まだ買える! 女性誌付録おすすめランキング11選【2020年11・12月号】|『LDK』がチェック
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
公開日: 2020年12月15日

まだ買える! 女性誌付録おすすめランキング11選【2020年11・12月号】|『LDK』がチェック

女性誌の付録をプロと検証する『LDK』の人気連載「女性誌付録批評」。発売後もまだネットで購入できる中から、おしゃれ&使い勝手も良いアイテムを探しました! 今回は2020年10月7日~11月7日に発売された11・12月号から、『リンネル』のムーミンエコバッグや、『sweet』のバーバパパエコバックなどをご紹介します。

バッグアーティストスクール「レプレ」東京校学長
寺内純子 氏
1970年創業の老舗カバンメーカーが母体となって運営しているバッグ専門スクール「レプレ」にて、10年にわたって講師を務めるほか経営にも携わる。
バッグアーティストスクール「レプレ」東京校初級コース講師
神崎智子 氏
1970年創業の老舗カバンメーカーが母体となって運営しているバッグ専門スクール「レプレ」にて、長年講師を務める。授業では、型紙や道具の使い方などのバッグの基礎となる部分を担当。
バッグアーティストスクール「レプレ」上級コース講師
石丸真紀 氏
1970年創業の老舗カバンメーカーが母体となって運営しているバッグ専門スクール「レプレ」にて、長年にわたり講師を務める。授業では、表現力を培うための、オリジナルバッグを作る授業を担当。
テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。


※情報は『LDK』2021年1月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ビューティー 女性誌の華やかな付録をプロと徹底検証しました!

女性誌に付録としてついてくるバッグやポーチを、バッグアーティストスクール「レプレ」のみなさんとともにチェックしました!

2020年11月号、12月号(10月7日~11月7日発売)のベストは、まるで風景画のようなプリントが大絶賛された「リンネル」の「ムーミン × フィンレイソン オリジナル柄 エコバッグセット」でした! 小さいほうのエコバックはたたむとマスコットになるところもたまりません!
なお、評価方法は以下の4項目を各5点、合計20点満点で採点しています。

・縫製(強度、仕上がり)
・使いやすさ
・コストパフォーマンス
・素材

それではおすすめ順のランキングをご覧ください。

※リンク先は雑誌のバックナンバー販売ページです。バックナンバーのため価格が変動している場合がありますのでご注意ください。

記事1位BEST リンネル「ムーミン×フィンレイソン エコバッグ」

宝島社
リンネル 12月号
実勢価格:1390円
▼採点結果
縫製   :4点
使いやすさ:5点
コスパ  :4点
素材   :4点
総合得点 :17点

トートの柄がまるで絵画みたいなリンネル「ムーミン × フィンレイソン オリジナル柄 エコバッグセット」。オシャレでかわいい風景画のようなプリントに、審査員から絶賛の声があがりました。
よく見るとさりげなくよく見るとキャラがいます。ムーミンの世界観を壊さず、大人向けに洗練されたデザイン力に感服!

それぞれ小さくたたんで持ち歩けるのも便利です。小さいほうは、なんとたたむとマスコットになります。
大きいほうはロゴ入りゴムでまとめてコンパクトに収納。たたんだところもまたカワイイです……。

しっかりした生地に縫製もバッチリ。おなじみムーミンがテキスタイルブランドとコラボした大成功アイテムです。

石丸真紀 氏 バッグアーティストスクール「レプレ」上級コース講師
石丸真紀 氏のコメント

最近のムーミンで一番かわいいです!

記事2位BEST sweet「バーバパパ ワンマイルお出かけセット」

宝島社
sweet 11月号
実勢価格:1350円
▼採点結果
縫製   :4点
使いやすさ:5点
コスパ  :3点
素材   :4点
総合得点 :16点

審査員全員が「かわいい~!」と絶叫したピンクのバーバパパ&黒バーバママ。マチがついてたくさんのお買い物にもバッチリです。 

収納もとってもラクチン。トートをたたんで、巾着部分に入れてシュッとしぼればコンパクトに。
ピンクと黒の組み合わせが最強。お買い物が楽しくなるかわいさです。

記事2位BEST InRed「スヌーピー 背負えるエコバッグ」

宝島社
InRed 11月号
実勢価格:1240円
▼採点結果
縫製   :4点
使いやすさ:4点
コスパ  :3点
素材   :4点
総合得点 :15点

イラストがキュートな「スヌーピー 背負えるエコバッグ」は、リュック、ショルダー、手提げと3パターンの持ち方ができるエコバッグ。背負えるエコバッグとは斬新です。たたんだときに付属のゴムで留めることもできます。
ショルダーの付け根が二重縫いになっていて、たくさん入れても安心。このシンプルさで3WAYは使えます!

記事4位 steady.「リサ・ラーソン 箱ティッシュケース」

宝島社
steady. 11月号
価格:1300円
▼採点結果
縫製   :4点
使いやすさ:3点
コスパ  :3点
素材   :4点
総合得点 :14点

最近付録常連の箱ティッシュケース。steady.「リサ・ラーソン 5ポケット付き箱ティッシュケース」は使いやすいサイズ、シンプルな設計と、グッと洗練度がアップしています。サイドのくっきりとしたプリントもかわいい!
ポケットの縫製は完璧。レベルアップしてます。

記事4位 大人のおしゃれ手帖「ハウスオブロータス マルチポーチ」

宝島社
大人のおしゃれ手帖 11月号
実勢価格:1390円
▼採点結果
縫製   :4点
使いやすさ:3点
コスパ  :3点
素材   :4点
総合得点 :14点

こちらも定番となった家計管理ポーチ。大人のおしゃれ手帖「ハウス オブ ロータス お金が貯まるマルチポーチ」はリフィルのプリント柄とファスナーのつまみが色違いになっててかわいすぎ! 縫製ももちろんキレイです。
軽くてかわいいリフィルが高評価です。

記事4位 素敵なあの人「マチュリア 2WAYファーバッグ」

宝島社
素敵なあの人 12月号
実勢価格:1390円

素敵なあの人「マチュリア 極上のさわり心地! ふわふわ2WAYファーバッグ」はストラップを外して手提げにもできるショルダーバッグ。気持ちよすぎる手触りのふわふわ生地は、ブルーの色みも絶妙で高見え間違いなしです。
▼採点結果
縫製   :3点
使いやすさ:4点
コスパ  :3点
素材   :4点
総合得点 :14点
ずっと触っていたい気持ちいい生地。高級感があります。

記事7位 GLOW「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ ミニ財布」

宝島社
GLOW 12月号
実勢価格:1390円
▼採点結果
縫製   :3点
使いやすさ:3点
コスパ  :3点
素材   :3点
総合得点 :12点

GLOW「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ 三つ折りミニ財布」は、淡いピンクに花柄でキュートなデザイン。ただし細かい部分の縫製がやや粗く、普段使いにはちょっときびしい仕上がりでした。
カード入れが並行になっていないなど、惜しかったです。

記事7位 otona MUSE「ジョエル・ロブション レジカゴバッグ」

宝島社
otona MUSE 12月号
実勢価格:1390円
▼採点結果
縫製   :3点
使いやすさ:3点
コスパ  :3点
素材   :3点
総合得点 :12点

otona MUSE「ジョエル・ロブション レジカゴお買い物バッグ」はしっかりした作りなのですが、縫製があまりキレイではなくもったいない! 持ち手の付け根の補強も、切り方の雑さが目立ってしまい残念です。
裏面ではありますが、雑さがザンネンです。

記事9位 美人百花「LANVIN en Bleu エチケットケース」

角川春樹事務所
美人百花 11月号
実勢価格:890円
▼採点結果
縫製   :3点
使いやすさ:2点
コスパ  :3点
素材   :3点
総合得点 :11点

美人百花「LANVIN en Bleu エチケットケース」は、マチが狭すぎるのか素材が硬いのか、開きづらくて中に物を入れにくいです。入るとしてもマスク1枚くらいが限界そうです。
マチはこれしかなく、使いみちが狭いです。

記事9位 & ROSY「ジュリーク 超ビッグな収納バニティ」

宝島社
& ROSY 12月号
実勢価格:1300円
▼採点結果
縫製   :3点
使いやすさ:2点
コスパ  :3点
素材   :3点
総合得点 :11点

& ROSY「ジュリーク 超ビッグな収納バニティ」は大きめサイズなのでお部屋の収納によさそう! ですが、底芯がないため重いものを入れるとたわんで中身がぐちゃぐちゃになってしまいました。

このサイズにするなら底芯は必須。取手ナシのボックスなら納得です。
置きっぱなしにする使い方ならアリかも。

記事11位 SPUR「鬼滅の刃 ミニ リサイクルコットンバッグ」

集英社
SPUR 12月号
実勢価格:950円
▼採点結果
縫製   :3点
使いやすさ:2点
コスパ  :2点
素材   :3点
総合得点 :10点

SPUR「鬼滅の刃 ミニ リサイクルコットンバッグ」は、開閉部のホックや内ポケットもなく、縫製も雑で持ちづらいトート。鬼滅ブームで慌てて作ったかのようなクオリティです。

プリント部分が薄っぺらく、安っぽさを増長。人気キャラが生きていません。
サイズも小さすぎて、何を入れてもいまいち。お弁当を入れるにはマチがなく、財布を入れるにも小さすぎます。せっかくの人気キャラなのにもったいない印象でした。
以上、女性誌付録のランキングでした。

上位3誌がエコバッグだった今回。今夏のレジ袋有料化から約半年、まだまだエコバッグの進化は続きそうですね。次回も想像を超える付録の登場に期待大です!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事