【ダイエット】20分でサラダチキン! 専用メーカーのクオリティは?|『家電批評』が検証
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2021年03月31日

【ダイエット】20分でサラダチキン! 専用メーカーのクオリティは?|『家電批評』が検証

整体やジムに行かなくても、おうちで疲労回復・リフレッシュできる家電っていっぱいあるんです。そこで、雑誌『家電批評』がクチコミだけではわからない「カラダを改善できる最強家電」を紹介!今回は、自宅で簡単にダイエットメニューが作れる「サラダチキンメーカー」をご紹介します。

科学する料理研究家
さわけん 氏
辻調理師専門学校フランス校卒業。フランスの二ツ星(当時)ムーランドムージャンなどに勤務経験のある本格派。その後、イタリアンカフェのシェフを経て料理研究家に転身し世界の料理を研究。公式YouTubeはこちら
暮らしを変える本音の家電ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2021年3月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

家電 最新家電で「健康なカラダ」作りませんか?

ダイエットをしたいけれど続かない。身体が痛いけれど整体に行く時間がない。食習慣を改善できずに体調がすぐれない……など、多くの人が抱えているカラダの悩み。

実は、そんな悩みを解決してくれる家電が近年続々増加&売れています。

ということで、本音の家電ガイド『家電批評』がカラダ家電を集め、テストを決行!

ご飯屋さん、整体、ジムに行かなくても、お家で毎日身体をリフレッシュできちゃう最新家電をお届けします。

家電 ダイエット中の食事もおいしく食べたい!

低糖質&高タンパクなことから、すっかりヘルシー食材としておなじみになったサラダチキン。でも市販のものはパサついているものが多く、飽きやすく感じてしまいます。そこで注目したいのが、ワンランク上のサラダチキンを作れる「サラダチキンメーカー」です。

自家製サラダチキンはじっくりと火を通す必要があるため面倒なイメージですが、セットして待つだけの便利なキッチン家電が登場しているんです!

家電 絶品サラダチキンが20分で! プリズメイト「サラダチキンメーカー」

プリズメイト
サラダチキンメーカー PR-SK023
実勢価格:4950円
サイズ:W235×D127×H155mm
重量:952g
消費電力:450W
容量:約700ml
温度:やわらかモード時:65℃(±5℃)、スピードモード時:170℃、連続モード時:160℃
プリズメイトの「サラダチキンメーカー」なら、しっとりして毎日食べても全然飽きないおいしいチキンが出来上がります。市販のそれとは全く別モノと言っていいレベルでした。
連続モードを選べば一定温度をキープしてくれるので、スープや鍋、しゃぶしゃぶなどを作ることもでき、単調だったダイエット生活を変える心強い味方なのです。
いずれかのボタンを押せば始動。時間が過ぎ、音が鳴れば完成です。ボタンを押してひたすら待つのみなので、調理はとても簡単です。

キッチン 【実食】作る価値があるクオリティでした

同じサラダチキンでも「やわらかモード」と「スピードモード」があります。それぞれの仕上がりを見ていきましょう。

やわらかモードは「しっとりホロホロ」

調理時間:2時間

1番左側の「2H」ボタンを押したら調理スタート。
肉の中心部まで柔らかくなっていて、市販のサラダチキンとはあきらかに違う食感になりました。さらにこだわるなら、肉に下処理をした後、一旦寝かしておくとおいしいサラダチキンができます。

スピードモードでも十分にしっとり感あり

調理時間:20分

真ん中の「20MIN」ボタンを押したら調理スタートです。
20分という短時間で完成したとは思えないほど、しっとりとおいしく仕上がっています。やわらかモードと比較するとホロホロ感はありませんが、それでも市販のものよりも柔らかく、作る価値があるクオリティです。

さわけん 氏 科学する料理研究家
さわけん 氏のコメント

スピードモードでも十分においしいスグレモノです!

プレーンチキンのレシピ

1.鶏のむね肉300gの水気を取り、両面に塩を塗り込んでおく
2.水300ml、酒大さじ1、しょうが1片、長ねぎの葉を合わせる
3.1と2をサラダチキンメーカーに入れて、ボタンを押す
以上、ヘルシー家電「サラダチキンメーカー」のご紹介でした。サラダチキンだけでなく、鍋としても使えるのが便利です。糖質制限中やダイエット中でもご飯はおいしく食べたい! という方は、ぜひチェックしてみてください。

▼こちらでも美味しいサラダチキン!低温調理器のおすすめは?

家電 『家電批評』2021年3月号

晋遊舎
家電批評
2021年3月号
700円
「家電批評」2021年3月号の特集「新カラダ家電ベストバイ」では、ほかにも様々な最新家電をご紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事