【最新EV自動車】マツダ初の量産型EV「MX-30 EV」は精悍なクーペフォルムです|実走レビュー【1】
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2021年05月22日

【最新EV自動車】マツダ初の量産型EV「MX-30 EV」は精悍なクーペフォルムです|実走レビュー【1】

世界の自動車産業において注目を集めているのがEV(電気自動車)です。ガソリン車からの移行を控え、現状その実力はどうなのでしょうか? 今、購入できる人気車種10モデルを一気に実走テストし、本音でレビューします!今回は、マツダ初の量産型EV自動車「MX-30 EV」です。

カーナビ伝道師
高山正寛 氏
カーナビやITS、先進技術が得意分野で、デジタルガジェットにも精通。自動車評論家としても活躍中で、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。
プロが本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2021年5月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

自動車 電気自動車、現行車種10モデルを試乗しました

ここ数年で急速に進化をしているEV(電気自動車)。興味はあるけど「実際に乗ってみたらどうなんだろう?」と思っている方も多いかもしれません。

そこで今回は、未来のクルマの現実を探るため、現在購入できるEVの中でも人気モデルを10台集めて電気だけで2000km実走。プロと編集部が本音でレビューします!

自動車 EV(電気自動車)の基礎知識

EVが欲しいと思っても意外と知らないことって多いもの……。まずは、今更聞けない基礎中の基礎も含めて確認していきましょう。

1:EVはガソリンを使わず電気で走ります

EVはガソリンや軽油などの化石燃料を燃やしてエンジンを回し、動力を得るのではなく、電気を大容量バッテリーに充電しモーターを駆動させます。

電気代は1kWhでおおよそ10~30円ほどになり、ガソリンと比較してもかなり出費を抑えることができます。

2:充電スタンドや自宅で充電可能

公共施設やディーラーなどに設置された充電スタンドや、自宅に充電器を設置することで充電でき、自宅の場合は200Vの普通充電器となります。充電方法は「普通」と「急速」の2種類あります。

ちなみに、機種によりますが自宅に充電器を設置する場合、補助金が適用されます。詳細はディーラーで相談するのがいいでしょう。

3:新車購入時は最大40万円の補助金あり

一般社団法人次世代自動車振興センターの「CEV補助金」を活用するか、また自治体によっては独自の助成により10万円のサポートが受けられるケースもあります。

自動車 EVにも個性あり! 3つのカテゴリー

最近のEVは、ユーザーのライフスタイルに応じて車種を選べるほど、多様化しています。大きく3つにカテゴライズすることができます。

1:ファーストカー

航続距離が長く1台でほとんどの用が足すことができます。1台ですべて完結しようとするならばこちらのモデルがベストです。

2:街乗り・セカンドカー

航続距離が短く取り回しがいいモデルで、平日は駅までの送迎や近所までの買い物など街乗りや郊外での利用をメインとした近距離での利用におすすめです。

3:富裕層向けスポーツカー

価格も含め「富裕層向けのスポーツカー」は、路上ではややオーバースペックですが、驚異的な加速や、高い次元のコーナリング性能など、まさに新次元のスポーツカーといえます。

今回は「街乗り・セカンドカー」タイプの中から、マツダ「MX-30 EV」をレビュー。「走り」「取り回し」「バッテリー」をチェックしていきます。

自動車 高い走りの質感を持つ精悍なクーペスタイル マツダ「MX-30 EV」

マツダ
MX-30 EV
(EV ハイエストセット) 
実勢価格:434万8000円~

サイズ・重量:全長4395×全幅1795×全高1565mm・1650kg
駆動方式:FF
電動機:交流同期電動機
定格出力:80.9kW
最高出力:145ps/4500-11000rpm
最大トルク:270Nm/0-3243rpm
総電力量:35.5kWh
走行可能距離(WLTCモード):256km
交流電力量消費率:145Wh/km
タイヤサイズ:215/55R18
▼評価
一充電走行距離:256km~
電費:6.6km/kWh(一般道)8km/kWh(高速)
バッテリー:△
走り:◎
取り回し:○
コネクテッド:◎
先進技術:◎
総合評価:A

2020年9月にマツダの新世代商品群の第3弾として登場したのが「MX-30」です。これに続いて2021年2月に追加されたのが今回ご紹介する「MX-30 EV」モデルになります。

マツダにおける初の量産電気自動車

過去には限定販売でデミオEVを発売したこともありますが、量産EVとしてはMX-30が最初で、35.5kWhの電池と145馬力/27.5㎏・mのスペックを持つ電気モーターを組み合わせます。

満充電時における航続可能距離は256km(WLTCモード)と少ないのですが、マツダはCO2の排出量を最小化できる数値としてこのバッテリー容量を選んだそうです。

2022年には本命レンジ・エクステンダー追加予定

このクラスとして走りの質はピカイチですが、バッテリー容量の少なさは気になるところ。本命は2022年に予定しているレンジ・エクステンダー装備(航続距離を伸ばすためにロータリーエンジンを発電機として使う機能)の追加です。

それでは「走り」「取り回し」「バッテリー」についてより詳しく見ていきましょう。

自動車 走り:電動化により走りの質感がさらにアップ

ガソリン車でも高かったハンドリング性能をEV専用に作り込んだ「e-GVC Plus」という制御により、EVであることを意識せず驚くほどイメージ通りに走ることができます。

ボンネットを開けるとすき間が多い理由は将来搭載予定のユニットのためです。

自動車 取り回し:慣れると便利なフリースタイルドア

MX-30の特徴は「観音開き」構造のフリースタイルドアを採用した点。大きな開口部は使い方次第で利便性もアップします。その意匠性は精悍なクーペですが実用性にも富んでいます。

最小回転半径は5.3mと標準的

ガソリン車と同等の取り回し性能を持ちますが、バッテリー搭載の関係で全高が1565mmに上がり、立体駐車場へ入庫できないケースも発生します。また、リア側方の視界が少し見づらいケースもあります。

自動車 バッテリー:ロングドライブには不向き

カタログ値は256kmと元々シティユースをメインに開発されているので、家族で旅行なんていう用途にはオススメしません。ただ高速での電費はなかなか良好でした!

ただし高速走行時の電費性能も8km/kWhと優秀でしたし、残量23%から急速充電を2回(60分)行ったところ100%まで回復しました(バッテリー保護のためにはあまりオススメできませんが)。

自動車 リアサイドウインドウにさりげなく「ELECTRIC」の表示

エクステリアを見ても小さな専用エンブレムとステッカーがある程度。ただこのステッカーにはきちんと意味があり、万が一の事故の際、電池による火災が起きる可能性があることを示す目的があるそうです。

以上、マツダ「MX-30 EV」の「走り」「取り回し」「バッテリー」のご紹介でした。後半は「インテリア」「コネクテッド」「先進装備」について、詳しくプロの目線で解説します!

▼マツダ「MX-30 EV」についての記事後編はこちら!

自動車 『家電批評』2021年5月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年5月号
「家電批評」2021年5月号の特集「電気自動車10大メーカー グランプリ2021」では、この他にも本音レビューを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事