最大10台の端末を同時充電できるポータブル電源が登場|「家電批評」新製品FLASH(3)
ベストアイデア
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2021年04月30日

最大10台の端末を同時充電できるポータブル電源が登場|「家電批評」新製品FLASH(3)

毎日多くの家電・ガジェットが新発売されています。見逃している掘り出しモノはないかな、と思っている皆さんに、各社発表のニュースリリースをセレクトしてお届け! 今回は、アウトドアや災害時にも重宝するポータブル電源や遠隔操作もできる空気清浄機などデジタルガジェット、生活家電9製品です。

プロが本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2021年5月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

家電 新製品からイマがわかる!家電新品FLASH

次々と発表される最新家電。数え切れないほどある各メーカーのニュースリリースから、雑誌『家電批評』がセレクトし、全4回の連載形式で紹介します!

『家電批評』2021年5月号掲載の「新製品からイマがわかる!」3回目は、大10台の端末を同時充電できるポータブル電源や、一食分にちょうどいい超コンパクト炊飯器など最新のデジタルガジェット、生活家電系9製品です。

家電 最大10台の端末を同時充電できるアイパー「FREEMAN 500」

アイパー
FREEMAN 500
実勢価格:4万9800円
アイパー「FREEMAN 500」は、614.4Wh(192000mAh/3.6V)の大容量バッテリー搭載していて最大で10台のデバイスを同時充電することができるポータブル電源。アウトドアや災害時にも重宝します。

パススルー機能搭載のため、本体充電をしながら各デバイスの充電を行うことも可能。AC、シガーソケット、ソーラーパネル、Type-Cの4つの充電方法を備えています。

家電 家中の家電製品を操作できるアクセルラボ「SPOT Mini」

アクセルラボ
SPOT Mini
実勢価格:オープン価格
アクセルラボ「SPOT Mini」は、テレビやエアコン、照明器具など、赤外線対応の家電を操作できるスマートリモコン。スマートスピーカーとも連携できます。

従来機の「SPOT」と比較して、約70%と大幅な小型化を実現し、赤外線信号の照射距離は約180%向上。付属のマグネットを固定することにより、壁面や天井にも取り付けられます。

家電 上質なたばこ葉の味わいを楽しめる加熱式たばこ! モンテパス「ARKX Xタイプ」

モンテパス
ARKX Xタイプ
Xタイプデバイスセット
実勢価格:6980円
モンテパス「ARKX Xタイプ Xタイプデバイスセット」は、燃焼させることなく、たばこ本来の味を楽しめるヒート・ユア・オウン テクノロジーを採用した加熱式たばこ。

1セッションの時間は5分。バッテリー容量は2000mAhで充電時間は90分。OLEDスクリーンを備え、表示が見やすくなっています。パウチは6フレーバーあり、1パウチ(25g)当たり83回以上の使用が可能。

家電 超高速充電に対応したコンパクトなAC充電器! グリーンハウス「GH-ACU2GB」

グリーンハウス
GH-ACU2GB
実勢価格:4380円
グリーンハウス「GH-ACU2GB」は、最大出力65W、USB Power Deliveryに対応し、USB Type-Cを1ポート、USB Type-Aを1ポート搭載した充電器。

超高速充電により、iPhone 12 Proを30分で約60%、1時間で約90%まで充電できます。窒化ガリウムを採用することで、高出力とコンパクトを実現。発熱量も従来製品より1時間で約10℃低減しています。

家電 触れずに使えるから感染対策も万全! ヤザワ「AD01WHC」

ヤザワ
AD01WHC
実勢価格:4378円
ヤザワ「AD01WHC」は、手をかざすと自動でアルコール除菌液が噴射されるオートディスペンサー。電池は単3型乾電池4本を使用。タンク容量は約500mlで、噴射量は「大」で約1.5ml、「小」で約0.7ml。連続使用回数は約3000回で防水性能はIPX4。

家電 1人分にちょうどいいコンパクト炊飯器! カイホウジャパン「TS-SK600」

カイホウジャパン
TS-SK600
実勢価格:7670円
カイホウジャパン「TS-SK600」は、0.5合を最短17分で炊き上げるコンパクトサイズの炊飯器。本体底面に幅広なヒーターを搭載し、高火力でお米の芯まで火を通します。

おかずを付属の仕切り版と容器を使用して、保温時に一緒に温めることも可能です。

家電 スマホアプリから遠隔操作できる空気清浄機 ダイキン「ACB50X-S」

ダイキン
ACB50X-S
実勢価格:9万7780円
ダイキン「ACB50X-S」は、従来からの「ストリーマ技術」に加え、ウイルスや菌の抑制効果が高い波長265nmの深紫外線を照射する旭化成グループのCrystal IS社「Klaran」を業界で初めて搭載した空気清浄機です。

専用のアプリで、スマホから運転状況と空気清浄機周辺の清浄度を遠隔で把握できます。

家電 コンパクトボディに800mlのタンクを内蔵するサンコー「センサーミストツイン」

サンコー
ライトで癒すベッドサイド加湿器
センサーミストツイン
実勢価格:3480円
サンコー「ライトで癒すベッドサイド加湿器[センサーミストツイン]」は、コンパクトサイズながら、800mlのタンク内蔵で最大16時間連続加湿してくれます。

2つのノズルでしっかりと噴霧。センサー付きで触れずに操作できるので、寝起きでもボタンを押さずにオン・オフが可能。

家電 デジタル温度調節機能を搭載! Weber-Stephen Products Japan「Weber Pulse 1000」

Weber-Stephen
Products Japan
Weber Pulse 1000
実勢価格:5万9990円
ウェーバー「Weber Pulse 1000」は、最高温度316℃までの調理が可能でな電気バーベキューグリルです。Weberグリルの特徴であるふたの内側の反射板によって熱が常に均等に行き渡るよう設計されています。

また、Weber独自のデジタル温度調節機能を内部に搭載。Weber公式アプリ「Weber Connect」を接続すれば、レシピの準備から仕上がりまで全工程をサポートしてくれます。

以上、「新製品からイマがわかる!」家電新品FLASH『家電批評』2021年5月号編(その3)でした。

▼第1回目、第2回目の記事はコチラ!

家電 『家電批評』2021年5月号

『家電批評』
2021年5月号
実勢価格:700円
「新製品FLASH」を掲載している『家電批評』2021年5月号はこちらでも読むことができます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事