【ハイテク耳栓】入眠・起床も快適なBOSEの睡眠用イヤープラグって?
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2021年03月05日

【ハイテク耳栓】入眠・起床も快適なBOSEの睡眠用イヤープラグって?

いま、“大人のソロ活”が注目されています。そこで優雅な大人のひとりスタイルに寄り添ってくれるモノを紹介。今回は質の高い睡眠にいざなってくれる、BOSEの睡眠用イヤープラグのほか、癒しのキャンドルウォーマー、最高音質のヘッドホンを紹介します。

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。


※情報は『MONOQLO』2021年3月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ホーム 今こそ“大人のソロ活”がおすすめです!

みんなで集まってレジャーを楽しむことがむずかしい昨今。でもこんな時こそ普段ならしないこと、できないことをやってみるチャンス。ひとりの時間を満喫する方法を考えてみませんか?

家具にこだわってみたり、クリエイティブに趣味を追求してみたり、ちょっといいものを食べるのもアリ。優雅な大人のひとりスタイルに寄り添ってくれるモノたちをご紹介します。

ホーム 自分だけを甘やかす極上のリラックスアイテム

ステイホームとはいっても、どうしても飽きてしまったりストレスが溜まったりするもの。そんなおうち時間を快適に過ごすための癒しアイテムを集めました。

今回は就寝前やムーディーな空間を演出したときに活躍するカメヤマ「キャンドルウォーマー」、超熟睡できるBOSE「イヤープラグ」、音楽にどっぷり浸かれるSHURE「ヘッドホン」& iFi audio「DAC」を紹介します。

ホーム 自分だけを甘やかす! カメヤマ「キャンドルウォーマー ランプミニ」


カメヤマ
キャンドルウォーマー
ランプミニ
実勢価格:3450円
サイズ・重量:W160 × H270 × D125mm・760g
コード長 : 約1.5m 
消費電力 : 25W
就寝前のリラックスタイムやゲストを迎えるときの演出にもピッタリの香る照明がカメヤマ「キャンドルウォーマー ランプミニ」。温かみのある光がベッドサイドなどを照らしてくれる上、うっとりと包み込むような香りがおひとり様の身も心も癒してくれます。

コンパクトで狭いスペースでも置きやすく、ひとり暮らしのインテリアにも馴染むシンプルさ。何より、火を使わない手軽さがうれしいポイントです!
同メーカーのYANKEE CANDLE ジャーSやエレベーションコレクションとセットで使うのがおすすめ。種類が豊富なので、気分に合う香りを選んで楽しむのもアリです。

オンオフだけ!ランプの熱でキャンドルが溶けて香る

電源コードをコンセントにさしたら、スイッチオンでハロゲン電球が点灯。電球の真下にキャンドルを設置すれば、電球の温度で温められたキャンドルが少しずつ溶けはじめ、あっという間に香りが広がります。

AV機器 超熟睡が手に入るハイテク耳栓 Bose「Sleepbuds Ⅱ」

 Bose
Sleepbuds Ⅱ
実勢価格:3万3000円
サイズ・重量:W2.79 × H2.49 × D1.27cm・2.27g(イヤーチップ)、L7.69 × H2.74 ×W7.69cm(充電ケース)
バッテリー持続時間 : 最大10 時間
眠りが浅いと悩んでいるならコレ!  睡眠用に特別に作られたイヤープラグ、Bose「Sleepbuds Ⅱ」は耳にフィットするので装着時の違和感はゼロです。


再生されるのは、Bose Sleepアプリのオリジナルコンテンツ。厳選のヒーリングサウンドが周囲のノイズをマスキングしてくれて、自然と深い眠りへ落ちてゆきます……。

アラームも設定可能

※画像はアマゾンより。
アプリから自分だけに聞こえるアラームが設定できて、目覚めも快適です。

AV機器 プロ絶賛! 2機使いで生音を体感できる SHURE「AONIC 50」& iFi audio「ZEN DAC」


SHURE
AONIC 50 
実勢価格:4万882円
サイズ・重量:334g
連続音声再生時間 : 最大20 時間 
ドライバーサイズ : 50mm

iFi audio
ZEN DAC 
実勢価格:1万9317円

サイズ・重量 : L100 × H35 × D158mm・491g 
入力: USB3.0 Bメス(USB2.0互換)
※アナログ入力はなし
ひとりの夜に音楽にどっぷり浸かりたいなら、ヘッドフォン&ヘッドホンアンプがおすすめです。

SHURE「AONIC 50」なら、ノイキャンをONにしても音楽がくっきりと聴こえ、高音はキレがよく硬質な音が楽しめます。また、iFi audio「ZEN DAC」で低音をブーストすると量感がアップして、臨場感が堪能できる組み合わせ。どちらも使って、ひとりでしか聴けない一番贅沢な音楽タイムを堪能してみては?

ゴン川野 氏 オーディオライター
ゴン川野 氏のコメント

エッジの効いた音が楽しめる好相性の組み合わせです!

兄弟誌「家電批評」で最高評価だったヘッドホン

過去最高の評価を叩き出したワイヤレスノイキャンヘッドフォン。全体のバランスが秀逸。質のいい中音域がベースで低音にも余裕があり、音に高級感があります。

ヘッドホンアンプを組み合わせて神コンボに

AONIC 50は有線接続の方が高音質です。さらにZEN DACによる低音増幅で、さらに極上の音に変化します!

以上、おうち時間でリラックスできるアイテム3選をご紹介しました。癒しアイテムを導入することで、ストレスから解放され快適になります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

▼最強ヘッドホンのランキングはコチラ

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事