【2021年】コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめランキング10選|プロが徹底比較
ベストバイ
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2021年03月23日

【2021年】コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめランキング10選|プロが徹底比較

次々に新モデルが発売される完全ワイヤレスイヤホン。今回はコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンを見つけるべく、音のプロと一緒に人気製品を徹底比較しました。おすすめランキングや選び方など、購入の参考にしてみてください。

東京音研放送サービス代表
原田裕弘 氏
長年AM・FMラジオ局のスタジオ、中継、収録ミキサーを担当。局外中継、収録の際にはヘッドホンミキシングをしてきたため、ヘッドホン・イヤホンには強いこだわりを持ち、愛用機はモディファイして使用中。
サウンドプロデューサー
大澤大輔 氏
メジャーアーティストのCD制作や番組プロデュース、空間音響やプロダクション・システムのデザインなど、音響と音楽制作に関わる様々な領域で活躍する毒舌のアイデア・マン。
テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。


※情報は『MONOQLO』2021年3月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

AV機器 ハイスペックな格安イヤホンが続々登場!

完全ワイヤレスイヤホンというとノイズキャンセリング(ノイキャン、NC)搭載の機能性の高いモデルが人気ですが、高いうえに紛失の心配があったり、各メーカーから次から次へと新モデルが発売されるため、「じゃあ、安い完全ワイヤレスイヤホンでいいじゃん」という声も出始めています。
そこで今回は、1万円以下で購入でき、かつスペックが最新だったり通販での評価が高い最新のBluetoothイヤホン10製品を集めて、どれを買うべきか音のプロに協力を依頼し検証を行いました。

AV機器 コスパ最強完全ワイヤレスイヤホンの比較方法は?

コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンを探すべく、音のプロである東京音研放送サービス 原田裕弘氏とサウンドプロデューサー 大澤大輔氏のお二方にご協力いただき、テストを実施しました。

テストしたのは、次の4項目です。

テスト1:音質

プロに「低音」「中音」「高音」「ダイナミクス」の4項目に点数をつけてもらいました。そして合計点を「S」「A」「B」「C」「D」評価で表しています。

テスト2:装着感

耳にぴったりだったり、ブカブカだったりとさまざま。装着した際のつけ心地のよさや音の聴こえ方に点数をつけてもらい評価しました。

テスト3:接続性

耳に装着した際のデバイス接続速度をテスト。最新モデルの多くはすぐに接続することが多いですが、少し遅れて接続されるものもあります。また、接続安定性もや遅延確認しました。

テスト4:遮音性

反響しやすい地下鉄で遮音性をテスト。ノイキャン搭載モデルは、これも加味しています。イヤーチップやウイングの性能がモノをいいます。

以上の4項目を踏まえて、プロがジャッジしたコスパ最強完全ワイヤレスイヤホンのおすすめランキングを発表します!

記事1位BEST 【コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン1位】TaoTronics「SoundLiberty 97」

TaoTronics
SoundLiberty 97
実勢価格:3980円
サイズ(充電ケース):57.75×46.0×28.1mm
重量(イヤホン本体): 各4.2g 、(充電ケース) :約34.1g
Bluetooth規格:Bluetooth 5.0 
充電ケースとの接続:USB Type-C チップセット
Qualcomm QCC3020 再生時間:36時間以上(付属の充電ケースを利用)
対応コーデック:aptX、SBC
防水機能:IPX8
▼テスト結果
音質 S
装着感
接続性
遮音性
ベストバイはTaoTronicsの新製品イヤホン「SoundLiberty 97」。ノイキャンこそ搭載されていないものの、スペックは最新型「aptX」という高音質Bluetoothコーデックを採用。音質テストでは評価が高く、低音に迫力があり、低音が好きな人に特にオススメ。このスペックでこの価格は本当にありえません! 

大澤大輔 氏 サウンドプロデューサー
大澤大輔 氏のコメント

キレがありインパクトのある音で、音楽を楽しめます。

シャワーを浴びてもへっちゃらな防水性能

防水性能は最高レベルのIPX8。汗や雨はもちろんのこと、装着したままシャワーの水さえ防水してくれるから、ずっと音楽を聴いていられます。スポーツにも向いています。

耳にすっきり収まる

ノイキャンイヤホンのように大きくなく、耳の中にすっぽり収まるサイズで、1回のフル充電で最大9時間の連続再生を実現。装着感がよくしっかりと耳にフィットするので十分な遮音性があり、音楽を流していれば、外の音もほとんど気にならないレベルです。

記事2位BEST 【コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン2位】ANKER「Soundcore Life Dot 2」

ANKER:Soundcore Life Dot 2:ワイヤレスイヤホン
ANKER
Soundcore
Life Dot 2
実勢価格:6020円
通信方式:Bluetooth 5.0
再生可能時間:8時間(イヤホンのみ) 
対応コーデック:SBC
防水規格: IPX5
▼テスト結果
音質 A+
装着感
接続性
遮音性
2位はANKER「Soundcore Life Dot 2」。音のスケールがP2より上質になった量販店限定モデル。低域もここまでガッツリ鳴らしている割に淀みもなく、キレも他帯域とうまく連携できていて高音質と力強い低音が見事。ANKERらしいドンシャリで、音のスケールは前製品より上質。楽器や音楽好き向け。

大澤大輔 氏 サウンドプロデューサー
大澤大輔 氏のコメント

高音質と力強い低音が見事です。
                       

記事3位BEST 【コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン3位】SOUNDPEATS「TrueFree 2」

SOUNDPEATS:TrueFree 2:ワイヤレスイヤホン
SOUNDPEATS
TrueFree 2
実勢価格:3980円
通信方式: Bluetooth 5.0 
再生可能時間:20時間 
対応コーデック:HSPほか 
防水規格:IPX7
▼テスト結果
音質 A
装着感
接続性
遮音性
3位はSOUNDPEATS「TrueFree 2」。再生能力の高さと全体的な音場空間を広く感じられる「次世代」を感じさせるイヤホン。中~高音の音が少なめなので、歌もの曲を聴くにうってつけです。

原田裕弘 氏 東京音研放送サービス代表
原田裕弘 氏のコメント

中~高音の音が少なく聴きやすい!

記事4位 【コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン4位】AVIOT「TE-D01gv」

AVIOT:TE-D01gv:ワイヤレスイヤホン
AVIOT
TE-D01gv
実勢価格:8910円
通信方式:Bluetooth 5.2
再生可能時間: 11時間(イヤホンのみ)
対応コーデック:AAC、SBC、 aptX、aptX Adaptive
防水規格: IPX7
▼テスト結果
音質 A
装着感
接続性
遮音性
4位はAVIOT「TE-D01gv」。コスパ重視の「TE-D01」シリーズの最新作でU1万円で高音質のコーデックを搭載。音のまとまりはいいけど、躍動感は薄め。ただし、優等生には変わりなく嫌いな人は少ないはず。欠点が少なく日本人向きといえます。

原田裕弘 氏 東京音研放送サービス代表
原田裕弘 氏のコメント

音量を大きくすると 実力を発揮します。

記事5位 【コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン5位】ANKER「soundcore Life P2」

ANKER:soundcore Life P2:ワイヤレスイヤホン
ANKER
soundcore
Life P2
実勢価格:4999円
▼テスト結果
音質 B
装着感
接続性
遮音性
5位はANKER「soundcore Life P2」。5000円で買えるかつてのコスパ最強イヤホン。十分高評価ですが、さらに高スペックの格安イヤホンが登場し、影が薄くなりつつあります。

記事6位 【コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン6位】SOUNDPEATS「TrueCapsule 2」

SOUNDPEATS:TrueCapsule 2:ワイヤレスイヤホン
SOUNDPEATS
TrueCapsule 2
実勢価格:3466円
▼テスト結果
音質 B
装着感
接続性
遮音性
6位はSOUNDPEATS「TrueCapsule 2」。低音寄りの音づくりで低音好きにオススメです。

記事7位 【コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン7位】TaoTronics「PURECORE TT-BH1003」

TaoTronics:PURECORE TT-BH1003:ワイヤレスイヤホン
TaoTronics
PURECORE
TT-BH1003
実勢価格:9997円
▼テスト結果
音質 Bー
装着感
接続性
遮音性
7位はTaoTronics「PURECORE TT-BH1003」。音質に欠点らしい欠点はないけど、1位の同社製品と比較するとガッカリ。唯一のノイキャン搭載モデル。

記事8位 【コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン8位】Willful「ワイヤレスイヤホン」

Willful:ワイヤレスイヤホン:ワイヤレスイヤホン
Willful
ワイヤレスイヤホン
実勢価格:1480円
▼テスト結果
音質 Bー
装着感
接続性
遮音性
8位はWillful「ワイヤレスイヤホン」。価格相応の音質で初の完全ワイヤレスイヤホンにオススメ。中華=低品質というほどではないです。

記事9位 【コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン9位】SOUNDPEATS「TrueAir 2」

SOUNDPEATS:TrueAir 2:ワイヤレスイヤホン
SOUNDPEATS
TrueAir 2
実勢価格:4380円
▼テスト結果
音質 C
装着感
接続性
遮音性
9位はSOUNDPEATS「TrueAir 2」。低~中音が少なく安っぽく聴こえてしまうのが残念。ですが、ケースが小さく、また装着すると軽いです。

記事10位 【コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン10位】GLIDiC「Sound Air TW-5100」

SB C&S:GLIDiC:Sound Air TW-5100:ワイヤレスイヤホン
SB C&S
GLIDiC
Sound Air
TW-5100
実勢価格:8070円
▼テスト結果
音質 C
装着感
接続性
遮音性
10位はGLIDiC「Sound Air TW-5100」。「Tile」という紛失防止の機能を搭載したイヤホン。音質は、高音重視でうるさく感じます。

AV機器 TaoTronics「SoundLiberty 97」がコスパ最強でした!

以上、コスパ最強完全ワイヤレスイヤホンおすすめランキング10選でした。ベストのTaoTronics「SoundLiberty 97」は大人気商品につき完売御礼が相次いでいるので、入荷を確認したら、売り切れる前に速攻ポチっちゃいましょう。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事