【殿堂入り】調理家電おすすめ5選|ネットで買える人気アイテムを紹介
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2021年02月28日

【殿堂入り】調理家電おすすめ5選|ネットで買える人気アイテムを紹介

家で過ごす時間が長くなり、通販サイトを利用する機会が増えたのでは? そこで、雑誌『MONOQLO』で登場多数の人気グッズを集め、ベストなアイテムを一挙大公開します。今回は、焼き肉プレートや電気調理鍋など、家ごはんに活躍してくれる「調理家電5製品」です。

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。


※情報は『MONOQLO』2021年3月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

キッチン 『MONOQLO』殿堂入り!通販サイトの人気グッズを紹介

在宅時間が長くなった影響で、さらに需要が高まっている通販サイト。そこで、これまでにテストするモノ批評誌『MONOQLO』で登場回数が多かった人気グッズを集めてみました。

生活家電や家具、日用品まで、雑誌『MONOQLO』殿堂入りコレクションを大発表します!

その中から今回ご紹介するのは、おうちご飯のレベルを確実に上げてくれる「殿堂入り」ともいうべき調理家電おすすめ5選です。

キッチン 【焼き肉プレート】パナビア「ワイドグリルセット」

パナビア
ザイグルパーティー
ワイドグリルセット
実勢価格:2万8380円

本体サイズ・重量:163×357×250mm・2㎏
定格出力:870W
※Amazon、楽天はワイドグリルプレートは付いていません
肉も野菜も店レベルにしてくれる焼肉プレートパナビア「ザイグルパーティー ワイドグリルセット」。

鉄板の加熱と上からの赤外線で大きめのプレート全体がしっかり高温になり、お肉も野菜も表面はカリッ、中はジューシーに焼き上がります。肉の脂を本体の受け皿に落とすため、煙が少ないのもうれしいポイントです。

ポイント1:煙も少なく焦げづらい!

焼肉用のお肉はすぐに焼けますが、煙はほぼ出ませんでした。

ポイント2:鉄板の端まで高温で焼けた!

上下から熱を加える仕組みで鉄板全体が高温になりました。

ポイント3:付属プレートは3種類

通販サイト「B-tops」の特別セットなら、プレートは小さめの「フラット」と「グリル」に加え、大人数向けの「ワイドグリル」の3枚が付属されています。

キッチン 【ホームベーカリー】ツインバード「PY-E632W」

ツインバード
PY-E632W
実勢価格:2万2612円

サイズ・重量:W23.5×D30×H31cm・約4.8㎏
コード長:1.4m
ホームベーカリー5機種テストでベストバイを獲得したツインバード「PY-E632W」。ふわもちの食感と味はプロも大絶賛!
付属レシピで初心者でも手軽に調理可能。メニューや機能も充実しています。

キッチン 【電気フライヤー】ツインバード「コンパクトフライヤー」

※画像はAmazonより

ツインバード
コンパクトフライヤー
EP-4694PW
実勢価格:3690円

サイズ・重量:235×185×210mm・1.6㎏(付属品含む)
消費電力:680W
容量:0.5L(標準)、0.3L(最小)
絶妙な揚がり具合にプロも大絶賛した電気フライヤーのツインバード「コンパクトフライヤー」
卓上サイズで食事やお酒を飲みながら出来たての揚げ物を楽しめます。電気でもカリッと揚がり、食感も味も文句なしです!

キッチン 【焼き芋メーカー】ドウシシャ「SOLUNA WFS-100」

ドウシシャ
SOLUNA
WFS-100
実勢価格:8000円

サイズ・重量:35×25×15cm(収納時)・2.6㎏(焼き芋プレート使用時)、2.8㎏(平面プレート使用時)、3.5㎏(収納時/本体+プレート2種)
ホットサンドも作れる焼き芋メーカー、ドウシシャ「SOLUNA WFS-100」。水分と甘味を飛ばさずに焼き芋を焼き上げると話題になったモデルです。
実際に100円の安いお芋を焼いてみましたが、皮も中身もしっとりつやつやで、プロもおいしいとベタ褒めでした。

キッチン 【電気調理なべ】シロカ「おりょうりケトル ちょいなべ」

シロカ
おりょうりケトル
ちょいなべ
SK-M251
実勢価格:1万2980円

サイズ・重量:W28×D20×H19cm・1.8㎏
消費電力:1200W
調理容量:1L
シロカ「おりょうりケトル ちょいなべ SK-M251」は、過去に行った検証テストでベストバイになった「ちょいなべ」の後継モデル。新たに細かなモード設定機能を搭載し、沸騰させたり、適温に温めたり、料理に合わせた温度を維持できます。
以上、雑誌『MONOQLO』の殿堂入りコレクション「調理家電5選」のご紹介でした。

気になったアイテムは、ぜひチェックしてみてくださいね!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事