高品質ライブ配信!ソニーの“25万円スマホ”「Xperia Pro」とは?│『家電批評』がガチテスト【前編】
テスト
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2021年05月14日

高品質ライブ配信!ソニーの“25万円スマホ”「Xperia Pro」とは?│『家電批評』がガチテスト【前編】

エクスペリアの新製品「Xperia Pro」をご存じでしょうか。SIMフリー5Gスマートフォンでお値段は約25万円。人気の「Xperia 1Ⅱ」を「一眼カメラ用配信機器」としてグレードアップした、映像のプロ向けのスマホなんです。どこがそんなにスゴイのか、『家電批評』編集部員が検証する前編ではその特徴を紹介します。

プロが本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

※情報は『家電批評』2021年5月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

スマートフォン ソニーから25万円スマホ「Xperia Pro」が登場!

今や生活になくてはならないスマートフォンですが、みなさんは正直いくらまで出せますか?

今回ご紹介するのはソニーの「Xperia Pro」は、なんとお値段25万円。これが今、カメラマンやYoutuberなど、“動画界隈”で話題沸騰の一台なんです。

でもいったい何がそんなにスゴイのか、気になりますよね。
ソニーモバイル
Xperia Pro
実勢価格:24万9800円
サイズ・重量:W75×D10.4×H171mm・約225g
SIM:デュアルSIM(DSDS・DSDV)
Wi-Fi:11a/b/g/n/ac/ax
「Xperia Pro」はエクスペリアの最新機種のSIMフリー5Gスマートフォンなのですが、結論からいうと、写真のように一眼カメラと組み合わせて使います。
これで何ができるかというと、ミラーレスカメラや一眼レフカメラ、 あるいはシネマカメラなどで撮影している高品質な映像を、リアルタイムでXperia Proに取り込み、そのままLTE・5G通信によりユーチューブなどでライブ配信できるんです。

このガチなイデタチと25万円というお値段からもわかるとおり、カジュアルに使うものではなく、業務用途や映像にこだわるユーチューバーなど、広い意味でプロフェッショナルなユーザーをターゲットにした製品です。
25万円に納得できるのかテスト!
そこで今回は『家電批評』編集部員が実際に使って試してみました。前編の今回は、まずはその機能をご紹介したいと思います!

スマートフォン 「Xperia Pro」の特徴をチェック!

まずは外観から見てみましょう。Xperia Proはキャリアなどで販売されているエクスペリア1Ⅱ(2020年発売)をベースにした派生モデルですが、外観だけでも至るところにプロ仕様が見受けられます。

出っ張りがなく滑りにくい外装

外装はマットで滑りにくく、Xperia1Ⅱよりも持ちやすいほど。5G通信の強化で増えたアンテナを収納するためにボディは少し分厚くなっています。

カメラ部の段差がなくなったのも好感触です。
ディスプレイは仕様どおりの性能が出ているか、1台ずつ色調を調整してから出荷。手間がかかっています。

基本仕様はXperia 1Ⅱと同じ

XperiaProの基本仕様は、12万円のXperia 1Ⅱと同じです。

▼Xperia 1Ⅱ
ソニーモバイル
Xperia 1Ⅱ
実勢価格:11万8800円
CPUやディスプレイの仕様など、スマートフォンとしての仕様はほぼ同一となっています。

※左:Xperia 1Ⅱ  右:XperiaPro

スマホでは世界初のHDMI入力

最大のポイントは、スマホでは世界初のHDMI入力です。端子形状はマイクロHDMI。USBポートがあった場所にMicro HDMIポートが新設されました。
HDMI入力の端子を装備。
今や一眼カメラの動画は4Kがあたりまえ。無線LANで転送なんて不安すぎます。

というわけで、カメラの映像を遅延なく確実にスマホに送れるように、HDMIで直結するというわけです。USB-C端子も別途装備しています。

一眼カメラの映像を映したり、ライブ配信できる

多くの一眼カメラは撮影中の映像をHDMIから出力する機能を備えています。そのため、ソニー以外のカメラであってもHDMI出力に対応しているカメラであればXperiaProで配信が可能です。

有線はかさばりますが、この汎用性こそプロのツールには欠かせません。

スマートフォン お高いのでまずはレンタルという手も

Xperia ProはSIMフリーモデルのみの販売となっていて、ソニーストアやヨドバシカメラなどで購入できます。
ただし高額なので、まずは映像系のレンタルショップで借りるのもアリ。実際に使ってみるのがオススメです。

▼レンタルできる業者(一例)
・ドローンレンタルセンター:1日3190円
・パンダスタジオレンタル :1日7480円
・配信機材レンタルセンター:1日3190円
以上、ソニーモバイル「Xperia Pro」のおもな特徴をご紹介しました。

後編では、実際に使ってわかった惜しいポイントや25万円の価値があるかも含めて、さらに詳しくレビューします!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事