【iPhone12】前モデルから大きく進歩!大本命のiPhone最新モデルを専門家がチェック
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年11月21日

【iPhone12】前モデルから大きく進歩!大本命のiPhone最新モデルを専門家がチェック

2020年に登場した「iPhone12」シリーズ。全4モデルのラインナップで、どれも5G対応、有機EL搭載など性能がアップしています。そこで、雑誌『家電批評』がそれぞれの機能や特徴などをチェック。専門家のコメントも交えつつ特徴をレポートします。今回は「iPhone12」のご紹介です。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2020年12月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

スマートフォン 専門家が解説!iPhone12はどれを選べばいい?

2020年秋に新しく発売されたiPhone12。3年ぶりにデザインを大幅刷新し、以下4つのラインナップが登場しました。

・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro Max

iPhone12は、全モデルが有機EL搭載、5G対応など、目に見えるところから見えないところまで性能がアップした、いわゆるメジャーアップデートモデルです。そして、モデルごとの機能差・性能差が少ないためサイズや価格を基準に選びやすくなっています。

とは言っても、4つもあるとどれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

ということで、雑誌『家電批評』がiPhone12全モデルの検証を実施! それぞれの特徴や、専門家に伺った率直な意見などをお届けしていきます。

今回注目するのは、「iPhone12」です。

スマートフォン どれも買い!iPhone12シリーズのスゴイこと

「iPhone12」のご紹介に入る前に、まずは全機種共通でスゴイポイントをチェックしてみましょう。

共通ポイント1:超高速の5G

スマホ用では世界初の5nmプロセスで製造されたA14 Bionicチップを搭載。前世代のチップから処理速度は80%向上しています。iPad Proより高性能な面も。
また、5G電波を受信できる場所はまだ限定的ですが、編集部の実測で800Mbpsを超える速度です。

共通ポイント2:防水耐衝撃

前面ガラスに透明度を維持しながら結晶化させたナノセラミックを組み込んだ新技術「Ceramic Shield」で耐落下性能は従来の4倍に。iPhoneを落としてもガラスが割れない可能性が高まりました。

共通ポイント3:HDRビデオ

iPhone 12シリーズはDolby Visionでの動画撮影が可能。逆光や夜景でも明るくキレイに撮影できます。

共通ポイント4:有機EL

高解像度有機ELを用いたSuper Retina XDRディスプレイは、最大輝度1200ニト、コントラスト比200万:1。今まで撮影した写真も新型iPhoneで驚くほど美しく見えます。

共通ポイント5:くっつく

新規格の「MagSafe」を採用した充電パッドはiPhone本体背面と磁力で吸い付きます。
充電用のコイル同士の位置合わせが正確になり、iPhone 12シリーズなら従来の2倍となる15W高速ワイヤレス充電ができる優れもの。対応ケースなら装着状態で15W充電ができます。

充電器とイヤホンは別売に……

箱が薄くなってる! というのも、今回から充電器とイヤホンは付いてきません。持ってない人は自分で好きなのを買いましょうね。

スマートフォン iPhone11からでも乗り換えたいカッコよさの「iPhone12」

iPhone12
(SIMフリー)
実勢価格:9万4380円~

サイズ:W71.5×H146.7×D7.4mm
重量:162g
CPU:A14 Bionicチップ
画面サイズ:6.1インチ
画面解像度:2532×1170
防水性能:IP68

※Amazonのリンク先は並行輸入品の商品です
さて、大本命の「iPhone12」はiPhone11のようにシリーズの基準モデルに位置づけられています。本体のデザインはシリーズ共通で3D曲面を多用しないフラットな形に変更されました。

ディスプレイはiPhone11と同じ6.1インチですが、高解像度でより高性能な有機ELになっています。これによって同じサイズのディスプレイを搭載していながら、iPhone11よりも薄く、小さく、軽くなりました。

前モデルからデザイン面、性能面での進歩が大きいので、11を持っていてもこのタイミングでの乗り換えはアリです。

では、「iPhone12」のポイントを、専門家の率直な感想を交えながら詳しくみていきましょう。

スマートフォン 1:Phone 11より軽くなった

iPhone 12はiPhone 11よりも11%薄く、15%小さく、16%軽くなりました。手に持つと「軽い!」と口にしてしまうほど実感できる小型軽量化です。

スマートフォン 2:ディスプレイが超キレイ!

iPhone 11が液晶ディスプレイだったのに対して、iPhone 12はminiも含めて有機ELに。黒が引き締まり、光源は眩しいほどに輝きます。色の表現はいい意味で有機ELらしくなくとても自然です。

▼専門家の率直な感想は……

本田雅一 氏 ジャーナリスト
本田雅一 氏のコメント

HDR表示時のみ1200ニトまでの高輝度で表示可能。コントラストの高さとともに史上最高品質のモバイルディスプレイ。

スマートフォン 3:ベゼルも細くなり野暮ったさが解消

有機ELディスプレイの採用と本体の新しいスクエアでエッジのあるデザインとあわせて、ベゼルは極限まで細くなり、「シュッと」してカッコよくなりました。

スマートフォン 4:A14チップで“いい感じ”に写真が仕上がる

背面カメラは2眼でどちらも12MPの広角と超広角。広角側はレンズ7枚の構成となり絞り値「f/1.6」とさらに明るいレンズが新規に採用されています。
A14 Bionicのパワーで全てのカメラでDeep Fusionやナイトモードと呼ばれる画像処理を駆使した写真が撮れ、夜景でも巧みな画像処理で驚くほど精細感のある仕上がりになります。

▼専門家の率直な感想は……

本田雅一 氏 ジャーナリスト
本田雅一 氏のコメント

日中の撮影ではiPhone 12の広角・超広角カメラはiPhone 12 Proと全く同じ画質です。

スマートフォン 5:ディスプレイが懐かしデザインに

全体的に直線的なデザインになりディスプレイが完全フラットに。耐落下性能4倍にはこのデザインも貢献しています。

▼専門家の率直な感想は……

石川温 氏 スマホジャーナリスト
石川温 氏のコメント

デザイン的にiPhone 5の頃の角ばった筐体に戻り、昔懐かしい感じで使う人が増えそうです。
以上、2020年秋に登場した新モデル「iPhone12」のご紹介でした。

ぜひチェックしてみてくださいね。

▼快適なUSB PD対応充電器を選ぶなら?

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事