「シリコンスチーマーと蒸し器って違いあるの?」→全然違いました【徹底比較】
ベストバイ
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部

「シリコンスチーマーと蒸し器って違いあるの?」→全然違いました【徹底比較】

時短料理に欠かせない電子レンジ調理器。下ごしらえから調理までぜーんぶひとつでできるのは、シリコンスチーマー? 蒸し器? 6製品を比較しました。

本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。

キッチン シリコンスチーマーと蒸し器 万能なのはどっち?

レンジ調理できる容器といえばシリコンスチーマーと蒸し器が代表的ですが、形やサイズによって目的もさまざま。でも使い分けはメンドウ! 下ごしらえも蒸し料理も煮物もまるっとできる万能アイテムはないの? ということで大テストを敢行。6製品を比較して、煮物もじゃがいもも肉まんも、これひとつあれば十分な万能調理器を探しました!

キッチン 使い勝手と汎用性の高さで イモタニの蒸し器に軍配!

シリコンスチーマーと蒸し器6製品を検証したところ、できる料理の幅の広さ、保存容器としても使える汎用性の高さなどから、蒸し器の「茹で蒸し工房」がベストバイに決定。商品名の通り、ゆで・蒸し・調理がこれひとつで完成しちゃいます。

下ゆでに便利なザル付き、蒸し物はパサつかずふっくら、煮物は味のしみ込みも抜群。さらに、水切りや保存容器として使えるのも便利です。こんなにマルチに使えるのに、400円とコスパも最高!
イモタニ:茹で蒸し工房:シリコンスチーマー:レンジ:調理用品
イモタニ
茹で蒸し工房 
実勢価格:378円
使い勝手も味もすべて高評価でした。

[ここがスゴイ]
野菜などの洗い用のザルにもなる
レンジ用としてだけではなく、付属のザルで野菜や果物、豆腐の水切りも可能。そのまま冷蔵庫保存もOK。水切りもラクラクです。

[じゃがいも]
やや時間はかかったが許容範囲内
蒸し時間:6分(6位)
じゃがいもの加熱テストでは、完全に中までやわらかくなるまでにやや時間はかかったものの、加熱ムラもなくホクホクになりました。4個とも均一な固さにそろっていたのも◎。

[肉まん]
みずみずしいツヤが表面に出現
冷蔵肉まんは水をくぐらせず、そのままレンジにイン。水分が飛びすぎず、表面も中身もしっとり&ふっくらに仕上がりました!

[煮物]
大根そのものの味が感じられる
きちんと味がしみ込んでいるにもかかわらず、大根本来の味も残っていて、ほかとは異なる本格的な味わいに。素材のうまみがじゅわ~っと広がります。

キッチン ルクエのシリコンスチーマーは 水分が多い料理には不向き

定番品のルクエのシリコンスチーマーは、独特の形状による汎用性の乏しさが敗因に。肉や魚料理など水分が少ないものならいいですが、容器が浅いため、煮物や汁ものなどは食卓に運んでいる間にこぼれてしまいそう……。デザイン性が高い分、機能面で劣る部分がありました。
ルクエ:スチームケース:シリコンスチーマー:レンジ:調理用品
ルクエ
スチームケース
実勢価格:2682円
使い方が限定的で汎用性に乏しくマイナスに。

[じゃがいも]
容積が小さいから熱の通りも速い
蒸し時間:4分30秒(2位)
熱がこもりやすく、蒸気がスムーズに巡るので短時間で完成しました。汁気も少ないので水がたまることもありません。

[肉まん]
可もなく不可もなく普通においしい
通常のフタと違い、折りたたんで閉じる仕様なので、フタを開けている途中で蒸気が上がってくることがありました。湯気による火傷が少しコワイかも。

[煮物]
中央と端で大根の固さにムラが出ました
熱は通っているものの、大根を置いた場所によって固さにムラが。煮汁が多く残るとこぼれる危険性も気になりました。味の浸透はGOOD。
やわらかいシリコンは、レンジから出したあとの持ち運びも不安定。フタが閉まらないのでこぼれそう……。中の汁がこぼれそうで取り扱いにコワさがありました。

キッチン シリコンスチーマー メトレ フランセは煮物が◎!

鍋型のメトレ フランセグラン ラウンドは、煮物が大得意。大根はやわらかいのに崩れておらず、味のしみ込みもしっかり仕上がります。ほかの煮物と比べて、大根がとても甘かったのが印象的でした。
メトレ:フランセ:グラン:ラウンドL:シリコンスチーマー:レンジ:調理用品
メトレ フランセ
グラン ラウンドL
実勢価格:2150円
[煮物]
たくさんの量を作るならコレ
密閉性が高いので汁気たっぷりに仕上がります。容量もファミリーサイズ。

[じゃがいも]
熱伝導率の高さで時短を実現
蒸し時間:4分(1位)
大きめの鍋なので4つでも余裕で入ります。中までムラなく熱が通り、4分でホックホクに。

[肉まん]
少量の蒸しものは苦手……
容器内の空間が広いので温まりにくく、皮に生っぽさが残ってしまいました。複数個で使うのが向いています。

キッチン おひとりさまならこっち! ダイソーの蒸し器

容器が小さい分、熱の通りが一番良かったのがダイソーの蒸し器。一人前なら短時間で効率的においしく仕上がります。100均容器にもかかわらず、立派な煮物が完成しました。ザル付きで幅広い用途で使えます。
ダイソー:温野菜が簡単にできる!:電子レンジ調理器:温野菜
ダイソー
温野菜が簡単にできる! 電子レンジ調理器 温野菜
実勢価格:108円

[煮物]
大根のやわらかさは一番でした
良く火が通り、量も単身世帯にちょうどいいサイズです。

[じゃがいも]
4個までなら普通に蒸せる
蒸し時間:5分30秒(4位)
じゃがいもは4個が限界ですが、レンジ用蒸し器と同じく5分30秒で蒸し上がりました。ザルがあるのでそのあとの調理もはかどりそうです。

[肉まん]
やわらかく熱の偏りもなし
小ぶりの肉まんは小さめ容器がぴったり。表面もしっとりやわらかな仕上がりです

キッチン 短時間かつ抜群のしみ込み! 深さもあるセリアの蒸し器

完成した煮物の大根には固さや芯はまったく残っておらず、ほっこりやわらか。容器が小さい分、熱の通りが均一なのもよい点です。料理苦手さんに最適な100円アイテム!
セリア:サナダ精工:レンジ用蒸し器:飲茶
セリア/サナダ精工
レンジ用蒸し器 飲茶
実勢価格:108円

[煮物]
しっかり味がしみ込みました
蒸し時間:5分30秒(4位)
ダイソー同様、容器が小さいので短時間でもしっかり仕上がります。

[じゃがいも]
みずみずしい美味しさ
じゃがいもは中まで熱が通っていても表面は乾燥しておらず、パサパサしません。容器の大きさも充分でした。

[肉まん]
底に水を入れて蒸す本格派
底に水を入れて蒸し上げる設計になっています。そのひと手間分、しっとりモチモチ! 水をお湯にすれば時短になります。

キッチン 自宅にある耐熱容器&ラップ& キッチンペーパーはイマイチ

厚めの耐熱ガラスの保存容器だと、熱の通りは遅め。さらにラップをぴったりかけたことで蒸気がこもって煮詰まりませんでした。大根も固く、味も薄めで残念な出来に。
[煮物]
熱の逃げ場がなく煮詰まりにくい
ガラスのような厚めの容器だと仕上がりが固めになってしまいます。

[じゃがいも]
密閉性が高く熱も芯まで通る
蒸し時間:5分(3位)
濡らしたキッチンペーパーの上にラップをかけて加熱。時間は短かったものの、取り出す際はかなり熱くて注意が必要!

[肉まん]
容器いらずで簡単だけど……
耐熱皿にのせてラップをかけるだけ。ほかと合わせて30秒加熱すると、やわらかくなりすぎてしまいました。

じゃがいものゆで時間対決では密閉性が高いシリコンスチーマー勢が優秀でしたが、ベストバイは蒸し器に決定! 全体で見ても、シリコンスチーマーよりも蒸し器の方がさまざまなメニューに幅広く対応できるのでオススメです!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら