【最強ハサミ】7000円が1位じゃなかった! 切れ味ランキング8選
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部

【最強ハサミ】7000円が1位じゃなかった! 切れ味ランキング8選

近年文具の進化が目覚ましいですが、はさみも例外ではありません。ここでは100円台で買えるものから2018年モデルの高級はさみまでの8製品を、素材を変えて切れ味を徹底比較。すると予想外の結果が出ました!

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。

文房具 どんな素材も スパッと切れる!

様々な工夫をこらした進化系はさみがブームとなっている昨今、1000円以下で買えるはさみの切れ味がスゴイのをご存知ですか? さらに2018年1月には7000円を超す高級はさみが発売予定で注目が集まっています。

今回はそんな高級はさみから100均で買えるはさみまでを、切れにくいとされる4素材を用意して比較調査しました。すると何でも切れる万能モデルは予想外の結果に。

今後はさみを購入するときのご参考にどうぞ。

[テスト方法]
コピー用紙(15枚まで)、ビニール、スポンジ、ダンボールを実際に切って検証。片手で素材にはさみを入れ、そのまま先端まで切り込めるかを試しました。

[検証項目]
①コピー用紙
②ビニール
③スポンジ
④ダンボール

それでは、気になる結果をご覧ください!

文房具 [1位]持ちやすく なんでも切れる

コクヨ:エアロフィットサクサ:チタン:グルーレスタイプ:ハサ-PT250
コクヨ
エアロフィットサクサ チタン・グルーレスタイプ ハサ-PT250
実勢価格:480円
[テスト結果はこちら]

①コピー用紙:◎
②ビニール:◎
③スポンジ:◎
④ダンボール:◎

少ない枚数の切れ味は上々で、15枚まで増やしても断面もきれいに切れたほか、ダンボールも刃の先端までスムーズに切れました。
ビニールやスポンジも軽い感触で断面もキレイにカットできました。持ち手部分にラバー加工が施されており、長時間使用しても疲れにくいのは、他の商品と一線を画しました。

文房具 [2位]硬い素材も 軽々切れる

プラス:フィットカットカーブ:プレミアムチタン:SC-175STN:34-551
プラス
フィットカットカーブ プレミアムチタン SC-175STN 34-551
実勢価格:518円
[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:◯
②ビニール:◎
③スポンジ:◎
④ダンボール:◎

人気のフィットカットカーブシリーズの最上位モデルです。コピー用紙は15枚でも多少ズレはあったものの片手で切れました。
どの素材でも問題なく切れるうえ、切れ味は鋭くダンボールでも先端まで片手で軽い力で切れたのがスゴイ。

文房具 [3位]使いやすさなら コレで決まり!

レイメイ藤井:スウィングカット:チタンコート:SH120 23314
レイメイ藤井
スウィングカット チタンコート SH120 23314 
実勢価格:867円
[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:◯
②ビニール:◎
③スポンジ:◎
④ダンボール:◎

ビニールはよれることなくスムーズに刃の先端まで切れました。また、スポンジやダンボールも刃の先端まで問題なく切れ、他のモデルよりも軽い切れ味。グリップのおかげで手が痛くならなかったのもGood!
支点が中心からずれた位置にある独特のフォルムが目を引き、スイング構造により軽い切れ味を実現しています。

文房具 [4位]コスパ重視なら これがイチオシ

プラス:フィットカットカーブ:フッ素コート:SC-175SF
プラス
フィットカットカーブ フッ素コート SC-175SF 
実勢価格:260円
[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:◯
②ビニール:◎
③スポンジ:◯
④ダンボール:◎

コピー用紙は15枚で切ると、用紙がよれて握りが少しきつくなりましたが、なんとか切れました。ビニールはサクッと確かな手応えで、刃を入れて最後まで切ることができ、スポンジも刃の先端までスムーズに切れました。

ダンボールはシリーズ上位モデルとの切れ味の差を感じず、先端までしっかりと切れたので、コスパと性能のバランスがとても良いモデルといえます。

文房具 [5位]切れ味は さすがのピカイチ

カール事務器:XSCISSORS:XSC-70
カール事務器
XSCISSORS XSC-70
実勢価格:7000円
[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:◯
②ビニール:◯
③スポンジ:◯
④ダンボール:◎

2018年1月発売予定の高級はさみ、「エクスシザース」。従来の2倍の厚さ3mmのステンレス鋼板を採用し、1本1本職人の水研ぎ仕上げがウリの製品です。

これは期待大と試してみたところ、少ない枚数での紙の切れ味はやはり別格。少し動かしただけでスムーズに切れるのはさすがでした。

しかしビニール素材は得意ではない様子だったのが残念。

グリップの末端まで鋼材があるので、重みがあって握りやすくなっており、ダンボールを含む紙類ならほぼ切れることが判明しました。

文房具 [6位]廉価モデルながら 実力派

プラス:フィットカットカーブ:スタンダード:SC-175S
プラス
フィットカットカーブ スタンダード SC-175S 
実勢価格:275円
[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:◯
②ビニール:◎
③スポンジ:△
④ダンボール:◎

フィットカットカーブの廉価モデルですが、ビニールやダンボールでは上位モデルに劣ることなくその実力を発揮しました。

スポンジはちょっと苦手ですが、常用として使うなら十分です。

文房具 [7位]薄くて 繊細な素材なら得意です

長谷川刃物:CANARY:事務用はさみ:先細:フッ素コート:EP-175F
長谷川刃物
CANARY 事務用はさみ 先細 フッ素コート EP-175F
実勢価格:393円
[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:◯
②ビニール:◎
③スポンジ:×
④ダンボール:×

コピー用紙は難なく切れますが、15枚になるとズレが生じて刃の先端では切れなくなりました。ビニールは刃の先端でスムーズに切れましたが、スポンジやダンボールは刃の途中から切り込めなくなり、厚みがあるものは苦手なことが分かりました。

文房具 [8位]固いものには 弱いんです

エコー金属
ソフトグリップ 事務用はさみ 
実勢価格:108円

[テスト結果はこちら]
①コピー用紙:△
②ビニール:◯
③スポンジ:×
④ダンボール:△

軽く動かしただけで刃にザラザラとした感触が伝わり、コピー用紙は10枚から切れにくくなるなど、厚みのあるものでは切れ味が落ちました。ダンボールは切り口がギザギザになりましたが、なんとか切れて大健闘というところ。


今回検証をして、値段が高い製品のほうが切れ味が良い傾向にあるということを、改めて認識しました。しかし、得意不得意な素材は価格には関係なく、製品そのものの特質ということも9明らかになりました。ぜひ、はさみ選びの参考にしてみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事