1万円「電動ファン付きマスク」は買う価値アリ? 「家電批評」が徹底検証【前編】
テスト
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2021年03月26日

1万円「電動ファン付きマスク」は買う価値アリ? 「家電批評」が徹底検証【前編】

マスク生活が当たり前になる中、フィリップスが発売した電動ファン内蔵の「ブリーズマスク」が話題です。呼吸がしやすく、フィルター使用でウイルスもきっちりカットするとうたっていますが、果たして本体約1万円の高級マスクの性能は? 気になる性能面をチェックしてみました!

暮らしを変える本音の家電ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2021年3月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

スマートフォン フィリップスから電動ファン内蔵マスクが発売!

2020年11月、フィリップスから電動ファン内蔵マスク「ブリーズマスク」が発売されました。日本電産が開発した最大41Lの空気流量を誇るファンを内蔵することで、内部が蒸れず呼吸がしやすい快適さを実現。また、N95規格(※)のフィルターを使うことで花粉を95%、細菌を99%、ウイルスを98.87%カットするとうたっています。

※NIOSH(アメリカ合衆国労働安全衛生研究所)が制定した呼吸器防護具の規格基準。試験粒子を95%以上捕集できることを表す
PHILIPS
Series6000
ブリーズマスクACM066/01
実勢価格:9800円
重量:約60g(フィルター、ファンモジュール込み)
サイズ:1種類(鼻の付け根から顎までが12cm以下の人推奨)
バッテリー:最大3.5時間
フィルター:1枚付属
お値段は約1万円。フィルターは本体に1枚付属していますが、交換用に別途購入(1枚290円)する必要があり、一時はこのフィルターが売り切れ状態となっていました。
蒸れやメガネの曇りなどに悩まされている人や、「人と違ったマスクをしたい」という層にヒットしたようです。
未来っぽい見た目ですが、性能はいかに……!
ですが価格はもとより、製品のウリとなっている「エアフローシステム」には呼気をまき散らすのでは? という疑問もじつはあります。

そこで前編・後編の2回にわたって、この最新マスクを徹底レビュー。前編の今回は機能面についてご紹介します。

スマートフォン 【サイズ】3Dデザインだけど1サイズです

ブリーズマスクがどんな製品なのか、まずは機能面を見てみましょう。

アジアンフィットを意識も女性には大きめ

デザインはアジアンフィット(アジア人向けの小さいサイズ)を意識した3D仕様となっています。ですがサイズは1サイズのみ。耳紐で調節できるとはいえ男性も女性も同じとなると、サイズ感はやや微妙な印象です。
耳紐で調整。
カバーの素材は化繊で結構かための作り。重さはそれなりにありました。

家電 【遮断性】N95規格フィルターでウイルス98.87%カット

N95規格フィルターにより、花粉からウイルスまでしっかりカット。花粉95%、細菌99%、ウイルス98.87%カットとなっています。遮断性はかなりの高性能です。

家電 【ファン効果】蒸れにくくメガネも曇らない

右下から呼気が排気される

電源を入れると、電動ファンの右下からマスク内部の空気が排出される仕組みです。操作は表側のボタンを押すだけでOK。

操作はボタンを押すだけ

ファンの速さの切り替えはすべてこのボタンで操作します。
呼気は右下から排気。メガネ装着時も曇らないのはうれしいところです。
ちなみに充電はマイクロUSBを使用し、フル充電に約3時間とけっこう長めです。

スマートフォン 【取り付け方法】フィルターは別売りです

ブリーズマスクは、本体の内側にフィルターを取り付けて使用します(本体を購入時に1枚付属)。

取り換え用のフィルターは別売りです

このフィルターは交換が必要で、交換用フィルターは5枚入りで1449円(1月下旬現在)。1枚約290円ですね。
PHILIPS
ブリーズマスク マスクフィルター
実勢価格:1449円(5枚)
連続使用時間は、大気質指標によって変化します。交換の目安はこちらです。
▼交換の目安時間
空気の汚れによって交換時期は変動するようですが、皮脂や化粧汚れで都度交換することを考えると、ランニングコストは安いとはいえないようです。

以上、今回はフィリップス「ブリーズマスク」の基本的なスペック機能面をご紹介しました。マスク必須の昨今、N95規格の高い防護性能と、息苦しくない快適さは気になるところ。

後編では、花粉症対策も含めて買うべきかどうか、あらゆる角度からさらに検証します!

▼洗えるマスクのおすすめは?

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事