「キヤノン派のあなたへ」最新ミラーレスで買うべき1台
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2017年11月14日

「キヤノン派のあなたへ」最新ミラーレスで買うべき1台

世界的カメラメーカーであるキャノンはミラーレスもエントリーからハイエンドまでバランス良く展開しています。商品数こそ多くありませんが、基本性能はしっかりしており、操作性も優秀です。今回はそんなラインナップの中から3台を検証のうえランキングにしました。

カメラ 世界的カメラメーカーの クラス別にバランス良い展開です

世界的カメラメーカーとしてトップシェアを誇るキヤノンは、これまでデジタル一眼レフカメラを主軸にプロ用のハイエンドモデルから初心者向けの軽量コンパクトなモデルまで、さまざまなユーザーのレベルに合わせたデジタル一眼レフカメラを多彩なラインナップで展開してきました。

それだけにキヤノンのカメラユーザーの数は国内外問わず多くいます。2012年に同社初のミラーレスカメラ「EOS M」を発売した以降は、EOSシステムのミラーレスカメラとして、EOS Mシリーズを指名買いする人も非常に多いようです。
ミラーレス市場に後発のキヤノン。一歩出遅れ感はあるものの、EOSの基本性能をしっかりと受け継いでいます。一眼レフと変わらない操作性は、これまでEOSシリーズを使っていた人でも安心です。
キヤノンのミラーレスの特徴のひとつが、これまでのレンズ資産を活用できる点。別売のマウントアダプターを使えば、一眼レフ用のレンズが利用できます。あの白いレンズだって付けられるのです。

記事1位BEST [1位]画質・操作性ともに満足の キャノンの最上位モデル

キヤノン:EOS M5:カメラ
キヤノン 
EOS M5
実勢価格: 9万8780円(EF-M15-45 IS STM レンズキット)
サイズ・質量:W115.6×H89.2×D60.6mm・約427g
センサーサイズ:APS-C
有効画素:2420万画素
連写:7コマ/秒(追従)
最高ISO感度:25600
モニター:3.2型
画質:19点
非常に解像力も高く発色もよい	

AF:16点
高速AFが可能だが、たまに合わないことも

機能性:18点 
中級一眼レフカメラに匹敵する高い機能性	

操作性:20点
一眼スタイルならではの操作性はピカイチ

液晶画面:19点
高精細で輝度も高く発色もよく見やすい	

キヤノンのミラーレス一眼のなかでは最上位となるだけに妥協のない性能と機能性が魅力的なモデル。VFを覗いたまま自然な指の位置で操作ができるようにボタンやダイヤルが配置されており、背面モニターでの撮影スタイルよりも撮影に集中することができます。
日常的なスナップ撮影から本格的な風景撮影やポートレート撮影まで守備範囲は広く、ミラーレスでも妥協したくない方におすすめです。山登りなど軽量でありながら高画質を求める撮影に最適です。

記事2位BEST [2位]レトロな外見とは裏腹に 最新技術満載のミドルモデル

キヤノン:EOS M6:カメラ
キヤノン 
EOS M6
実勢価格:8万8500円(EVFキット)
サイズ・質量:W112×H68×D44.5mm・約390g
センサーサイズ:APS-C
有効画素:約2420万画素
連写:約7コマ/秒(追従)
最高ISO感度:25600
モニター:3型
画質:19点
被写体の髪なども細かく解像し人肌の描写も非常に優れる。高感度でもノイズは少ない	

AF:16点
十分に速さはあるが時折被写体からAFが大きく外れることがある。暗い中でのAFは不得意

機能性:18点
EOSシリーズの基本操作を踏襲することで、求める機能設定に直感的にアクセスできる

操作性:17点
カメラ操作をスイッチのみでなくダイヤルを設けたことでアナログ的操作を可能にしている	
	
液晶画面:18点
上下方向どちらの方向にも開く液晶モニターを搭載。ただしバリアングルタイプではないのは残念

EOS M6の特徴はやはりその独特なデザインにあります。最新のミラーレスEOSでありながら、どこかレトロ感もあるメタリック調のボディカラーがオシャレ感をプラス。特に丸い筒状をした外付けEVFは、まるでオールドカメラの外付けファインダーのようです。デジタルカメラとしての基本性能はEOS M5とほぼ同等ですが、一眼レフカメラ風のEOS M5のいわゆる「見た目的な本気度」を敬遠したい方には魅力的なデザインといえます。
独特なデザインのEVFがEOS M6のレトロフューチャー感をより一層引き立てます。

記事3位BEST [3位]高い基本性能で 5万円を切るお買い得モデル

キヤノン:EOS M10:カメラ
キヤノン 
EOS M10
実勢価格:4万4980円(EF-M15-45 IS STM レンズキット )
サイズ・質量:W108×H66.6×D35mm・約301g
センサーサイズ:APS-C
有効画素:約1800万画素
連写:約4.6コマ/秒
最高ISO感度:12800
モニター:3型
the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
画質:16点
約1800万画素のAPS -Cセンサーを搭載

AF:14点
ハイブリッド CMOS AF IIで位相差AFにも対応	

機能性:16点
シンプルモデルなので基本機能を重視	

操作性:16点	
タッチパネルを使って簡単操作

液晶画面:17点
180度回させて自分撮りモードにできる	

軽量コンパクトを重視したシンプルなモデルです。それでいて基本的な撮影モードを省くことなく幅広い撮影に対応可能。タッチパネル対応モニターで直感的なピント合わせとシャッターが同時にできます。なお、後継機のEOS M100を購入する手もあります。

また、コンパクトなボディだからバッグに入れておいても気になりません。とにかく目に付いたものをどんどん撮って写真を楽しむカメラ。気に入った写真はスマホに転送してSNSで公開しましょう。

以上、ミラーレスカメラランキングキャノン編でした。エントリーからハイエンドまで揃うラインナップから自分に合った一台がきっと見つかるはずです。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

こちらのコンテンツに登場する商品

関連記事