テレワークきっかけヒット!キングジムの“デジタル付箋”が使えます|『家電批評』2020年ベストヒット
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部

テレワークきっかけヒット!キングジムの“デジタル付箋”が使えます|『家電批評』2020年ベストヒット

コロナの影響が色濃かったこの2020年。生活が大きく変化したなかで、こんな時代だからこそ生まれた、性能も価格も譲らない注目家電をピックアップ。今回は、テレワークの浸透をきっかけにヒットしたプリンター、電子メモ、デスクオーガナイザーををご紹介します。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2020年12月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

スマートフォン 2020の総まとめ!最強コスパの家電&デジタル一挙公開

コロナ禍に見舞われたこの1年間、ネットを疑う家電ガイド『家電批評』ではテストにテストを重ね、数々の掘り出しものを発見してきました。その中には、こんな時代だからこそ生まれたベストヒットアイテムも。

今回は、家電界隈をくまなく巡ってきた取材班が思わずうなった、テレワークきっかけヒット3選をご紹介します。

スマートフォン 今年はこんなものがヒットしました

振り返ってみると、2020年3月の緊急事態宣言とともに、コロナ対策グッズが大注目となりました。また、巣ごもり需要により、さまざまな家電も売れました。
▼パナソニック「ジアイーノ」
品薄になりプレミア化。空気清浄機の売り上げもUP。

▼パソコン・周辺機器
テレワーク需要でパソコンや周辺機器が売れ、Webカメラやヘッドセットは特に品薄に。

▼キッチン家電
外出自粛でキッチン家電人気に火がつきました。また感染予防の観点から、体温計やハンドソープの自動ディスペンサーなど非接触家電も人気に。

▼ドライブレコーダー
直接コロナとは関連しませんが、あおり運転の厳罰化で需要がさらに高まりました。

▼Nintendo Switch
大人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」の発売に加えて、外出自粛の影響で、Nintendo Switchも大争奪戦に。

▼4Kテレビ
オリンピック需要が期待された4Kテレビですが、延期になっても巣篭もり需要で販売台数は好調。とくにハイセンスでは前年比200%を超える大ヒット。
そのほかにも、夏の猛暑でネッククーラーが売れたり、度重なる台風被害などで防災アイテムが売れるなど、ヒット商品を振り返ってみると、今年1年の社会の動きが見えてくるようです。

今回は、テレワークきっかけヒット3選をご紹介します!

家電 仕事以外でも大活躍! キヤノン「PIXUS TS8330」

キヤノン
PIXUS TS8330
実勢価格:2万6500円
サイズ・重量:約W373×H141×D319mm・約6.6kg
最高解像度:4800×1200dpi
インク色数:6色
インク種類:染料+顔料
キヤノン「PIXUS TS8330」は、外出自粛による在宅ワークの増加がきっかけとなり、需要が急騰したインクジェットプリンター。コンパクトで多機能なうえ、プリンターを使ったペーパークラフトが子どもにも受け、おうち時間の充実につながりました。
Wi-Fiでスマホと連携。写真からSNSの画像まで、さまざまなコンテンツを手軽にプリントできます。
紙工作も巣篭もりのヒットアイテム。2020年はキヤノンが運営するペーパークラフトのWebサイトへのアクセスが増加しました。

文房具 単機能だからいい! キングジム「ブギーボード BB-12」

キングジム
ブギーボード BB-12
実勢価格:2591円
サイズ・重量:W86×H86×D5.5mm・約40g
画面サイズ:3.9インチ
電源:CR2016コイン型リチウム電池×1
キングジム「ブギーボード BB-12」は、ちょっとしたメモを書くだけで、保存機能は非搭載のシンプルなデジタル付箋。書いたメモは画面下のボタンを押して消去するだけという単純なものですが、これが人気の秘密。単機能だからこそ手軽に使えるんです。
サッと書いてすぐに消せる手軽さがヒットの秘密です。

文房具 仕事完了ですぐしまえる ナカバヤシ「オリパクト S NOP-D01NV」

ナカバヤシ
オリパクト S NOP-D01NV
実勢価格:715円
サイズ・重量:W71×H110×D99mm(使用時)・50g
材質:PU・PA・FRP・マグネット
ナカバヤシ「オリパクト S NOP-D01NV」は、折りたたんで持ち運び、組み立てるとすぐにペンやスマホ立てとして使えるデスクオーガナイザーです。

もともとはカフェなどで仕事をする人を想定した製品でしたが、テレワーク用としても人気に。リビングやダイニングなど、仕事を終えたらすぐ片付けたい場所で重宝するんです。
保管時には折りたたんでコンパクトにしまえるので、フリーアドレスのオフィスなどでも便利に使えます。

以上、テレワークきっかけヒット3選のご紹介でした。在宅でのテレワークが当たり前になりつつあるなか、改めてスポットライトが当たった3製品。テレワークの生産性を高める便利アイテムとして、ぜひチェックしてみてください。

AV機器 『家電批評』2020年12月号

家電批評
2020年12月号
家電デジタルの最強コスパ140製品を紹介した「安くて良いモノ スペシャル」を特集している『家電批評』2020年12月号はこちらから購入できます。ぜひチェックしてみてくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事