ドライブレコーダーは「夜」の画質で選ぶべき理由
ランキング
北島 圭介
北島 圭介/Test by 家電批評編集部
公開日: 2017年11月13日

ドライブレコーダーは「夜」の画質で選ぶべき理由

運転トラブルに役立つドライブレコーダー。でも、いざ証拠として使用するときに、肝心の情報がよく見えないということになっては意味がありません。そこで今回はドラレコ全10モデルの画質をテストしました。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。

自動車 日中の映像はどれもキレイ 品質の差は「夜」に出るんです!

ドライブレコーダーの画質でポイントとなるのは、大まかに「解像度」「露出」「画角」の3つとなります。まず「解像度」は映像の精細さのこと。ドラレコは事故の証拠能力を期待して設置されることがメインのため、被写体がぼやけず、シャープに映し出されることが求められます。

とくに夜間はノイズが多く、輪郭がぼやけた映像になりがちのため、解像度の高さは選択のキーポイントとなるのです。たとえば、2000円台と1万2000円台のドラレコを比較した場合。

2000円台

2000円台のドラレコも日中の映像はそれなりに明るく、明暗差が大きくない限り、ナンバーも視認できます。

1万2000円台

1万2000円台はやはりキレイですが、素人目には2000円台で十分に思えてしまいます。

2000円台

しかし、夜間になると大きな差がでます。上の画像のように2000円台はノイジーで露出も甘く、ナンバーが白飛びして見えなくなります。こうなると、事故時に決定的なシーンを逃してしまう危険性があるので注意しましょう。

最後の「画角」もドラレコによって違いが大きいポイントの1つ。走行中は前方のほか、左右にも車が走っているため、記録性という観点でいえば、できるだけ広角で撮影できることが求められます。また、カメラの基本的な性質上、左右は歪んでしまいますが、その歪みも極力抑えられているとベスト。また、夜はライトが当たらないところなどは暗く映ることがあるので、視認できるくらいに明るく映せる性能も重要だです。

以上を踏まえて、ドラレコ全10モデルの画質をテストしました。
テストの方法は、ドライブレコーダーを設置した乗用車で昼間と夜に分けて走行。できる限り、繁華街やバイパスなど環境の異なる道を走り、それぞれの映像の違いを確認しました。1回にドラレコを5台設置して数日に分けて検証を行いました。

結果、これらの3つのポイントをバランスよく実現していたのが1位のPAPAGO!。日中は解像度が高く、人間の目に近い自然な明るさで映ります。夜も白飛びが少なくてナンバーの文字も視認でき、画面の左右も明るくて歩行者も黒つぶれしません。昼夜ともに文句なしの画質といえます。

それでは早速ランキングを見ていきましょう。

記事1位BEST 夜間でも白飛びせず ナンバーも精細に見えます

PAPAGO!:GoSafe30G:GS30G-32G:ドライブレコーダー:ドラレコ
PAPAGO!
GoSafe 30G
実勢価格:1万9759円
サイズ・質量:L91×W55×H46mm・約94g
モニター:2.7インチTFTモニター
対応ストレージ:microSDカード
加速度センサー:Gセンサー内蔵
夜の映像は明るめで、画面サイドまで視認できます。白飛びしない適性露出を維持してナンバーの文字も明瞭。昼間も自然な明るさで人間の目に近く、思い出づくりの映像としても十分に満足できる。昼夜ともに文句のつけようがないクオリティの画質といえます。

ナチュラルな明るさで映像の動きもスムーズです。

記事2位BEST リアリティある明るさで 明暗差もしっかり描きます

ケンウッド:DRV-610:ドライブレコーダー:ドラレコ
ケンウッド
DRV-610	
実勢価格:3万1000円
サイズ・質量:W91×H49×D37mm・約104g
モニター:2.7型フルカラーTFT
対応ストレージ:microSDHCカード
夜間のテールランプの赤や黄色は白くつぶれやすいのですが、ケンウッドは発色がキレイに出ています。

昼間はノイズレスで輝度の変化が少ない傾向にあり、暗いところから明るいところに出ても、明暗差をしっかりと描き出せています。

記事3位BEST 夜はやや白飛びしますが 日中は鮮鋭に映します

Transcend:DrivePro200:ドライブレコーダー:ドラレコ
Transcend
DrivePro 200
実勢価格:1万1800円
サイズ・質量:W67×H72×D34.3mm・89g
モニター:2.4インチのカラー液晶
対応ストレージ:microSDカード
夜の映像は肉眼より明るく映るが、ピンポイントの強い光が当たると白飛びが生じるときがある。

昼間は精細感がきわだち、並走している車のナンバーもくっきり。画面サイドの歪みも少なく、コントラストもハイレベルです。

記事4位 自然な明るさで 高い視認性が優秀です

コムテック:HDR-251GH:ドライブレコーダー:ドラレコ
コムテック
HDR-251GH
実勢価格:2万6800円
サイズ・質量:W95×H56×D33.5mm・142g
モニター:2.8インチフルカラーTFT液晶
※こちらの商品には新しいモデルがあります
夜は不自然に明るすぎず、適性露出で白飛びしません。昼夜ともに解像度が高い画質です。

記事5位 車の輪郭をはっきり映す 強めの補正が特徴です

パイオニア:ND-DVR10:ドライブレコーダー:ドラレコ
パイオニア
ND-DVR10
実勢価格:2万957円
サイズ・質量:W68.5×H68×D36.5mm・104g(ブランケット装着時)
モニター:2.4インチ液晶
カメラの補正が強く、くっきりした視認性重視の映りです。露出も適性でナンバーも見やすいのが特徴です。

記事5位 日中はクリアですが 夜間はややにじみます

ユピテル:DRY-WiFiV5c:ドライブレコーダー:ドラレコ
ユピテル
DRY-WiFiV5c
実勢価格:2万9185円
サイズ・質量:W85×φ40mm(突起部除く)・約70g(microSDカード含む)
モニター:1.5インチ フルカラーTFT液晶
昼は明るくてクリアな画質で高いクオリティ。しかし、夜はにじみが大きくなります。

記事7位 ノイズレスで精細 歩行者もよく見えます

コムテック:ZDR-012:ドライブレコーダー:ドラレコ
コムテック
ZDR-012
実勢価格:9980円
サイズ・質量:W58×H57×D27mm・79g
モニター:2.3インチフルカラーTFT液晶
対応ストレージ:microSDHCカード
加速度センサー:Gセンサー
ノイズレスで精細感のある画質が特徴。夜でもある程度近づくとナンバーの文字も読めます。左右もわりと明るめです。

記事8位 画角の広さが強みも 夜間はノイズが大きめです

REXING
ドラレコ V1
実勢価格:4999円
サイズ・質量:D165×W124×H77mm・91g
モニター:2.4インチ
対応ストレージ:microSD
加速度センサー:Gセンサー
画角は広くて周辺の歪みも少なめです。夜間もノイズは抑えられていて、文字も読みやすいです。

記事9位 夜の視認性は及第点 日中は鮮明です

APEMAN
ドライブレコーダー
実勢価格:7480円
サイズ・質量:D95×W53×H36mm・77g
モニター:1.5インチHD液晶
対応ストレージ:GBTFカード
加速度センサー:Gセンサー
夜間はややにじみが多くなるがナンバーは視認可能。昼はHDRもまずまずで鮮明に映ります。

以上、ドラレコ画質ランキングでした。ドラレコを選ぶときは、昼間はもちろん、夜間でも鮮明に映す画質のものを選びましょう。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

こちらのコンテンツに登場する商品

関連する記事はこちら