーなアウディe-tronは、圧倒的な静粛の世界に浸れる一台です。

自動車 『家電批評』2021年5月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年5月号
「家電批評」2021年5月号の特集「電気自動車10大メーカー グランプリ2021」では、この他にも本音レビューを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事