【クレンジング】アイメイクは専用リムーバーでこする?|『LDK』スキンケア見直し隊
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK the Beauty編集部
公開日: 2021年02月06日

【クレンジング】アイメイクは専用リムーバーでこする?|『LDK』スキンケア見直し隊

コスメアイテム、正しく使えていますか? どんなに良くても、間違って使っていたら台なし。そこで、雑誌『LDK the Beauty』が、美肌のプロである皮膚科医の先生にチェックしてもらいました! 今回はアイメイクの正しいオフの仕方です。

皮膚科専門医
小林智子 先生
2015年よりアメリカで皮膚科の臨床研究、帰国後は糖化についての研究を行う。食事と健康に関してレシピや情報などを医学的な立場から発信する「ドクターレシピ」を監修。
医師(形成外科・美容皮膚科)
佐藤薫 先生
かおるクリニック院長。「結果の出るシミ治療」、最新美容を取り入れた「自然に10歳若返る治療」をモットーに治療と研究を続けている。監修著書に『美容成分図鑑』(新星出版社)
コスメを本音で評価する雑誌
LDK the Beauty
コンセプトは、「世界でただ1つ、コスメを本音で評価する雑誌」。テストする生活情報誌「LDK」から生まれた広告なしの辛口美容誌です。

※情報は『LDK the Beauty』2021年2月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ビューティー 間違いスキンケアを見直そう!

メイク落とし、洗顔、保湿など、美肌のためにはスキンケアが欠かせません。でも、そのスキンケア、正しく出来ていますか? どんなにいい化粧品や長年愛用しているコスメも、使い方や使う順序、使う量が誤っていたら台なしなんです!

そこで、雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ誌の『LDK the Beauty』が、美肌のプロである皮膚科医の先生に、普段私たちがやりがちな「しくじりスキンケア」を厳しくチェック&正しいケアの方法を教えてもらいました。

この機会に毎日のスキンケア、見直してみませんか。
今回はアイメイクの正しいオフの仕方についてご紹介します!

ビューティー Q. アイメイクは専用リムーバーでこすって落とす

A. ダメ! こすったら色素沈着します!
コットンを横にゴシゴシして無理にこすり落とすのは色素沈着を招くので絶対ご法度なんですって。

正しい、リムーバーの使い方をご紹介します。まずコットンを目元にしばらく置き、リムーバーをメイクになじませるプロセスが大切とのこと。

皮膚の薄い目元はめんどくさくても丁寧に!

▼しくじりステップ
リムーバーをとったコットンを横に何度も往復させてオフするはNGです!

▼正解ステップ
リムーバーをとったコットンを10秒おいてなじませてから下へそっとスライドしましょう。

おすすめのアイメイクリムーバーはこちら。
ビフェスタ
アイメイクアップリムーバー
実勢価格 : 638円
※Amazonは2個セット商品の販売ページです

小林智子 先生 皮膚科専門医
小林智子 先生のコメント

目元はとくに慎重にこすらず落として!
皮膚の薄い目元は、めんどくさくても丁寧にすべきだそうです。ご注意あれ。

ビューティー Q. メイクがちゃんと落ちているかわからない……

A. 落ちていないなら大問題! しっかりチェックを
今のクレンジングでメイクをきちんと落とせているかわからないまま、使い続けている。ということありませんか。

そんなときは、手の甲にいつものメイクを塗り、そこにクレンジングをなじませてテストしてみましょう。

もし落ちが不十分なら、油分が多く洗浄力が高いオイルやバームに見直しをオススメします。

手の甲で試せば落ち具合が一目瞭然!

▼正解ステップ

ステップ1:いつものメイクを手の甲に塗る
顔に普段しているベースメイクを手の甲に塗り重ねます。下地にリキッドファンデを塗りました。

ステップ2:クレンジングをして落ちを確認
クレンジングをなじませ、すすいだ後に落ち具合をチェック。中央は落ちていますが、周りが残っているのがわかります。

佐藤薫 先生 医師(形成外科・美容皮膚科)
佐藤薫 先生のコメント

クレンジングは自分のメイクの濃さに合ったものを選ぶことが肝心です。
以上、正しいクレンジングの方法をご紹介しました。ぜひ毎日のスキンケアの参考にしてくださいね!

ちなみに、「しくじりスキンケア見直し隊」特集を掲載した『LDK the Beauty』2021年2月号はこちらで読むことが出来ます。

ビューティー 『LDK the Beauty』2月号

LDK the Beauty
2021年2月号
ぜひ記事を参考にしてみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事