勝手にAmazon発注! 自動発注マット「スマートマットライト」ってホントに便利?│『家電批評』が紹介
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2021年04月30日

勝手にAmazon発注! 自動発注マット「スマートマットライト」ってホントに便利?│『家電批評』が紹介

毎日、家事でヘトヘトになっていませんか。そこで、雑誌『家電批評』が口コミではわからない“家事がラクになる”おすすめ家電を紹介します。今回は、水やストック食材が減ったら勝手にAmazonに発注してくれるという“自動発注マット”「スマートマットライト」です!

プロが本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2021年4月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

家電 感動の“ラク家事家電”で毎日のヘトヘトから脱却!

家事を楽にする家電たち
掃除、洗濯、食事作り……。仕事から夜遅くに帰宅した時でも、子育てに追われている時でも、逃れられないのが家事です。「面倒くさい」が当たり前になり、いつの間にかぐったり疲れていることも。

そんなヘトヘトの毎日を助けてくれているサービスのひとつがネット通販ではないでしょうか。特に水や米、洗剤など重たくて確実に消耗する日用品を届けてくれるのは便利ですよね。 そこで今回は「あっ買い忘れた!」に悩まなくなる便利な最新ガジェットを紹介します。

家電 勝手に自動でAmazonへ注文! スマートマット「スマートマットライト A3」

スマートマット
スマートマットライト A3
実勢価格:1980円

通信方式:Wi-Fi 2.4GHz
電源:単3乾電池×4本(別売のACアダプタも使用可能)
使用環境条件:0~35℃
計測分解能:100g(A3)・10g(A4)単位
スマートマット「スマートマットライト A3」は、日用品の在庫問題に大活躍するスマート家電です。Amazonの注文クラウドサービスを活用したこのマットは、上に載せて保管している日用品の在庫量を把握し、事前にブラウザで設定した残量に合わせて、自動で再注文してくれるんです。
そんなの自分で把握して買えばいいじゃん、と思いがちですが、一度使うと、地味ながら本当に便利。飲料水はもちろん、お米やストック食材、おむつやティッシュなど、活用の幅も無限大で、ハイボール好き担当編集部員も「割材の炭酸枯渇問題」がこれで解決されました。
サイズはA3とA4の2種類(左:A3/右:A4)あります。

キッチン 使いやすく、デジタルが苦手な人でもスマートに管理

ポイント1:Amazonにある日用品にほぼ対応

Amazonにある日用品であれば、お水やお茶、お米などはもちろん、コピー用紙からドリンク、コーヒ豆やゼリーなど多くの製品を設定できます。ブラウザ上でセットアップしたら、あとは商品と「どれくらい減ったら注文するか」を設定するだけ。

ポイント2:サイトが使いやすい

サイトの使い勝手もよく、ラクにセットアップできるのでデジタルが苦手な人でも簡単に使うことができます。Webサイトから発注タイミングは自由に設定が可能。A3サイズであれば段ボールごと載せられます。

ポイント3:2000円でお手頃価格

本体は約2000円とコスパもgood。超お手ごろながら、ネット通販をよく利用する人にとって確実に便利なスマート家電です。もちろんオフィスでも在庫管理に便利に使えます。

以上、「自動発注マット」でした。残量チェック、買う手間、買い忘れが完全にゼロ。テレワークで日用品の消耗が増えたぶん、「枯渇問題」に悩んでいた人はぜひチェックしてみてください。

ホーム 『家電批評』2021年4月号

『家電批評』2021年4月号の表紙
晋遊舎
『家電批評』2021年4月号
実勢価格:700円
『家電批評』2021年4月号では「ラク家事カデン大研究」を大特集。ぜひこちらも参考にしてみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事