【iPad】手書きノートアプリおすすめ6選|『家電批評』が紹介
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2021年03月21日

【iPad】手書きノートアプリおすすめ6選|『家電批評』が紹介

iPadは持っているけど、使い方がよくわからず動画を観るだけになっていませんか?そんな人のために、テレワークや勉強、遊びなど、iPadを使いこなして暮らしを快適に変えるワザをお届けします!今回は、勉強や仕事に役立つ「手書きノート系」アプリをご紹介します。

暮らしを変える本音の家電ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2021年2月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

スマートフォン 暮らしが快適に!iPadはどうやって使いこなす?

iPadは自分には使いこなせない……と動画や簡単な作業にしか使っていなかったり購入を諦めていたりしませんか?

実はiPadには誰でも簡単に楽しめるワザがいっぱい。テレワークにペーパーレス、学習など、iPadを使いこなして、もっと快適な暮らしに変えちゃいましょう!

ということで、本音の家電ガイド『家電批評』がやさしく、役に立つ「iPadで暮らしが変わる方法」をお届けします。
今回は、仕事や勉強に活用できる「手書きノートアプリ」を厳選してご紹介します。

▼「iPadお得ワザ」の記事はコチラ!

スマートフォン iPadを今買うなら「Air」か「mini」がおすすめ!

iPadの現行機種は合計5モデル。「mini・無印」「Air・Pro」で使い心地が大きく変わります。

その中でも、家電批評がおすすめするのが「Air」と「mini」です。

7.9インチで持ち歩き向けな「mini」

iPad mini
第5世代
(WiーFi版・64GB)
実勢価格:5万380円
サイズ:W134.8×D6.1×H203.2mm
重量:300.5g
「iPad mini 第5世代」は、プロセッサこそiPad第8世代と同じA12ですが、ディスプレイの品質はminiのほうが断然上! 再現できる色域は広く、反射も抑えられています。

「Air」はコスパ重視派向け

iPad Air
第4世代
(WiーFi版・64GB)
実勢価格:6万9080円
サイズ:W178.5×D6.1×H247.6mm
重量:458g
「iPad Air 第4世代」は、画面サイズはiPad第8世代(10.2インチ)より大きくiPad Pro11インチよりわずかに狭い10.9インチですが、ホームボタンを省略している分、iPad 第8世代よりわずかに小型です。

では、「iPad」で使える「手書きノートアプリ」を使い勝手の良かった順にご紹介します。

今回は「文字の書き心地」「図形の描き心地」「手書き文字認識」「PDF書き込み」「ファイル管理」「iPad OS以外の対応OS」「同期機能」の7点で評価しました。

S評価 「GoodNotes 5」は書き味がバツグンに良い!

Time Base Technology Limited
GoodNotes 5
価格:980円
▼テスト結果
文字の書き心地     :◎
図形の描き心地     :◎
手書き文字認識     :○
PDF書き込み      :◎
ファイル管理      :◎
iPad OS以外の対応OS :△(iOS/macOS)
同期機能        :△(iCloud)

「GoodNotes5」は書きやすいペンツールや高機能な図形描画は思考をまとめるのにぴったり。しかも、複数人で共同編集ができたり、プレゼンモードまで備わっています。
また、筆跡の滑らかさとPDF管理のしやすさから年賀状に一筆添えたり、履歴書を作るといった用途にもオススメです。使い勝手がよい「グッドノート」は、まさにiPad界の高級ノートと言えるでしょう。

紙とペンのように自由に書ける!

多くの手書きアプリは線の太さを選べるだけですが、GoodNotes 5の万年筆は「筆圧感度」と「ペン先のシャープさ」、筆ペンも「筆圧感度」で書き味をより自分好みにできます。
図形描画ではこのような円弧状の曲線をきれいに引くことができます。実は円ではなく円弧に対応する図形描画を備えるノートアプリはほとんどありません。

S字など複雑なカーブは描けませんが、矢印やグラフを使った説明を思い通りに書くことができます。

ひと手間かけた感じを演出できる

さまざまなPDFファイルをテンプレートとして登録できます。GoodNotesで手書きしてインクジェットプリンターで印刷すれば、本物の手書きと見分けはほぼつきません。

手書きした内容を検索できる

手書き検索の精度も高め。検索結果は活字と手書きで分けて表示されます。

A 「Notability」は取材や議事録作成向け

Ginger Labs
Notability
価格:1100円
(アプリ内課金:370円)
▼テスト結果
文字の書き心地     :○
図形の描き心地     :◎
手書き文字認識     :△
PDF書き込み      :◎
ファイル管理      :△
iPad OS以外の対応OS :△(iOS/macOS)
同期機能        :△(iCloud)

「Notability」はとにかく録音機能が秀逸! 録音機能を使いながらノートを取ると、音声とテキストをひもづけて記録できます。

そのため、詳細は音声に任せて要点だけ書き込んでおくというような使い方も可能です。
図形モードに移行しなくても図形を書けるなど、サクサク素早くメモを取るための最適化が進んでいます。

A ペンの種類が豊富な「Noteshelf」

Fluid Touch Pte. Ltd.
Noteshelf
価格:1220円
▼テスト結果
文字の書き心地     :◎
図形の描き心地     :○
手書き文字認識     :○
PDF書き込み      :○
ファイル管理      :○
iPad OS以外の対応OS :○(iOS/macOS/Android)
同期機能        :◎(iCloud/Evernote/Dropbox/OneDrive)

「Noteshelf」は文字の書き心地がトップレベルの手書きノートアプリ。ぜひ、GoodNotesと書き比べてみてください。選べるペンの種類も豊富です。ファイルはフォルダ分けして管理ができます。
GoodNotesにしっくり来ない人はこちらを使ってみてください!

A 文章メインなら手書き確認が神業の「Nebo」で!

MyScript
Nebo
価格:無料
(アプリ内課金:980円/フルパック)
▼テスト結果
文字の書き心地     :◎
図形の描き心地     :△
手書き文字認識     :◎
PDF書き込み      :○
ファイル管理      :△
iPad OS以外の対応OS :◎(Android/Windows)
同期機能        :○(Dropbox/GoogleDrive/iCloud)

手書きノートアプリというよりも“活字化ノートアプリ”ともいうべき存在なのが、この「Nebo」です。行にキッチリ文字を納めるという条件さえ守っていれば、ノートをApple Pencilで書き終わったときには、もうテキストデータになったノートが出来上がっています。

認識精度が高く、急いで書いた乱れた文章でも活字にできました。
ダイヤグラムを書くためのモードもあります。

B 「Note Always」は手書き感満載!

Always Sunny Ltd.
Note Always
価格:1840円
▼テスト結果
文字の書き心地     :◎
図形の描き心地     :◎
手書き文字認識     :-
PDF書き込み      :×
ファイル管理      :△
iPad OS以外の対応OS :×
同期機能        :△(iCloud)

かわいいノートを作りたいなら「Note Always」がオススメ! 手書きの線や図形を補整して真っ直ぐにしてくれるアプリはたくさんありますが、手書き感を残しながら整えてくれるのはNote Alwaysぐらいです。

独特の魅力を放つアプリです。
このように歪みをあえて残すことで、アナログさが強調されます。

C ワープロ機能も備える「NotesWritter Pro」

Kairoos Solutions SL
NotesWritter Pro
価格:980円
▼テスト結果
文字の書き心地     :△
図形の描き心地     :○
手書き文字認識     :-
PDF書き込み      :○
ファイル管理      :○
iPad OS以外の対応OS :△(iOS)
同期機能        :△(iCloud)

「NotesWritter Pro」は、手書きノートだけでなくキーボードでの入力に適したワープロ機能も充実しています。

また複数のファイルをまとめてプロジェクトとして管理できるのも特徴です。
ワープロでは手書きができないため、今回の比較では評価が下がりました。

以上、iPadに対応しているの手書きノートアプリ6選でした。書き味最高な「グッドノート」がベストですが、優秀なアプリが多いので好みや用途で選んでOKです! テレワーク時代こそ、“あえての手書き”で仕事の質をUPしてみませんか?

スマートフォン 『家電批評』2021年2月号

晋遊舎
家電批評
2021年2月号
700円
「iPadで変わる!100の方法」を特集した『家電批評』2021年2月号はこちらからも購入できます。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事